人気ブログランキング |

タグ:山口大学 ( 117 ) タグの人気記事

2019年度第1回がん治療スキルアップセミナー
テーマ:認知行動療法

日 時:2019年4月17日(水)17:30~19:00
場 所:山口大学医学部附属病院 新中央診療棟1階 多目的室1
参加者:34名

講演Ⅰ
「うつと不安に対する診断横断的治療のための統一プロトコル」
  山口大学医学部附属病院 精神科神経科 臨床心理士 藤井 優子 先生

講演Ⅱ
「疼痛の認知行動療法」
  山口大学医学部附属病院 緩和ケアセンター 臨床心理士 佐藤 裕子 先生

講演Ⅲ
「不安症(社交不安症・パニック症・強迫症)の認知行動療法」
  山口大学大学院医学系研究科 高次脳機能病態学講座 准教授 松原 敏郎 先生

 この度、2019年度第1回がん治療スキルアップセミナー(テーマ:認知行動療法)を開催し、藤井優子先生、佐藤裕子先生、松原敏郎先生にご講演いただいた。セミナーには、医師や看護師、臨床心理士、理学療法士など多職種から34名の参加があった。本セミナーは、がん治療のスキルアップを目的として実施しており、今回のテーマは、常に不安を抱えているがん患者さんが、不安との付き合い方を学べる認知行動療法は、患者さんのQOLを長期的に高め、有用であると考えられることから実施したものである。セミナーでは、3名の先生方から国立精神・神経医療研究センターの認知行動療法研修で学ばれたことを中心に、認知行動療法について分かりやすく解説があった。先生方はそれぞれの講演の中で、「認知行動療法において治療者は患者さんと共同作業を行う伴走者である。認知行動療法は、治療者が患者さんに答えを示して行う治療法ではなく、患者さんに自発的に気づいてもらう、答えを言ってもらうことを目指す治療法である」と、認知行動療法における治療者の在り方について繰り返し述べられた。それぞれの講演後には、活発な質疑応答もあり、大変有意義なセミナーとなった。

f0235535_16351380.jpg
f0235535_16351287.jpg
f0235535_16351270.jpg


平成30年度第8回がん治療スキルアップセミナー
第20回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会

日 時:平成31年2月7日(木)17:30~18:30
場 所:山口大学医学部附属病院 新中央診療棟1階 多目的室1
参加者:45名

17:30~17:45 緩和ミニレクチャー
「親ががんになったとき子どものためにできる在宅でのケア」
   訪問看護ステーションあん 古賀 博美 先生

17:45~18:30 事例検討
「『運動会に行くからね』患者・家族の希望に沿った外出への支援ができた絨毛がん事例」
   山口大学医学部附属病院 産科婦人科 梶邑 匠彌 先生
   山口大学医学部附属病院 看護部 永見 友希 先生

 この度、第20回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会を開催した。この事例検討会は、切れ目のない緩和ケアを実現するために、事例検討を通じて顔の見える緩和ケア連携体制の構築及び連携強化を図ることを目的として開催しており、院内外の医師、看護師、助産師、薬剤師、臨床心理士など多職種から45名の参加があった。当院の腫瘍センター副センター長の吉野茂文医師より開会の挨拶があり、当院の緩和ケアセンターの三好雅代看護師長を司会として、まずは訪問看護ステーションあんの古賀博美先生による「緩和ケアミニレクチャー」から始まり、次に各施設から事例提示があった後、グループ形式で討議を行った。グループ討議では、様々な視点から活発に意見が出され、大変有意義な検討会となった。
 参加者の方々からは、「初めて事例検討会に参加させていただきましたが内容が濃く、たくさん考えさせられることが多かったです。子どもが残されることを考えたとき、子ども視点のケアをどうしていくか考えていこうと思います」「事例を改めて振り返ることの大切さを感じました」「病院から地域へつなげていく際に、互いにカンファレンスを行い情報提供を行うことでショートステイにしても一泊の外泊にしても、患者や家族が不安なく在宅生活を送れ、患者の希望に添える看護や医療の提供ができると思います。早期介入はもとより、具体例を提示して患者に安心して医療を提供できる関わりや介入が必要と思いました」などの意見が寄せられた。

f0235535_13254998.jpg
f0235535_13254957.jpg
f0235535_13254976.jpg


平成30年度第7回がん治療スキルアップセミナー
第19回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会

