タグ:山口大学 ( 111 ) タグの人気記事

平成30年度第4回がん治療スキルアップセミナー

日 時:平成30年11月7日(水)17:30~19:30
場 所:山口大学医学部霜仁会館3階 多目的室
参加者:23名

司会:山口大学大学院医学系研究科 保健学専攻 教授 齋田 菜穂子 先生

「疼痛緩和ケアの実際」
   すえなが内科在宅診療所 院長 末永 和之 先生

 この度、平成30年度第4回がん治療スキルアップセミナーを開催した。講師には、すえなが内科在宅診療所の院長である末永和之先生をお招きし、「疼痛緩和ケアの実際」と題してご講演いただいた。セミナーには、医師や看護師、薬剤師、臨床検査技師など多職種から23名の参加があった。
 セミナーでは、痛みの診断や疼痛緩和の基本的な考え方についてお話された。その中で、ペインの専門家である山室誠先生の「がん性疼痛治療手技の簡便化によりがん性疼痛は簡単に治せる症状と思われていないだろうか。あれこれ苦労しなくてもモルヒネを投与しておけば簡単に鎮痛できると考えてしまっているのではないか。」という言葉を紹介され、医療従事者は自分たちが可能な鎮痛手段の範囲内に患者さんの『痛み』を収めようとしているのではないか、疼痛緩和ケアについて今一度考えてみてほしいと述べられた。セミナー後には、活発な質疑応答もあり、大変有意義なセミナーであった。

f0235535_11453476.jpgf0235535_11453452.jpgf0235535_11453486.jpg
[PR]
平成30 年度がん看護インテンシブコースⅡ
がん高度実践看護師WG講演会 in Yamaguchi

日 時:平成30年10月16日(火)17:30~19:00
場 所:山口大学医学部霜仁会館3階 多目的室
参加者:14名

司会:山口大学大学院医学系研究科 保健学専攻 教授 齊田 菜穂子 先生

「働く世代の人々とがん看護」
   なゆたの森病院 がん看護専門看護師 成清 優子 先生

 この度、がん高度実践看護師WG講演会 in Yamaguchiを開催した。講師には、なゆたの森病院がん看護専門看護師の成清優子先生をお招きし、「働く世代の人々とがん看護」と題して講演を行った。講演会には、看護師や助産師、臨床検査技師など多職種から14名の参加があった。講演では、働く世代のがん患者を取り巻く現状や働く世代のがん患者を専門職としてどのように支えればよいのかについてお話された。その中で、ワーキングサバイバーズハンドブックという働く世代のがん患者向けの冊子を紹介された。ハンドブックの内容は患者向けであるが、その内容を知っていれば専門職として患者を支援する際に役立てることができると述べられ、ハンドブックから「がんと診断されたらあなた自身が考えるポイント」や「会社へ伝える内容」、「主治医と確認しておくこと」などいくつかの項目について説明された。参加者の方は現役のがん看護専門看護師による現場に活かせるお話を興味深く聞いている様子で、大変有意義な講演会であった。

f0235535_11074573.jpg
f0235535_11074591.jpg
f0235535_11074565.jpg

[PR]
平成30年度第3回がん治療スキルアップセミナー
f0235535_10560083.jpg

日 時:平成30年10月9日(火)17:30~18:30
場 所:山口大学医学部附属病院 新中央診療棟1階 多目的室1
参加者:9名

司会:山口大学大学院医学系研究科 病態制御内科学講座
   助教 田中 芳紀 先生

「健康余命を考慮した高齢者口腔癌治療の方向性」
   山口大学大学院医学系研究科 歯科口腔外科学講座
   講師 原田 耕志 先生

 この度、平成30年度第3回がん治療スキルアップセミナーを開催し、山口大学大学院医学系研究科歯科口腔外科学講座の原田耕志先生に「健康余命を考慮した高齢者口腔癌治療の方向性」と題してご講演いただいた。セミナーでは、健康余命について表やグラフを用いて分かりやすく説明があった。また、高齢者の増加とともに高齢がん患者も増加しており、健康余命を考慮した治療を整理していく必要があると述べられた。セミナーの最後には活発な質疑応答もあり、大変有意義なセミナーとなった。
[PR]
第4回山口大学がんプロCNS事例検討会

