タグ:山口大学 ( 101 ) タグの人気記事

平成29年度がん看護インテンシブコースⅡ
がん高度実践看護師WG講演会in Yamaguchi

日 時:平成29年12月11日(月)17:30~18:30
場 所:山口大学医学部霜仁会館 3階 多目的室
参加者:22名

司会:山口大学大学院医学系研究科 保健学専攻 教授 齊田 菜穂子 先生

演題:「がん患者のライフステージの様々なニーズに応える高度な看護実践の展開
    ~高齢がん患者の症状マネジメント~」

講師:綜合病院山口赤十字病院 がん看護専門看護師 金子 美幸 先生

f0235535_15155537.jpgf0235535_15155930.jpgf0235535_15155129.jpg







この度、平成29年度がん看護インテンシブコースⅡがん高度実践看護師WG講演会in Yamaguchiを開催した。講師には、綜合病院山口赤十字病院がん看護専門看護師の金子美幸先生をお招きし、「がん患者のライフステージの様々な新ニーズに応える高度な看護実践の展開~高齢がん患者の症状マネジメント~」と題して講演を行った。講演会には、医師や看護師、臨床検査技師、薬剤師など多職種から22名の参加があった。
講演では、高齢の方の症状マネジメントについて、基本的な事項から具体的な事例までお話され、現場に活かせる内容であった。参加者の皆さんは現役のがん看護専門看護師によるお話を興味深く聞いている様子で、講演会後も活発な質疑応答があり盛会であった。
[PR]
平成29年度第7回がん治療スキルアップセミナー

日 時:平成29年11月20日(月)17:30~19:30
場 所:山口大学医学部霜仁会館 3階 多目的室
参加者:21名

司会:山口大学大学院医学系研究科
   保健学専攻 教授 齊田 菜穂子 先生

演題:「がん緩和医療における症状緩和」

講師:すえなが内科在宅診療所 院長 末長 和之 先生

f0235535_14203737.jpgf0235535_14203271.jpgf0235535_14202446.jpg







この度、すえなが内科在宅診療所院長の末永和之先生をお招きし、「がん緩和医療における症状緩和」と題してご講演いただいた。セミナーには、医師や看護師のほか保健師、薬剤師など様々な職種から21名の参加があった。
セミナーでは、がん患者に生じる痛みの原因やメカニズムについて説明され、症状マネジメントについて具体的な例をあげながら述べられた。セミナーの後には活発な質疑応答もあり、大変有意義なセミナーとなった。
[PR]
平成29年度第6回がん治療スキルアップセミナー

日 時:平成29年11月13日(月)17:30~19:30
場 所:山口大学医学部霜仁会館 3階 多目的室
参加者:23名

司会:山口大学大学院医学系研究科
   保健学専攻 教授 齊田 菜穂子 先生

演題:「がん緩和医療におけるトータルケア」

講師:すえなが内科在宅診療所 院長 末永 和之 先生

f0235535_13503847.jpgf0235535_13504775.jpgf0235535_13504303.jpg







この度、すえなが内科在宅診療所院長の末永和之先生をお招きし、「がん緩和医療におけるトータルケア」と題してご講演いただいた。セミナーには、医師や看護師のほか保健師、薬剤師など様々な職種から23名の参加があった。
セミナーでは、在宅ホスピスの歴史やスピリチュアルペイン、緩和医療の観点からみた患者との関わりについて、先生の体験を交えながら分かりやすく述べられた。 医療者ひとりひとりが緩和の心を持ち、実行していってほしいと述べられセミナーを締めくくられた。2時間のセミナー中、参加者は真剣に先生のお話を聞いており、大変有意義なセミナーであったと考える。
[PR]
平成29年度第5回がん治療スキルアップセミナー