日 時:平成31年1月9日(水)17:30~18:30
場 所:山口大学医学部附属病院 新中央診療棟1階 多目的室1
参加者:33名

17:30~18:30 事例検討
「多職種協働で意思決定支援し穏やかな在宅看取りが実現できた盲腸がん事例」
   山口大学医学部附属病院 看護部 兼安 惇史 先生
   ハピナース・エル訪問看護ステーション 野本 喜代美 先生

 この度、第19回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会を開催した。この事例検討会は、切れ目のない緩和ケアを実現するために、事例検討を通じて顔の見える緩和ケア連携体制の構築及び連携強化を図ることを目的として開催しており、院内外の医師、看護師、薬剤師、臨床心理士など多職種から33名の参加があった。当院の腫瘍センター副センター長の吉野茂文医師より開会の挨拶があり、当院の緩和ケアセンターの山縣裕史医師を司会として、各施設より事例提示があった後、グループ形式で討議を行った。グループ討議では、様々な視点から活発に意見が出され、大変有意義な検討会となった。
 参加者の方々からは、「大変勉強になりました。日頃の会話から患者さんの意向を聞く大切さを改めて実感しました」、「今まで見えていなかった在宅での緩和医療を学ぶことができてとてもいい勉強になりました」、「大変ためになる話を聞かせていただきました。自分の今後の関わりに生かしていきたいと思います」などの意見が寄せられた。

f0235535_13132470.jpg
f0235535_13132482.jpg
f0235535_13132448.jpg


平成30年度第6回がん治療スキルアップセミナー
第18回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会

日 時:平成30年12月27日(木)17:30~18:30
場 所:山口大学医学部附属病院 新中央診療棟1階 多目的室1
参加者:26名

17:30~18:30 事例検討
「治療継続を希望していたが在宅緩和ケア導入により最期まで家で過ごせた尿管がん事例」
   山口大学医学部附属病院 泌尿器科 松村 正文 先生
   山口大学医学部附属病院 看護部 多賀谷 理子 先生
   宇部協立病院 地域連携在宅医療科 立石 彰男 先生
   宇部協立病院 地域連携在宅医療科 三隅 恵美 先生 

 この度、第18回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会を開催した。この事例検討会は、切れ目のない緩和ケアを実現するために、事例検討を通じて顔の見える緩和ケア連携体制の構築及び連携強化を図ることを目的として開催しており、院内外の医師、看護師、臨床心理士など多職種から26名の参加があった。当院の腫瘍センター副センター長の吉野茂文医師より開会の挨拶があり、当院の緩和ケアセンターの宮内貴子副看護師長を司会として、各施設より事例提示があった後、グループ形式で討議を行った。グループ討議では、様々な視点から活発に意見が出され、大変有意義な検討会となった。
 参加者の方々からは、「病棟側からは見えない患者さんやご家族の思いが知れた。他のスタッフの方の知識や関わり方など学べてよかった」、「患者・家族には常に気持ちの変化があり、それに気づき、気持ちに寄り添った介入をしていきたいと感じた」、「病院と在宅医療の連携が深まればと思いました」などの意見が寄せられた。
f0235535_21174053.jpg
f0235535_21174080.jpg
f0235535_21173962.jpg


平成30年度第5回がん治療スキルアップセミナー
第17回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会

日 時:平成30年11月14日(水)17:30~18:30
場 所:山口大学医学部附属病院 新中央診療棟1階 多目的室1
参加者:29名

17:30~18:30 事例検討
「治療拒否で退院したが、家族と薬剤師の支援により外来治療が継続できた咽頭がん事例」
   山口大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科 廣瀬 敬信 先生
   山口大学医学部附属病院 看護部 帯山 美紅 先生
   西日本薬局 管理薬剤師 大坪 泰昭 先生

