タグ:徳島大学 ( 108 ) タグの人気記事

平成29年度臨床腫瘍外科学コース講演会f0235535_14531478.jpg
「Meet the expert~帯電性マイクロ・ナノバブルの研究~」

日 時:平成30年2月7日(水)17:00~18:30
場 所:徳島大学大塚講堂 2階 小ホール
    徳島市蔵本町2-50-1
参加者:29名

講演
「帯電性マイクロ・ナノバブルの医療応用
f0235535_14532401.jpg
        :不可能が可能となる医学領域とは」
九州大学先端医療イノベーションセンタープロジェクト部門 
特任教授 大平 猛 先生


帯電させたマイクロバブル、ナノバブルを作成するとともに、それぞれの殺菌性、洗浄性の有効性を理論と動画を用いてわかりやすく説明し、効果を判定・証明する方法・装置を開発してエビデンスを示された。さらに今後の可能性として、感染や、癌治療の医療分野だけでなく、農業、工業、宇宙など様々な場面での有効性を示された。
参加者からは、「研究者として基本姿勢である、ゆるぎないエビデンスをしっかりと証明することが大変よく分かった。」「医工連携の重要性がよく理解できた。」「マイクロ・ナノバブルを帯電させることの意味が非常に理解できた。」「今後のがん治療研究への可能性が十分感じられた。」との声があった。

[PR]
平成29年度Seminar on Medical Physics in Tokushima

日 時:平成30年2月3日(土)10:00~17:00
    平成30年2月4日(日)10:00~12:00
場 所:徳島大学病院 西病棟11階 日亜メディカルホール
   (徳島市蔵本町3丁目18番地の15)
参加者:20名

講演
「ヘリカル照射型直線加速機における放射線治療計画セミナー」
Seminar of Radiation Therapy Treatment Planning for LINAC of Helical Exposure Type
司会:徳島大学 富永 正英

f0235535_14205578.jpg
2月3日(土)
10:00~10:50
「臨床における放射線治療計画の実際」
 原三信病院 福山 幸秀 先生
11:00~12:00
「治療装置の違いにおける線量分布及び治療成績の比較
                -フランスからの報告-」
 徳島大学大学院 芳賀 昭弘 先生
13:00~16:00
「治療計画装置を用いた実習」
 原三信病院 福山 幸秀 先生
f0235535_14210775.jpg
16:00~17:00
「総合討論」

2月4日(日)
10:00~10:50
「IGRTにおける画像再構成の課題と今後の展望について」
 徳島大学大学院 芳賀 昭弘 先生
11:00~12:00
「総合討論」

本学で初となる放射線治療計画セミナーを2日間にわたって行った。今回は基礎の講義から始まり、実際の臨床データを用いての実習、今後の展望までを網羅した内容であり、放射線治療における効率的な治療計画の手法を理解する上で良い機会となった。
治療計画セミナーは実機を使って臨床データを実習形式で行うことは非常に有意義であった。また、臨床上特殊な症例についても詳細な解説があり、今後の臨床や研究において非常に有益であった。
放射線治療の極意は決定したターゲットに正確な放射線量を照射することである。このことを踏まえ、今回のセミナーは種々の症例を実際に治療計画することによって、治療計画装置の特徴や照射方法を理解する上で、より理解が深まったと思われる。これは今後の放射線治療分野の専門職を養成するうえで、有意義であると考えている。
[PR]
第45回徳島大学薬学部卒後教育公開講座

日 時:平成29年12月3日(日) 15:30~17:00
f0235535_13274670.jpg場 所:徳島大学長井記念ホールおよび薬学部スタジオプラザ
参加者:212名

講演
「癌の痛みをいかにして緩和するか?」
 ―モデル患者を用いた疼痛緩和シミュレーション―
   千葉科学大学薬学部 非常勤講師
   真野 徹 先生

千葉科学大学薬学部非常勤講師の真野徹先生より「癌の痛みをいかにして緩和するか?」という内容について、1「患者さんが持つモルヒネへの不安」、2「モルヒネで鎮痛できる患者モデル」、3「モルヒネが効きにくい患者モデル」、等の項目に対し、具体的な事例、および治療法を挙げながら実践的内容の講演があった。
参加者からは「講師の知識・経験量とも膨大で、楽しんで聞くことができた」「実用的な講演だった」「非常にわかりやすくて面白い講演だった」という意見や「内容について実際に使えるもので、とても参考になった。プレゼンも素晴らしかった」という意見をいただいた。
[PR]
平成29年度PHITS講習会

