タグ:徳島大学 ( 120 ) タグの人気記事

平成30年度小児がん栄養セミナーf0235535_14130728.jpg

日 時:平成30年7月28日(土)15:00~17:30
場 所:徳島大蔵本キャンパス
    基礎B棟2階 基礎第2講義室
参加者:105名

講演1
「小児がんの治療と栄養」
    国立がん研究センター中央病院 小児腫瘍科f0235535_14130771.jpg    
    熊本 忠志 先生

講演2
「小児がん患者の栄養管理」
    広島大学病院 栄養管理部
    長尾 晶子 先生

熊本先生には小児がんの病態や治療における特徴および栄養アセスメントの方法についてわかりやすく解説していただいた他、国立がん研究センター中央病院での実例を基に、小児がん患者のケアの実際について実例をもとに示していただいた。長尾先生からは小児がん患者の栄養管理について広島大学病院における実例をもとに解説していただいた。特に、食事の対応について具体的な事例を示していただいた他、栄養管理の効果についての分析データも示していただいた。参加者からも「小児がん患者の治療や栄養管理の特徴がよくわかった」、「小児がんの患者の食事対応に困っているが、具体的な話が聞けてよかった。」、「子供目線で食事を考える重要性に気づいた。」という意見が多く、参加者の評価も高いものであった。

[PR]
by chushiganpro | 2018-07-28 14:01 | Comments(0)
平成30年度臨床腫瘍・緩和地域医療学コース(インテンシブ)第3回地域医療セミナー
テーマ:徳島県医師会とのがん診療連携 ~患者さんの安心のために~
f0235535_13000553.jpg

日 時:平成30年7月26日(木)19:30~21:00
場 所:徳島県医師会ホール
参加者:71名

講演
総合司会:徳島大学病院 がん診療連携センター
     センター長 滝沢 宏光 先生
開会挨拶:徳島大学病院 がん診療連携センターf0235535_13000582.jpg     
     がん診療連携・相談部門長 金山 博臣 先生
     一般社団法人 徳島県医師会 会長 齋藤 義郎 様
ご挨拶:「徳島大学病院 がん診療連携センターについて」
     徳島大学病院 がん診療連携センター
     センター長 滝沢 宏光 先生

第1部
座長:徳島大学病院 消化器内科 講師 宮本 弘志 先生
「がん遺伝子診断外来について」
     徳島大学病院 がん診療連携センター 特任助教 藤野 泰輝 先生

第2部
座長:徳島大学病院 がん診療連携センター 副センター長 福森 知治 先生
「がん診療連携に関する調査結果の報告~食道がん・肺がん・乳がん・甲状腺がんについて」
     徳島大学病院 胸部内分泌腫瘍外科 助教 鳥羽 博明 先生
「がん相談支援の現状」
     徳島大学病院 がん診療連携センター MSW 秋月 佐代 先生
「事務手続きについて」
     徳島大学病院 医事課 副課長 小林 保数 様

閉会挨拶:一般社団法人 徳島県医師会 常任理事 森 俊明 様

今回のセミナーは、徳島大学病院主催、中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム、徳島県医師会、徳島県がん診療連携協議会の共催のもと、徳島大学病院と徳島県医師会とのがん診療連携をさらに発展させるために開催された。今回は、「がん遺伝子診断外来について」「がん診療連携に関する調査結果の報告~食道がん・肺がん・乳がん・甲状腺がんについて」「がん相談支援の現状」「事務手続きについて」の4演題について講演があり、各種がんの診療連携が深められた。


[PR]
平成30年度PHITS講習会

日 時:平成30年7月14日(土)  9:30~18:00f0235535_17003744.jpg    
    平成30年7月15日(日)  9:30~15:00
場 所:徳島大学蔵本キャンパス 医学部基礎B棟1階
    基礎第一講義室
参加者:26名