日 時:平成29年11月9日(木)18:00~19:00
場 所:山口大学医学部霜仁会館 3階 多目的室
参加者:23名

演題:「苦しんでいる人を、放ってはおけない~マザー・テレサに学ぶ緩和ケアの心~」

講師:カトリック宇部教会 片柳 弘史 神父

f0235535_11184376.jpgf0235535_11185703.jpgf0235535_11185108.jpg








この度、カトリック宇部教会の片柳弘史神父をお招きし、「苦しんでいる人を、放ってはおけない~マザー・テレサに学ぶ緩和ケアの心~」と題してご講演いただいた。セミナーには、医師や看護師のほか保健師、薬剤師など様々な職種から23名の参加があった。
講師の片柳神父は、インドのコルカタにあるマザー・テレサの施設でボランティアをしていた際にマザー・テレサ本人から神父になるよう勧められ、その道を志した方である。セミナーでは、マザー・テレサはどのように苦しんでいる人々と関わったのか、ご自身の体験を交えながらお話いただいた。その中でマザー・テレサの残した言葉から、まず「あなたは愛されて生まれてきた、大切な人」という言葉を紹介された。片柳神父は続けて、マザー・テレサは、笑顔やキラキラ輝く瞳、相手の話を聴くこと、そして手のぬくもりといった全身でこのメッセージを人に伝え続けていたと語った。では、このメッセージを人に伝え続けるにはどうすればよいのか。それについてマザー・テレサは「あなたの命はかけがえのない命なんだというメッセージを伝えたいのならば、まず自分自身の命がかけがえのない命なんだということに気づきなさい」という言葉を残されたと紹介され、人は自分を愛するようにしか人を愛することができないとすれば、人を大切にするにはまず自分を大切にすることが前提にあると述べられた。この他にも、「愛されるために、自分と違ったものになる必要はないのです。ありのままで愛されるためには、ただ心を開くだけでいいのです。」や「大きなことをする必要はありません。小さなことに、大きな愛を込めればいいのです。」という言葉とともに、どのような心の持ち方が大切かを語られた。セミナーの最後には「まずは私たち自身が自分自身の人生を喜んで精一杯生きる、そういう医療者であってはじめて患者さんたちに生きる力を与えられるのです。」と述べられ、セミナーを締めくくられた。
[PR]
平成29年度第4回がん治療スキルアップセミナー
テーマ:コミュニケーションスキル

日 時:平成29年10月11日(水)18:00~19:00
場 所:山口大学医学部附属病院 新中央診療棟1階 多目的室1
参加者:27名

演題:「がん患者とのコミュニケーションスキル」

講師:山口大学大学教育機構 保健管理センター
   准教授 松原 敏郎 先生

f0235535_11490931.jpgf0235535_11492066.jpgf0235535_11493193.jpg








この度、コミュニケーションスキルをテーマとしたセミナーを実施し、山口大学大学教育機構保健管理センター准教授の松原敏郎先生に「がん患者とのコミュニケーションスキル」と題してご講演いただいた。セミナーには、医師や看護師のほか診療放射線技師、理学療法士、臨床検査技師、薬剤師など様々な職種から27名の参加があった。セミナーでは、がん患者さんの心理特性について説明があった後、具体的なコミュニケーションの方法として、「EVE」(Exploring、Validating、Empathizingの頭文字をとってEVE)という手法を紹介された。「感情と感情の背景を知る(Exploring)」「自然な感情であることを伝える(Validating)」「共感していることを伝える(Empathizing)」の3つのスキルを場面に応じて、あるいは使用しやすいものから実施することで、患者さんとのコミュニケーションが促進されると述べられた。セミナーの最後には活発な質疑応答もあり、大変有意義なセミナーとなった。
[PR]
平成29年度看護師といっしょに考える 第7回 がん市民公開講座
テーマ:気になる「前立腺がん」のお話

日 時:平成29年9月30日(土) 14:00~16:00
f0235535_13284050.jpg場 所:宇部市多世代ふれあいセンター2階ふれあいホール
参加者:約200名

14:05~15:00
特別講演
「よくわかる前立腺がんの検査から治療まで
   山口大学医学部附属病院
      泌尿器科 松山 豪泰 先生

15:00~16:00
一般講演
「前立腺がんの化学療法について~看護師の立場から~」
f0235535_13284968.jpg   山口大学医学部附属病院
      がん化学療法看護認定看護師 沖村 美香

「宇部市のがん対策」
   宇部市健康推進課
      保健師 三田 環

「緩和ケアについて」
   山口大学医学部附属病院
      緩和ケア認定看護師 野村 さやか

この度、「前立腺がん」をテーマに市民公開講座を開催し、約200名の市民の皆様が聴講された。
特別講演では、山口大学大学院医学系研究科泌尿器科学講座教授の松山豪泰先生より「よくわかる前立腺がんの検査から治療まで」と題して前立腺がんの最新の検査や治療について解説があった。続いて、一般講演では認定看護師からは化学療法や緩和ケアについて、保健師からは検診についてわかりやすく説明があった。
[PR]
平成29年度第3回がん治療スキルアップセミナー
テーマ:放射線治療

日 時:平成29年8月29日(火)18:00~19:00
場 所:山口大学医学部附属病院 新中央診療棟1階 多目的室1
参加者:26名

司会:山口大学医学部附属病院   
   放射線治療部 助教 椎木 健裕 先生

演題:「当科における高精度放射線治療への取り組み」

講師:山口大学大学院医学系研究科
   放射線腫瘍学講座 花澤 豪樹 先生

f0235535_11215429.jpgf0235535_11230595.jpgf0235535_11232363.jpg








この度、放射線治療をテーマとして平成29年度第3回がん治療スキルアップセミナーを開催し、山口大学大学院医学系研究科放射線腫瘍学講座の花澤豪樹先生にご講演いただいた。講演には、医師、看護師、放射線技師、医学物理士、保健師など様々な職種から26名の参加があった。
演題は、「当科における高精度放射線治療への取り組み」とし、強度変調放射線治療(IMRT)、画像誘導放射線治療(IGRT)、定位放射線治療(SRT/SRS)の3つの高精度放射線治療について実際の画像を用いながら詳しい解説があった。解説の後、「高精度放射線治療が装置・技術の高性能化に伴い今後さらに高精度化していく中で、これまで以上に慎重かつ適切な計画・治療が求められるだろう。照射するのは機械でも、治療するのは人間であるということに十分に留意することが必要である。」と述べられ、講演を締めくくられた。会場では、活発な質疑応答もあり、大変盛会であった。
[PR]
平成29年度第2回がん治療スキルアップセミナー
第11回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会