日 時:平成29年11月11日(土)  9:30~17:30
f0235535_09331812.jpg    平成29年11月12日(日)  9:30~15:00
場 所:徳島大学蔵本キャンパス 医学部基礎B棟1階
    基礎第一講義室
参加者:31名

講師:古田 琢哉 先生
   (日本原子力研究開発機構)

講習会プログラム
1月11日(土)
■PHITSのインストール
■PHITSの概要説明
f0235535_09331041.jpg■基礎実習1-1(体系の作成方法)
■基礎実習1-2(線源の設定方法)
■基礎実習2(タリーの設定方法)
■基礎実習3-1(輸送計算に関する設定)

11月12日(日)
■基礎実習3-2(物理モデルの設定)
■総合実習(α線、β線、γ線、中性子線を止めるには?)
■医療応用実習(DICOM2PHITSの使い方)
■まとめと質疑応答

本学で5回目となるモンテカルロシミュレーションの講義と実習を行った。今回は初級編で、シミュレーションの体系づくりがメインであり、放射線と物質との相互作用を理解する上で良い機会となり、大変有意義であった。
参加者からも、「理解しにくい物理現象をシミュレーションを行うことによって、放射線の挙動に対する理解が深まった。ただ、一部の内容が難しいため、今後も機会があれば、徳島大学で引き続き行っていただきたい」と感想が聞かれた。
[PR]
平成29年度がん栄養セミナー

日 時:平成29年7月29日(土) 16:15~17:45
f0235535_10030028.jpg場 所:徳島大学蔵本キャンパス 
    基礎B棟1階 基礎第一講義室
参加者:64名

講演
「栄養学研究における論文の書き方」
   徳島大学大学院 名誉教授 
   社会福祉法人 健祥会 徳島健祥会福祉専門学校 校長
   武田 英二 先生

がん患者の栄養アセスメントの問題について講義を行うとともに、栄養介入研究の実例と論文としてまとめていく際の方法論について講義していただいた。
本がんプロのプログラムのみならず、がん病態栄養専門管理栄養士制度においても研究・論文発表の技術・能力の向上が課題となっている。本講演は、がん患者の栄養管理に関する臨床研究を進める上で重要な点を教授いただいた。
参加者からは「臨床現場で活躍する多くの管理栄養士にとって、臨床研究の実施および研究論文の執筆はハードルが高いと感じている。本講演を拝聴して研究や論文を出していくことの重要性が理解できた」という意見や「論文を書くためには、統計手法も含めて臨床研究の計画段階からの準備が重要であることが理解できた」という意見をいただいた。

[PR]
平成29年度第9回中・四国放射線治療夏季セミナー
f0235535_10511344.jpg日 時:平成29年7月29日(土) 14:00~18:00
    平成29年7月30日(日)  9:00~12:00
場 所:神石高原ホテル
参加者:60名



【7月29日(土)】
開会挨拶:徳島大学 生島 仁史 先生
「頭頸部がん」
座長:徳島大学 古谷 俊介 先生/講師:香川大学 高橋 重雄 先生
「肺がん」
座長:香川大学 高橋 重雄 先生/講師:広島大学 土井 歓子 先生
「子宮頸がん」
座長:広島大学 土井 歓子 先生/講師:鳥取大学 田原 誉敏 先生
「前立腺がん」
座長:鳥取大学 田原 誉敏 先生/講師:川崎医科大学 神谷 伸彦 先生
「高精度放射線治療」
座長:川崎医科大学 神谷 伸彦 先生/講師:山口大学 花澤 豪樹 先生
「RI内用療法」
座長:山口大学 花澤 豪樹 先生/講師:愛媛大学 高田 紀子 先生
■特別講演「小線源治療」
座長:徳島大学 生島 仁史 先生/講師:大阪医科大学 吉田 謙 先生
【7月30日(日)】
■各施設の放射線治療部門の紹介
座長:徳島大学 古谷 俊介 先生、川中 崇 先生
愛媛大学 牧田 憲二 先生/岡山大学 片山 敬久 先生/香川大学 柴田 徹 先生/
川崎医科大学 河田 裕二郎 先生/高知大学 刈谷 真爾 先生/島根大学 玉置 幸久 先生/
徳島大学 久保 亜貴子 先生/鳥取大学 内田 伸恵 先生/広島大学 今野 伸樹 先生/
山口大学 澁谷 景子 先生