講師:古田 琢哉 先生
   (日本原子力研究開発機構)

f0235535_17003752.jpg講習会プログラム
7月14日(土)
■PHITSのインストール
■PHITSの概要説明
■基礎実習1-1(体系の作成方法)
■基礎実習1-2(線源の設定方法)
■基礎実習2(タリーの設定方法)
■基礎実習3-1(輸送計算に関する設定)

7月15日(日)
■基礎実習3-2(物理モデルの設定)
■総合実習(α線、β線、γ線、中性子線を止めるには?)
■総合実習(陽子ビームで雪だるまを溶かそう!)
■まとめと質疑応答

本学でPHITSを用いた初級編のモンテカルロシミュレーションの講義と実習を行った。本講習会では基礎物理をベースにシミュレーションの体系づくりを重点的に行った。また、今回は放射線防護に関する応用実習を組み込み、大変有意義であった。
参加者からも、「理解しにくい物理現象をシミュレーションを行うことによって、放射線の挙動に対する理解が深めることができた。今後も機会があれば、医療応用を中心とした内容で引き続き行っていただきたい。」と感想が聞かれた。
[PR]
第46回徳島大学薬学部卒後教育公開講座

日 時:平成30年6月3日(日) 14:00~17:00
場 所:徳島大学長井記念ホール
f0235535_14480579.jpg
参加者:115名

講演1
座長:徳島大学 久米 哲也 先生
「医療現場から世界へ発信―がん薬物療法のエビデンス―」
   神戸市立医療センター中央市民病院薬剤部 副部長代行
   池末 裕明 先生

講演2
座長:徳島大学 滝口 祥令 先生
「抗微生物薬の最適投与法を目指した育薬研究」
   慶應義塾大学薬学部 教授
   松元 一明 先生

神戸市立医療センター中央市民病院薬剤部副部長代行の池末裕明先生池末先生から、がん薬物療法を中心に、ご自身が臨床研究の研究成果がガイドライン策定のエビデンスとして臨床への貢献につながった例などをお話しいただいた。慶應義塾大学薬学部教授の松元一明先生からは、ご自身の研究から得られた最新のエビデンスに基づいて、抗微生物薬の使用法に関するガイドライン未収録のコツについてお話しいただいた。
参加者からは「講師の知識・経験量とも膨大で、楽しんで聞くことができた」「実用的な講演だった」「非常にわかりやすくて面白い講演だった」という意見や「内容について実際に使えるもので、とても参考になった。プレゼンも素晴らしかった」という意見をいただいた。

[PR]
第31回日本癌学会市民公開講座
「がんを見つける、防ぐ、治す!ゲノムから眺めたがん医療」

f0235535_10521996.jpg日 時:平成30年5月27日(日) 13:30~16:30
場 所:徳島大学蔵本キャンパス内 長井記念ホール
参加者:247名

講演
司会:徳島大学先端酵素学研究所 ゲノム制御学分野
   教授 片桐 豊雅 氏
   日本癌学会 広報委員長/がん研究会がん研究所
f0235535_11131173.jpg   副所長 中村 卓郎 氏

13:30~13:45 開会挨拶
   日本癌学会 理事長/国立がん研究センター
   理事長・総長 中釜 斉 氏

13:45~14:10 講演1
「がんゲノムって何?」
   大阪大学大学院医学系研究科 医学専攻
   ゲノム生物学講座・がんゲノム情報学
   教授 谷内田 真一 氏

14:10~14:35 講演2
「進化する肺がんの治療~進むゲノム医療の現場から~」
   徳島大学大学院 医歯薬学研究部 呼吸器・膠原病内科学分野
   教授 西岡 安彦 氏

14:35~15:00 講演3
「ゲノム研究が開く新しいがん医療への道」
   国立がん研究センター先端医療開発センター 
   トランスレーショナルインフォマティクス分野
   分野長 土原 一哉 氏