 この度、第17回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会を開催した。この事例検討会は、切れ目のない緩和ケアを実現するために、事例検討を通じて顔の見える緩和ケア連携体制の構築及び連携強化を図ることを目的として開催するものである。院内外の医師、看護師、薬剤師など29名の参加があった。
 当院の腫瘍センター副長の吉野茂文医師より開会の挨拶があり、当院の緩和ケアセンターの山縣裕史医師を司会として、各施設より事例提示があった後グループ形式で討議を行った。グループ討議では、様々な視点から活発に意見が出され、大変有意義な検討会となった。
 参加者の方々からは、「早期からの退院調整が大事であることが良く分かった。地域の薬剤師さんがこんなにも細やかに柔軟に対応してくださっていることを改めて知り外来でもチーム医療が大切なのだとわかりました」などの意見が寄せられた。

f0235535_15034120.jpgf0235535_15035329.jpgf0235535_15035714.jpg
平成30年度第4回がん治療スキルアップセミナー

日 時:平成30年11月7日(水)17:30~19:30
場 所:山口大学医学部霜仁会館3階 多目的室
参加者:23名

司会:山口大学大学院医学系研究科 保健学専攻 教授 齋田 菜穂子 先生

「疼痛緩和ケアの実際」
   すえなが内科在宅診療所 院長 末永 和之 先生

 この度、平成30年度第4回がん治療スキルアップセミナーを開催した。講師には、すえなが内科在宅診療所の院長である末永和之先生をお招きし、「疼痛緩和ケアの実際」と題してご講演いただいた。セミナーには、医師や看護師、薬剤師、臨床検査技師など多職種から23名の参加があった。
 セミナーでは、痛みの診断や疼痛緩和の基本的な考え方についてお話された。その中で、ペインの専門家である山室誠先生の「がん性疼痛治療手技の簡便化によりがん性疼痛は簡単に治せる症状と思われていないだろうか。あれこれ苦労しなくてもモルヒネを投与しておけば簡単に鎮痛できると考えてしまっているのではないか。」という言葉を紹介され、医療従事者は自分たちが可能な鎮痛手段の範囲内に患者さんの『痛み』を収めようとしているのではないか、疼痛緩和ケアについて今一度考えてみてほしいと述べられた。セミナー後には、活発な質疑応答もあり、大変有意義なセミナーであった。

f0235535_11453476.jpgf0235535_11453452.jpgf0235535_11453486.jpg
平成30 年度がん看護インテンシブコースⅡ
がん高度実践看護師WG講演会 in Yamaguchi

日 時:平成30年10月16日(火)17:30~19:00
場 所:山口大学医学部霜仁会館3階 多目的室
参加者:14名

司会:山口大学大学院医学系研究科 保健学専攻 教授 齊田 菜穂子 先生

「働く世代の人々とがん看護」
   なゆたの森病院 がん看護専門看護師 成清 優子 先生

 この度、がん高度実践看護師WG講演会 in Yamaguchiを開催した。講師には、なゆたの森病院がん看護専門看護師の成清優子先生をお招きし、「働く世代の人々とがん看護」と題して講演を行った。講演会には、看護師や助産師、臨床検査技師など多職種から14名の参加があった。講演では、働く世代のがん患者を取り巻く現状や働く世代のがん患者を専門職としてどのように支えればよいのかについてお話された。その中で、ワーキングサバイバーズハンドブックという働く世代のがん患者向けの冊子を紹介された。ハンドブックの内容は患者向けであるが、その内容を知っていれば専門職として患者を支援する際に役立てることができると述べられ、ハンドブックから「がんと診断されたらあなた自身が考えるポイント」や「会社へ伝える内容」、「主治医と確認しておくこと」などいくつかの項目について説明された。参加者の方は現役のがん看護専門看護師による現場に活かせるお話を興味深く聞いている様子で、大変有意義な講演会であった。