優秀講演表彰と閉会の挨拶:徳島大学 生島 仁史 先生

放射線腫瘍医、研修医、学生を対象として、2日間にわたる集中講義を行い、放射線治療に必要な基礎知識から最新の診療情報まで教示した。特別講演では大阪医科大学准教授の吉田謙先生を招聘して、密封小線源治療に関する基本的事項から最新技術まで含めた講義を行った。教育講演では、放射線治療の主な対象疾患の具体的治療法について解説した。教室紹介では、各大学の診療や教育の現況を報告いただき、医学教育について討議した。教育講演は学生や研修医にも理解しやすい内容であり、参加者全員が熱心に聴講していた。今後、中国・四国地区の放射線腫瘍医育成のため、同様のセミナーを継続して開催する予定である。

[PR]
平成29年度臨床腫瘍・緩和地域医療学コース(インテンシブ)第1回地域医療セミナー
テーマ:徳島市医師会とのがん診療連携 ~患者さんの安心のために~

日 時:平成29年7月20日(木)19:00~20:35
f0235535_09165026.jpg場 所:阿波観光ホテル 5階
参加者:89名

講演
総合司会:徳島大学病院 がん診療連携センター 
     センター長 滝沢 宏光 先生
開会挨拶:徳島大学病院 がん診療連携センター 
     がん診療連携・相談部門長 金山 博臣 先生
     徳島市医師会 会長 豊崎 纒 先生
ご挨拶:「徳島大学病院 がん診療連携センターについて」
    徳島大学病院 がん診療連携センター センター長 滝沢 宏光 先生

第1部
座長:徳島大学病院 がん診療連携センター がん診療連携・相談副部門長 鳥羽 博明 先生
「ここまできている肺がん薬物療法」 
   徳島大学病院 呼吸器・膠原病内科 准教授 後東 久嗣 先生
「徳島大学における大腸がん最新治療について」
   徳島大学病院 消化器・移植外科 助教 徳永 卓哉 先生
「泌尿器がんに対するロボット支援手術」
   徳島大学病院 泌尿器科 教授 金山 博臣 先生

第2部f0235535_09163720.jpg
座長:徳島市医師会 常任理事 豊田 健二 様
「徳島大学病院とのがん診療連携における緩和ケアの現状」
   医療法人尽心会 亀井病院 副院長 濱尾 巧 先生
「がん診療連携における在宅医の役割」 
   かさまつ在宅クリニック 院長 笠松 哲司 先生
「緩和ケア病棟「ホスピス徳島」の役割」 
   近藤内科病院 緩和ケア病棟長 荒瀬 友子 先生
「緩和ケアに関する地域連携カンファレンスについて」 
   徳島大学病院 緩和ケアセンターGM 看護師長 三木 幸代 様

閉会挨拶:徳島市医師会 副会長 宇都宮 正登 様

今回のセミナーは、徳島大学病院主催、中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム、徳島市医師会の共催のもと、徳島大学病院と徳島市のがん診療連携をさらに発展させるために開催された。
徳島大学病院と徳島市の医師、看護師など医療従事者が参加し、がんの地域連携が深められた。次回は淡路市との連携セミナーを予定している。

[PR]
平成28年度PHITS講習会

日 時:平成29年3月4日(土) 10:00~17:00
    平成29年3月5日(日)  9:30~15:00
場 所:徳島大学蔵本キャンパス 薬学部棟1階 計算機室
参加者:16名

講師:橋本 慎太郎 先生(日本原子力研究開発機)f0235535_16554162.jpg

講習会プログラム
3月4日(土)
■PHITSのインストール
■復習1(α線、β線、γ線、中性子線を止めるには?)
■復習2(陽子ビームで雪だるまを溶かそう)
■多種多様な線源の設定方法
■ParaViewを用いたPHITS計算結果の3次元表示

3月5日(日)
■スクリプト言語を用いたPHITSの連続実行
■強度変調放射線治療のシミュレーション
■DICOM画像のPHITS形式への変換とPHITSによる線量分布の
■DICOM RT dose形式への変更
■まとめと質疑応答

本学で4回目となるモンテカルロシミュレーションの講義と実習を行った。今回は中級編で、医療現場に則したシミュレーションをすることにより、臨床にフィードバックできる内容であった。本セミナーは複雑化する放射線と物質との相互作用を理解する上で良い機会となり、大変有意義であった。
参加者からも、「理解しにくい物理現象をシミュレーションを行うことによって、医療現場における放射線の挙動に対する理解が深まった。今後も機会があれば、徳島大学で引き続き行っていただきたい。」と感想が聞かれた。
[PR]
平成28年度臨床腫瘍地域医療学コース(インテンシブ)第11回地域医療セミナー
テーマ:吉野川市及び県西地域とのがん診療連携 ~患者さんの安心のために~