15:00~15:15 休憩

15:15~15:40 講演4
「遺伝性のがん:ゲノムから見たがんにかかりやすい体質との付き合い方」 
   愛知県がんセンター中央病院 リスク評価センター
   センター長 井本 逸勢 氏

15:40~16:25 パネルディスカッション

16:25~16:30 閉会挨拶
   日本癌学会 広報委員長/がん研究会がん研究所
   副所長 中村 卓郎 氏

省庁および徳島新聞等多くの団体からの後援をいただいた市民公開講座であったため、通常の講座よりもはるかに大きな広告効果があり、247名もの多くの市民にご参加いただけた。講座では最前線のがんゲノム医療について取り上げ、日本におけるがんゲノム医療研究のオピニオンリーダーをお招きして、市民の方々に有益で正確な情報提供ができたと思われる。今後も継続してこのような公開講座を開催したい。
参加者からは、「当日講演を聞いて生じた疑問を書面で提出して、それをパネルディスカッションにより答えていただく形式は初めてであったが、とても良かった。個々の講演時間はもっと長くしてほしい。」「西岡先生の現場からの講演はわかりやすく理解できた。井本先生の遺伝性のがんのお話にも興味が持てた。」「他二名の先生も一般市民に理解できるようわかりやすい講演でありがたかった。」などの感想が聞かれた。

[PR]
平成29年度臨床腫瘍・緩和地域医療学コース(インテンシブ)第2回地域医療セミナー
テーマ:美馬市及び県西地域とのがん診療連携 ~患者さんの安心のために~

日 時:平成30年3月22日(木)19:00~21:00
f0235535_15442190.jpg場 所:油屋 美馬館 つるぎの間
参加者:39名

講演
総合司会:徳島大学病院 がん診療連携センター
     センター長 滝沢 宏光 先生
開会挨拶:徳島大学病院 がん診療連携センター
     がん診療連携・相談部門長 金山 博臣 先生
     一般社団法人 美馬市医師会 会長 谷口 博美 様
f0235535_15441817.jpgご挨拶:「徳島大学病院 がん診療連携センターについて」
     徳島大学病院 がん診療連携センター
     センター長 滝沢 宏光 先生

第1部
座長:徳島大学病院 がん診療連携センター
   がん診療連携・相談副部門長 鳥羽 博明 先生
「がん遺伝子診断外来について」
   徳島大学病院 消化器内科 特任助教 藤野 泰輝 先生
「胃癌に対する最新の低侵襲外科治療」
   徳島大学病院 消化器・移植外科 講師 吉川 幸造 先生
「がん治療におけるロボット支援手術の現状と展望」
   徳島大学病院 泌尿器科 教授 金山 博臣 先生

第2部
座長:一般社団法人 美馬市医師会 会長 谷口 博美 様
「緩和に関する地域連携カンファレンス報告」
   徳島大学病院 緩和ケアセンターGM 看護師長 三木 幸代 様
「徳島大学病院におけるがんリハビリテーションの現状と地域連携のポイント」
   徳島大学病院 リハビリテーション部 理学療法士 近藤 心 先生

閉会挨拶:一般社団法人 阿南市医師会 会長 笠井 謙二 様

今回のセミナーは、徳島大学病院主催、中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム、美馬市医師会、三好市医師会、阿波市医師会、吉野川市医師会の共催のもと、徳島大学病院と美馬市市及び県西地域のがん診療連携をさらに発展させるために開催された。今回は、「がん遺伝子診断外来について」「胃癌に対する最新の低侵襲外科治療」「がん治療におけるロボット支援手術の現状と展望」「緩和に関する地域連携カンファレンス報告」「徳島大学病院におけるがんリハビリテーションの現状と地域連携のポイント」の5演題について講演があり、各種がんの診療連携が深められた。
[PR]
平成29年度PHITS講習会