f0235535_11074573.jpg
f0235535_11074591.jpg
f0235535_11074565.jpg

平成30年度第3回がん治療スキルアップセミナー
f0235535_10560083.jpg

日 時:平成30年10月9日(火)17:30~18:30
場 所:山口大学医学部附属病院 新中央診療棟1階 多目的室1
参加者:9名

司会:山口大学大学院医学系研究科 病態制御内科学講座
   助教 田中 芳紀 先生

「健康余命を考慮した高齢者口腔癌治療の方向性」
   山口大学大学院医学系研究科 歯科口腔外科学講座
   講師 原田 耕志 先生

 この度、平成30年度第3回がん治療スキルアップセミナーを開催し、山口大学大学院医学系研究科歯科口腔外科学講座の原田耕志先生に「健康余命を考慮した高齢者口腔癌治療の方向性」と題してご講演いただいた。セミナーでは、健康余命について表やグラフを用いて分かりやすく説明があった。また、高齢者の増加とともに高齢がん患者も増加しており、健康余命を考慮した治療を整理していく必要があると述べられた。セミナーの最後には活発な質疑応答もあり、大変有意義なセミナーとなった。
平成30年度看護師といっしょに考える 第8回がん市民公開講座
テーマ:気になるすい臓がんのお話

日 時:平成30年9月29日(土)14:00~16:00
場 所:宇部市多世代ふれあいセンター2階 ふれあいホール
参加者:約200名

f0235535_14430894.jpg14:05~15:15 特別講演
座長:山口大学大学院医学系研究科
   臨床検査・腫瘍学 教授 山﨑 隆弘 先生

「よくわかるすい臓がんの早期発見から内科的治療まで」
   山口大学大学院医学系研究科
   消化器・腫瘍内科学 准教授 戒能 聖治 先生

「よくわかるすい臓がんの外科的治療」
f0235535_14430885.jpg   山口大学大学院医学系研究科
   消化器・腫瘍外科学 診療助教 松井 洋人 先生

15:20~16:00 一般講演
座長:山口大学医学部附属病院
   腫瘍センター 准教授 吉野 茂文 先生

「がん患者に優しいまちづくりの取り組み」
   宇部市健康増進課 保健師 武田 真奈美

「すい臓がんの化学療法について~看護師の立場から~」
   山口大学医学部附属病院 がん化学療法看護認定看護師 阿部 久美

「すい臓がんの治療サポート~早期からの緩和ケア~」
   山口大学医学部附属病院 がん性疼痛看護認定看護師 宮内 貴子

 この度、宇部市多世代ふれあいセンターで、「すい臓がん」をテーマとした市民公開講座を開催し、多くの市民の方にご参加いただいた。
 特別講演では、山口大学大学院医学系研究科 消化器・腫瘍内科学の戒能聖治先生より「よくわかるすい臓がんの早期発見から内科的治療まで」と題してご講演いただき、続いて、山口大学大学院医学系研究科 消化器・腫瘍外科学の松井洋人先生より「よくわかるすい臓がんの外科的治療」と題してご講演いただいた。一般講演では、宇部市からは、がん患者に優しいまちづくりの取り組みについて、看護師からは、化学療法や治療サポートについてお話いただいた。
第4回山口大学がんプロCNS事例検討会

日 時:平成30年6月29日(金)17:00~19:00
場 所:山口大学医学部実習棟A 2階 テュートリアル室
参加者:6名

司会:山口大学大学院医学系研究科
   保健学専攻 教授 齊田 菜穂子 先生

「専門看護師が経験する事例とその視点」
講師:久留米大学病院 医療連携センター
   がん看護専門看護師 原 美穂 先生

 この度、久留米大学病院からがん看護専門看護師の原美穂先生をお招きし、第4回山口大学がんプロCNS事例検討会を開催した。院内・学内から6名の参加があった。事例検討会では、がん看護専門看護師の資格取得を目指している参加者から看護実践報告書の提示があり、その後、書き方や内容について原先生に助言・指導いただいた。参加者と講師の間では活発な質疑応答があり、大変盛会であった。

f0235535_17054546.jpg
f0235535_17054547.jpg
f0235535_17054311.jpg