<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

自己免疫疾患関連副作用(irAE)マネジメント勉強会
テーマ:大腸炎
(平成30年度第1回愛媛大学がんプロフェッショナル養成インテンシブコース講習会)

f0235535_14322017.jpg日 時:平成30年6月13日(水) 18:00~19:00
場 所:愛媛大学医学部附属病院 地域医療支援センター 1F講義室
参加者:41 名

講演
前回の勉強会の振り返り(間質性肺疾患)
愛媛大学医学部附属病院 腫瘍センター 朝井 洋晶 先生
f0235535_14322035.jpg
総合司会:愛媛大学医学部附属病院 腫瘍センター 朝井 洋晶 先生

「炎症性腸疾患の診断と治療について」
愛媛大学医学部附属病院 地域消化器免疫医療学 竹下 英次 先生

質疑応答

非小細胞肺癌、悪性黒色腫、腎細胞癌、古典的ホジキンリンパ腫、頭頚部癌など様々ながん腫で免疫チェックポイント阻害剤の有効性が示されたが、今までの殺細胞性抗がん剤では見られなかった自己免疫疾患様の有害事象が起こり得ます。今回は、免疫チェックポイント阻害剤による自己免疫疾患関連有害事象の一つである大腸炎について、自己免疫性腸炎疾患である、潰瘍性大腸炎、クローン病について診察、診断に必要な検査、治療法について、最後に免疫チェックポイント阻害剤投与中の大腸炎について他施設での経験例を踏まえ、当院の消化器内科専門医である竹下医師にご講演いただきました。
今回のセミナーは、全体にわたって活発な質疑応答がされ知識を深めることに十分役立ったと考えられます。今回も、下痢、腹痛、下血など本病態を疑う場合には感染症の鑑別と同時にステロイドを含む治療を考慮すること、また、消化管内視鏡検査では消化管穿孔のリスクもあることから、CT評価が望ましいこと等を情報共有しました。今後他の有害事象についても継続的な勉強会を開催する予定です。
[PR]
第46回徳島大学薬学部卒後教育公開講座

日 時:平成30年6月3日(日) 14:00~17:00
場 所:徳島大学長井記念ホール
f0235535_14480579.jpg
参加者:115名

講演1
座長:徳島大学 久米 哲也 先生
「医療現場から世界へ発信―がん薬物療法のエビデンス―」
   神戸市立医療センター中央市民病院薬剤部 副部長代行
   池末 裕明 先生

講演2
座長:徳島大学 滝口 祥令 先生
「抗微生物薬の最適投与法を目指した育薬研究」
   慶應義塾大学薬学部 教授
   松元 一明 先生

神戸市立医療センター中央市民病院薬剤部副部長代行の池末裕明先生池末先生から、がん薬物療法を中心に、ご自身が臨床研究の研究成果がガイドライン策定のエビデンスとして臨床への貢献につながった例などをお話しいただいた。慶應義塾大学薬学部教授の松元一明先生からは、ご自身の研究から得られた最新のエビデンスに基づいて、抗微生物薬の使用法に関するガイドライン未収録のコツについてお話しいただいた。
参加者からは「講師の知識・経験量とも膨大で、楽しんで聞くことができた」「実用的な講演だった」「非常にわかりやすくて面白い講演だった」という意見や「内容について実際に使えるもので、とても参考になった。プレゼンも素晴らしかった」という意見をいただいた。

[PR]