日 時:平成30年3月17日(土)  9:30~18:00
    平成30年3月18日(日)  9:30~15:00
f0235535_14554308.jpg場 所:徳島大学蔵本キャンパス 医学部基礎B棟1階
    基礎第一講義室
参加者:13名

講師:古田 琢哉 先生
   (日本原子力研究開発機構)

講習会プログラム
3月17日(土)
■PHITSのインストール
■PHITSの概要説明
■基礎実習1-1(体系の作成方法)
■基礎実習1-2(線源の設定方法)
■基礎実習2(タリーの設定方法)
■基礎実習3-1(輸送計算に関する設定)

3月18日(日)
■基礎実習3-2(物理モデルの設定)
■総合実習(α線、β線、γ線、中性子線を止めるには?)
■医療応用実習(診断X線での後方錯乱の影響の解析)
■まとめと質疑応答

本学でPHITSを用いた初級編のモンテカルロシミュレーションの講義と実習を行った。本講習会では基礎物理をベースにシミュレーションの体系づくりが重点的に行った。また、今回は日常の医療にフィードバックできる医療応用実習を組み込み、大変有意義であった。
参加者からも、「理解しにくい物理現象をシミュレーションを行うことによって、放射線の挙動に対する理解が深めることができた。今後も機会があれば、中級編を徳島大学で引き続き行っていただきたい。」と感想が聞かれた。
[PR]
平成29年度徳島がんゲノム医療講演会

日 時:平成30年3月16日(金)18:00~19:40
場 所:日亜ホールホワイト
f0235535_16211230.jpg
   (徳島大学病院外来診療棟5階)
参加者:42名

講演
開会の辞:丹黒 章 先生(徳島大学医学部長)

〈特別講演Ⅰ〉18:05~18:50
司会:滝沢 宏光 先生
(徳島大学病院がん診療連携センター長)
「がんのゲノム医療の経験」 
講師:豊岡 伸一 先生
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 呼吸器・乳腺内分泌外科 教授)

f0235535_16212442.jpg

〈特別講演Ⅱ〉18:50~19:35
司会:高山 哲治 先生
(徳島大学大学院医歯薬学研究部 
              消化器内科学分野 教授)
「がんゲノム医療の可能性と課題
             ~遺伝医療の立場から~」 
講師:櫻井 晃洋 先生
(札幌医科大学医学部医学科 遺伝医学 教授)

閉会の辞:佐藤 康史 先生
(徳島大学大学院医歯薬学研究部 地域・消化器総合内科学 教授)

最初の講演では、岡山大学呼吸器・乳腺内分泌外科豊岡先生にがんのゲノム医療について、岡山大学での経験を中心にわかりやすくご講演をいただいた。次の講演では、札幌医大遺伝学の櫻井先生に遺伝学の立場から、ゲノム医療時代の遺伝性疾患に対する対応について講演をいただいた。いずれも、大変わかりやすい内容であり活発な討論が行われ、大変有意義な会であった。参加者は大学院生に加え、がん治療に関わる医師、看護師、事務職員、医療ソーシャルワーカー、など多くの職種の人が参加し、大変意義深い講演会となった。

[PR]
平成29年度市民公開講座 遺伝子診断(キャンサーパネル)により選ぶ新しいがん治療

f0235535_14094651.jpg日 時:平成30年3月11日(日) 14:00~16:30
場 所:徳島大学蔵本キャンパス内 長井記念ホール
参加者:268名

講演
開会挨拶
中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム
カリキュラム企画運営委員長・徳島大学医学部長 丹黒 章氏 