日 時:平成29年3月2日(木)19:00~21:00
場 所:セントラルホテル鴨島 唐錦
参加者:53名

講演
総合司会:徳島大学病院 がん診療連携センター がん診療連携・相談副部門長 鳥羽 博明 先生
開会挨拶:徳島大学病院 がん診療連携センター がん診療連携・相談部門長 金山 博臣 先生
     一般社団法人 吉野川市医師会 会長 戸村 義則 先生
ご挨拶:「徳島大学病院 がん診療連携センターについて」
     徳島大学病院 がん診療連携センター センター長 埴淵 昌毅 先生

第1部
座長:徳島大学病院 泌尿器科 教授 金山 博臣 先生 
「当院における前立腺がん診療の現状」 f0235535_11421192.jpg 
   JA徳島厚生連 吉野川医療センター 泌尿器科
   部長 林 秀樹 先生 
「徳島大学病院における大腸がんの最新治療」  
   徳島大学病院 消化器・移植外科 
   助教 東島 潤 先生
「当科における肺がん治療の現状」 
   徳島大学病院 呼吸器外科 
   助教 鳥羽 博明 先生
「乳がんの最新治療と診療連携」 
   徳島大学病院 食道・乳腺・甲状腺外科 
   教授 丹黒 章 先生

第2部
座長:徳島大学病院 呼吸器・膠原病内科 准教授 埴淵 昌毅 先生
「前立腺がんの最新治療と地域連携」
   徳島大学病院 泌尿器科 f0235535_11455128.jpg
   講師 福森 知治 先生
「当科における血液がん診療」
   徳島大学病院 血液内科 
   講師 三木 浩和 先生
「胃がんに対する最新治療」
   徳島大学病院 消化器内科 
   講師 宮本 弘志 先生
「徳島大学病院におけるがん相談支援について」
   徳島大学病院 がん相談支援センター 
   看護師 丸龍 映里 先生

閉会挨拶:JA徳島厚生連 吉野川医療センター 病院長 橋本 寛文 先生

今回のセミナーは、徳島大学病院主催、中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム、吉野川市医師会、阿波市医師会、名西郡医師会、美馬市医師会、吉野川医療センターの共催のもと、徳島大学病院と吉野川市及び県西地域のがん診療連携をさらに発展させるために開催された。今回は、「当院における前立腺がん診療の現状」「徳島大学病院における大腸がん最新治療」「当科における肺がん治療の現状」「乳がんの最新治療と診療連携」「前立腺がんの最新治療と地域連携」「当科における血液がん診療」「胃がんに対する最新治療」「徳島大学病院におけるがん相談支援について」の8演題について講演があり、各種がんの診療連携が深められた。
徳島大学病院と、吉野川市及び県西地域の医師、看護師など医療従事者が参加し、がんの地域連携が深められた。
[PR]
平成28年度第9回徳島がん医療に携わる医師のためのコミュニケーション技術研修会
f0235535_16324989.jpg
日 時:平成29年1月14日(土) 10:00~18:00
    平成29年1月15日(日) 9:00~15:00 
場 所:徳島大学総合研究棟2階 スキルス・ラボ
参加者:10名

内 容:
難治がん、再発、抗がん治療の中止など
悪い知らせを患者(小児では親)に伝えるロールプレイ

募集定員20名で開催を計画した。例年受講者集めに苦労しており、今年度も実質8名2グループの予定で企画を進め、最終的に3名の申し込みを頂いた。参加された3名は1名が20代、2名が30代であった。若手の医師は経験が浅く、最初はアイコンタクトが取れない、SPさんの話を遮ったりするなど告知が難しいと考えられたが、他の医師の良いところを素直に取り入れ、驚くほどの成長を遂げられた。30代の2名は自身の告知スタイルを持たれていたり、ガイドラインに沿って淡々と進められるスタイルであったが、2日目には本来の木訥としたスタイルの良さを発揮され、自身の鎧を脱ぎ、情を含めたコミュニケーション・スタイルに変化された。いずれも自身の行動形態を変えられ、SPさんとの関係が変わるのを実感して頂いた。今後の活躍が大いに期待されるものとなった。
参加者からも「SPさんの実際の臨床現場を彷彿とさせる演技に驚きました。演技に没入出来ました」「これからの自分の自信に繋がります」と、いずれも高評価を頂いた。
[PR]