日 時:平成29年8月26日(土)14:30~17:00(14:00受付開始)
場 所:山口大学医学部附属病院 新中央診療棟1階 多目的室1
参加者:36名

講演
14:30~15:00 ミニレクチャー
「アドバンスケアプランニング」
山口大学医学部附属病院 緩和ケアセンター 山縣 裕史 先生

15:00~16:00 事例検討
「人生最後に自宅でやり遂げることがあり
             在宅支援を行った尿管がん事例」
山口大学医学部附属病院 泌尿器科 森 純一 先生 
宇部協立病院 地域連携在宅医療科 立石 彰男 先生

16:00~17:00 事例検討
「化学療法と並行して在宅支援を導入した食道がん事例」
山口大学医学部附属病院 第二外科 北原 正博 先生
西川医院 院長 西川 雅裕 先生

この度、第11 回 宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会を開催した。切れ目のない緩和ケアを実現するために、事例検討を通じて顔の見える緩和ケア連携体制の構築及び連携強化を図ることを目的とし、附属病院の職員の他にも、院外の医師、看護師、訪問看護師、PT、OT、MSW など様々な職種から36名の参加があった。まず、当院の吉野茂文腫瘍センター副センター長より開会の挨拶があり、当院の緩和ケアセンター山縣裕史助教、宮内副看護師長を司会として、山縣裕史助教の「緩和ケアミニレクチャー」から始まり、各施設より事例提示があった後、グループ形式で討議を行った。
参加者からは、「多職種の方と話すことができて良い機会となりました。また参加します。」、「自科の患者の症例であり、振り返ることができて良かった。」などの意見が寄せられ、大変有意義な検討会となった。
[PR]
平成28年度第8回がん治療スキルアップコース(インテンシブ)セミナー
テーマ:精神腫瘍

日 時:平成28年11月16日(水)18:00~19:00f0235535_11132532.jpg
場 所:山口大学医学部霜仁会館 3階 多目的室
参加者:37名

司会:山口大学医学部附属病院 腫瘍センター
   准教授 吉野 茂文 先生

「がん患者とのコミュニケーションスキル」
   山口大学 大学教育機構 保健管理センター
   准教授 松原 敏郎 先生

この度、今年度8回目となるがん治療スキルアップコースセミナーを開催し、山口大学大学教育機構保健管理センターの松原敏郎先生にがん患者とのコミュニケーションについてご講演いただいた。講演には、医師や看護師、保健師など多種職から37名の参加があった。
まず、先生は「医師も看護師も一番の土台はコミュニケーションスキルだと思う。患者さんの背景をある程度理解してコミュニケーションをとると、より患者さんの苦痛に寄り添えると思っている。今はどの科でもがん患者さんと関わる場面があり、今回のセミナーをそのコミュニケーションの一助としていただければと思う。」と述べられ、セミナーを始められた。 
セミナーでは、がん患者やその家族とのコミュニケーションに必要なものや、話を聴く基本的なスキルなどについて、具体的な例を交えながら分かりやすく丁寧に述べられた。
講演の最後には活発な質疑応答もあり、大変盛会であった。
[PR]
平成28年度第7回がん治療スキルアップコース(インテンシブ)セミナー
第9回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会

日 時:平成28年11月10日(木)17:30~19:00
場 所:山口大学医学部附属病院 第2病棟6階カンファレンス室
参加者:27名

司会:山口大学医学部附属病院 診療連携室 結城 美重 看護師長

ミニレクチャー
「緩和ケア病棟ってどんなところ?」
   山口大学医学部附属病院 緩和ケアセンター 宮内 貴子 副看護師長

事例検討
「長期にわたるがん治療を中止し、緩和ケア病棟へ転院した前立腺がん症例」
   山口大学医学部附属病院 泌尿器科 井上 亮 先生
   山口宇部医療センター 緩和ケア科 小野田 秀子 先生

f0235535_10272378.jpgf0235535_10273376.jpgf0235535_10274079.jpg

この度、第9回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会を開催した。切れ目のない緩和ケアを実現するために、事例検討を通じて顔の見える緩和ケア連携体制の構築及び連携強化を図ることを目的とし、附属病院の職員の他にも、院外の医師、理学療法士、看護師、訪問看護師と様々な職種から27名の参加があった。
まず、当院の吉野茂文腫瘍センター副センター長より開会の挨拶があり、当院の結城美重看護師長を司会として、宮内貴子副看護師長の「緩和ケアミニレクチャー」を行った。次に、各施設より事例提示があった後、グループ形式で討議を行った。
参加者からは、「患者さんの今までの経過を改めて振り返ることが出来て良かった」、「転院先の患者さんの情報を聞くことが出来て良かった」などの意見が寄せられ、有意義な検討会となった。
[PR]