【第一部】
講演1 「がんと遺伝子」
徳島大学大学院 医歯薬学研究部人類遺伝学分野 教授 井本 逸勢氏

講演2 「有効な薬を求めて」
徳島大学大学院 医歯薬学研究部 消化器内科学分野 教授 高山 哲治氏

講演3 「遺伝子診断外来」
徳島大学病院 がん診療連携センター 特任助教 藤野 泰輝氏


   休憩


【第二部】
講演4 「治療の実際(肺癌、乳癌)」
徳島大学病院 がん診療連携センター長 滝沢 宏光氏

講演5 「行政の立場から」
徳島県保健福祉部 次長 鎌村 好孝氏

閉会挨拶
徳島大学大学院 医歯薬学研究部 消化器内科学分野 教授 高山 哲治氏

今回の市民公開講座は「遺伝子診断(キャンサーパネル)により選ぶ新しいがん治療」というテーマで、徳島大学蔵本キャンパス内の長井記念ホールで講演を行った。268名の市民の参加があり、『がんと遺伝子』、『有効な薬を求めて』、『遺伝子診断外来』、『治療の実際(肺癌、乳癌)』、『行政の立場から』というテーマで5つの講演を行った。参加者は熱心に聴講され、がんの予防に対する知識を深めていただけたと思う。
参加者からは、「遺伝子診断については、ほとんど知らなかったが、初めて説明を聞き参加して良かったと思った。」「遺伝子治療の現況がよくわかりました。」「新しい治療法を知る機会は少ないのでこのような市民公開講座をどんどん開催してほしい。」などの感想が聞かれた。

●主催者コメント
県民購読率90%の徳島新聞社と共催した市民公開講座であったため、通常の講座よりもはるかに大きな広告効果があり、268名もの多くの市民にご参加いただけた。講演会前の新聞記事、パンフレットにより、参加者はがんの予防についてより深い知識が得られたと思う。会場の都合により参加者数が限られており、当日出席できなかった人にも新聞紙上で内容を周知するため、がんの知識だけでなく大学における教育、研究活動についてより多くの人に深く理解してもらうことができたと思われる。今後も継続してこのような公開講座を開催したい。
[PR]
がん患者にも役立つ!チームで学ぶ患者のせん妄対策

日 時:平成30年2月25日(日)13:30~15:30
場 所:徳島大学病院外来棟5階 日亜ホールホワイト
参加者:89 名

講演
総合司会 徳島大学病院 看護部 看護師長 尾形 美子 様

開会ご挨拶 13:30~13:40
徳島県がん診療連携協議会 会長 滝沢 宏光 先生
徳島大学病院 副病院長 看護部長 髙開 登茂子 様

第1部
【座長】徳島大学病院 看護部 看護師長 石田 伸子 様
1)13:40~14:10「せん妄の病態と治療」 
徳島大学病院 精神科神経科 特任助教 井下 真利 先生
2)14:10~14:20「せん妄患者への薬剤師のかかわり」 
徳島大学病院 薬剤部 薬剤師 生田 賢治 先生
3)14:20~14:40「医療安全からみたせん妄管理」 
徳島大学病院 看護部 看護師長 原田 路可 様
4)14:40~14:50「せん妄患者への看護師のかかわり~事例を通して~」
徳島大学病院 看護部 副看護師長 坂木 康代 様

第2部
【座長】徳島大学病院 精神科神経科 教授 大森 哲郎 先生
パネルディスカッション 14:50~15:20
テーマ『チーム医療としてどのようにせん妄対策に取り組んでいくか』
パネラー:井下真利医師・原田路可看護師長・生田賢治薬剤師・坂木康代副看護師長・三木幸代看護師長

閉会ご挨拶 15:25~15:30
徳島大学病院 看護部 副看護部長 久米 博子 様


今回のセミナーは、徳島大学病院がん診療連携センター主催、中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム、徳島県がん診療連携協議会、徳島大学病院看護部の共催のもと、「チームで学ぶ患者のせん妄対策」をテーマに開催された。今回は、「せん妄の病態と治療」「せん妄患者への薬剤師のかかわり」「医療安全からみたせん妄管理」「せん妄患者への看護師のかかわり~事例を通して~」の4演題について講演があった後、『チーム医療としてどのようにせん妄対策に取り組んでいくか』についてパネルディスカッションが行われた。
[PR]