日 時:平成30年6月29日(金)17:00~19:00
場 所:山口大学医学部実習棟A 2階 テュートリアル室
参加者:6名

司会:山口大学大学院医学系研究科
   保健学専攻 教授 齊田 菜穂子 先生

「専門看護師が経験する事例とその視点」
講師:久留米大学病院 医療連携センター
   がん看護専門看護師 原 美穂 先生

 この度、久留米大学病院からがん看護専門看護師の原美穂先生をお招きし、第4回山口大学がんプロCNS事例検討会を開催した。院内・学内から6名の参加があった。事例検討会では、がん看護専門看護師の資格取得を目指している参加者から看護実践報告書の提示があり、その後、書き方や内容について原先生に助言・指導いただいた。参加者と講師の間では活発な質疑応答があり、大変盛会であった。

f0235535_17054546.jpg
f0235535_17054547.jpg
f0235535_17054311.jpg


[PR]
平成30年度第2回がん治療スキルアップセミナー
第15回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会

日 時:平成30年6月20日(水)17:30~18:30
場 所:山口大学医学部附属病院 新中央診療棟1階 多目的室1
参加者:31名

17:30~18:30 事例検討
「地域の緩和ケア病棟と在宅医の連携により希望する自宅での看取りが実現した舌がん事例」
   山口大学医学部附属病院 歯科口腔外科 堀永 大樹 先生
   山口大学医学部附属病院 看護部 今中 麻友美 先生
   下関市立市民病院 緩和ケア内科 牧野 一郎 先生

 この度、第15回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会が開催された。この事例検討会は、切れ目のない緩和ケアを実現するために、事例検討を通じて顔の見える緩和ケア連携体制の構築及び連携強化を図ることを目的としており、院内外の医師、看護師、MSW、臨床心理士など31名の参加があった。当院の腫瘍センター吉野茂文副センター長より開会の挨拶があり、当院の緩和ケアセンター山縣裕史医師を司会として、各施設より事例提示があった後、グループ形式で討議を行った。グループ討議では、様々な視点から活発に意見が出され、大変有意義な検討会となった。
 参加者の方からは、「事例の振り返りにより退院後の患者さんの様子や、どのように対応されていたかが分かり、とてもよい学びとなった。今後の看護に活かしていきたいと思います」や「口腔外科では受け入れ先の選択に苦慮することが多いが、診療科の枠を超えて調整できる架け橋ができた気がします。今後のよりよい連携ができたらと思います」などの意見が寄せられた。

f0235535_17181535.jpg
f0235535_17181584.jpg
f0235535_17181569.jpg


[PR]
第3回山口大学がんプロCNS事例検討会

日 時:平成30年5月18日(金)18:30~20:30
場 所:山口大学医学部実習棟A 2階 テュートリアル室
参加者:8名

司会:山口大学大学院医学系研究科
   保健学専攻 教授 齊田 菜穂子 先生

「コンサルテーション活動における成果と課題の分析」
講師:山口県立総合医療センター
   がん看護専門看護師 山本 知美 先生

 この度、山口県立総合医療センターからがん看護専門看護師の山本知美先生をお招きし、第3回山口大学がんプロCNS事例検討会を開催した。検討会には院外からも参加があり、参加者は8名であった。がん看護専門看護師の資格取得を目指している参加者から看護実践報告書の発表があり、その書き方や内容について山本先生に助言・指導いただいた。発表後は活発な質疑応答があり、大変盛会であった。

f0235535_13591526.jpgf0235535_13591528.jpgf0235535_13591500.jpg


[PR]
第2回山口大学がんプロCNS事例検討会

日 時:平成30年4月24日(火)17:00~19:00
場 所:山口大学医学部実習棟A 2階 テュートリアル室
参加者:10名

司会:山口大学大学院医学系研究科
   保健学専攻 教授 齊田 菜穂子 先生

「がん看護専門看護師が実践するコンサルテーション ~事例を通して~」
講師:医療法人至誠会 なゆたの森病院
   がん看護専門看護師 成清 優子 先生

 この度、なゆたの森病院からがん看護専門看護師の成清優子先生をお招きし、第2回山口大学がんプロCNS事例検討会を開催した。検討会には、がん看護専門看護師を目指す看護師のほか大学院生や保健学科の学生など10名の参加があった。2名の参加者から看護実践報告書の発表があり、それぞれについて成清先生にご指導いただいた。発表後は活発な質疑応答があり、大変盛会であった。

f0235535_15191291.jpgf0235535_15191232.jpgf0235535_15191238.jpg


[PR]
平成30年度第1回がん治療スキルアップセミナー
第14回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会
 
日 時:平成30年4月23日(月)17:30~18:30
場 所:山口大学医学部附属病院 新中央診療棟1階 多目的室1
参加者:93名

17:30~18:30 事例検討
「治療中止を決断し緩和ケア病棟へ転院された胃がん事例」
   山口大学医学部附属病院 第二外科 西山 光郎 先生
   山口赤十字病院 緩和ケア科 上田 宏隆 先生

 この度、第14回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会を開催した。この事例検討会は、切れ目のない緩和ケアを実現するために、事例検討を通じて顔の見える緩和ケア連携体制の構築と連携強化を図ることを目的として開催している。附属病院の職員の他にも、院外からも参加があり、参加者数は93名であった。各施設より事例提示があった後、グループ形式で討議を行った。グループ討議では、様々な視点から活発に意見が出され、大変盛会であった。終了後のアンケートでは、「アドバンスケアプランニングを話すことはとても大切だけど、どう関わっていくかみんなで検討できたらと思う」といった意見が寄せられた。

f0235535_15371341.jpgf0235535_15371332.jpgf0235535_15371257.jpgf0235535_15371237.jpg
[PR]
f0235535_10392532.jpg
山口大学がんプロCNS事例検討会

日 時:平成30年3月9日(金)17:00~19:00
場 所:山口大学医学部保健学科第2研究棟
    3階 HD1-1教室
参加者:11名

f0235535_10393101.jpg
司会:山口大学大学院医学系研究科
   保健学専攻 教授 齊田 菜穂子 先生

「がん看護専門看護師の実践する活動記録 ~事例を通して~」
講師:がん看護専門看護師 岩月 まり子 先生 

 この度、山口大学がんプロCNS事例検討会を開催し、がん看護専門看護師の岩月まり子先生をお招きして、がん看護CNS合格のためのレポートの書き方や二次試験の問題の読み取り方についてご指導いただいた。検討会では活発な質疑応答があり、大変盛会であった。

[PR]
平成29年度第8回がん治療スキルアップセミナーf0235535_15011148.jpg
第13回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会 

日 時:平成30年2月22日(木)17:30~18:30
場 所:山口大学医学部附属病院 
    新中央診療棟1階 多目的室1
参加者:24名


司会:山口大学医学部附属病院 緩和ケアセンター f0235535_15012448.jpg
   宮内 貴子 副看護師長

17:30~18:30 事例検討

「人生最後に自宅で整理を行うことを
              希望された大腸がん事例」
  山口大学医学部附属病院 第2外科 田中 宏典 先生 
  訪問看護ステーション白鳥 正司 和江 先生


 この度、第13回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会を開催し、附属病院の職員の他にも、院外の医師、訪問看護師など24名の参加があった。
 事例検討では、様々な視点から活発に意見が出され、終了後のアンケートでは、「在宅の看護について分かり、支えていることが分かりました」「訪問看護のスタッフの方々、大学の先生、教員、医師など様々なスタッフと話ができて良かった。視野が広がりました」などの意見が寄せられ、大変有意義な検討会となった。

[PR]