<   2016年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

平成28年度臨床腫瘍地域医療学コース(インテンシブ)第10回地域医療セミナー
テーマ:阿南市及び県南地域とのがん診療連携~患者さんの安心のために~

日 時:平成28年6月30日(木)19:00~20:40
場 所:ロイヤルガーデンホテル 2階 サローネ
参加者:119名

講演
総合司会:徳島大学病院 がん診療連携センター がん診療連携・相談副部門長 鳥羽 博明 先生
開会挨拶:徳島大学病院 がん診療連携センター がん診療連携・相談部門長 金山 博臣 先生
     阿南市医師会 会長 岸 彰 先生
ご挨拶:「徳島大学病院 がん診療連携センターについて」
     徳島大学病院 がん診療連携センター センター長 埴淵 昌毅 先生

第1部
座長:徳島大学病院 呼吸器・膠原病内科 
   准教授 埴淵 昌毅 先生
f0235535_11432840.jpg
「当院での肺がん診療」 
   徳島赤十字病院 呼吸器外科 部長 
   石倉 久嗣 先生
「胃がんの最新治療~ロボット支援腎部分切除術~」 
   徳島大学病院 泌尿器科 教授 
   金山 博臣 先生
「乳がん地域連携パス」 
   徳島大学病院 食道・乳腺・甲状腺外科 教授 
   丹黒 章 先生

第2部
座長:徳島大学病院 食道・乳腺・甲状腺外科 教授
   丹黒 章 先生
f0235535_11435128.jpg
「当院におけるがん診療の現状について」
   阿南共栄病院 副病院長
   吉田 禎宏 先生
「肝がんで死なないために」
   徳島大学病院 消化器・移植外科 特任助教
   岩橋 衆一 先生
「当院における最近の子宮がんの治療について」
   徳島大学病院 産婦人科 講師
   西村 正人 先生
「パスを使った連携の現状と相談支援について」
   徳島大学病院 がん診療連携センター
   福田 直也 MSW

閉会挨拶:徳島赤十字病院 呼吸器外科 部長 石倉 久嗣 先生

今回のセミナーは、徳島大学病院主催、中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム、阿南市医師会、阿南中央病院、阿南共栄病院の共催のもと、徳島大学病院と阿南市及び県南地域のがん診療連携をさらに発展させるために開催された。今回は、「当院での肺がん診療」「胃がんの最新治療~ロボット支援腎部分切除術~」「乳がん地域連携パス」「当院におけるがん診療の現状について」「肝がんで死なないために」「当院における最近の子宮がんの治療について」「パスを使った連携の現状と相談支援について」の7演題について講演があり、各種がんの診療連携が深められた。
徳島大学病院と、阿南市及び県南地域の医師、看護師など医療従事者が参加し、がんの地域連携が深められた。
[PR]
平成28年度Seminar on Molecular Targeting for Cancer Therapy

日 時:平成28年6月29日(水)18:30~20:00
場 所:消化器内科医局(医学臨床A棟7階)
参加者:39名f0235535_16592381.jpg

講演
司会:徳島大学大学院医歯薬学研究部 消化器内科学 教授
   高山 哲治 先生 

「KRAS,BRAF変異がんに対する新しい治療標的」
北海道大学難治性疾患治療部門 分子標的探索研究室
新津 洋司郎 先生

今回のセミナーでは、新津先生にご講演をいただいた。
講演は、種々のがんにおけるKRAS、BRAFの変異と、それによりGlutathione S-transferase-π(GST-π)が誘導され細胞増殖を促進する、という内容で大変わかりやすく、レベルの高い発表であった。3名より質問があり、質問に対する回答および討論も大変有意義であった。
[PR]
がんプロ事務局では毎週水曜日に定例会議を開催しています。

日時:平成28年6月29日(水)8:30~
場所:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 管理棟8階 第11カンファレンスルーム

議題
1.全国がんプロ協議会合同フォーラムについて(1/24・東京大学山上会館)
2.全国共通緩和医療教育テストについて
3.その他
[PR]
by chushiganpro | 2016-06-29 08:30 | Comments(0)
平成28年度第1回岡山大学がん放射線科学コースインテンシブコース地域連携セミナー(大学院公開講座)

日 時:平成28年6月25日(土) 13:00~18:20
場 所:岡山大学大学院保健学研究科 保健学科棟3F 301室
岡山市北区鹿田町2丁目5-1 Tel:086-235-6871
参加者:8名
f0235535_178419.jpg
講演
司会:岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

講師:広島大学大学院医歯薬保健学研究院 
   応用生命科学部門 放射線腫瘍学 西尾 禎治 先生

「放射線計測学1」
「放射線計測学2」
「放射線治療線量計算1」
質疑応答

本セミナーは、毎年開講している大学院保健学研究科「放射線治療管理学特論」の一部を公開形式としてジョイント開催された。岡山県内では、今年春から陽子線治療が1施設稼働している。今回は広島県からの参加者があり、粒子線治療への関心が伺われたが、県内の参加者は少なかった。
講義では基礎から応用まで幅広く有意義な内容であり、実務的な課題に関する質疑応答が展開された。本セミナーは医学物理士試験の対策にも有用であり、7月にも同様の内容が企画されているので、次回はさらに多数の参加者が集うように周知させていきたい。
[PR]
がんプロ事務局では毎週水曜日に定例会議を開催しています。

日時:平成28年6月22日(水)8:30~
場所:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 管理棟2階 ミーティングルーム

議題
1.「医療情報学」授業担当責任者について
2.チーム医療合同演習について(8/26・Jホール、8/27・アークホテル岡山)
3.全国がんプロ協議会合同フォーラムについて(1/24又は1/31・東京大学山上会館)
4.その他
[PR]
by chushiganpro | 2016-06-22 08:30 | Comments(0)
平成28年度第8回岡山大学がん放射線科学コース(インテンシブコース)セミナー

日 時:平成28年6月21日(火) 19:00~20:30
場 所:岡山大学病院 総合診療棟5F 第4カンファレンスルーム
岡山市北区鹿田町2丁目5-1 Tel:086-235-6871
参加者:6名

講演
座長:岡山大学病院医療技術部 放射線部門 青山 英樹

19:00~20:00
「放射線治療品質管理基礎技術8(吸収線量の計測と評価)」
        岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

20:00~20:30 フリーディスカッション

本セミナーは、インテンシブコースとして市内の関連病院や院内スタッフ・大学院生等を対象に、海外の教科書(Physics of Radiation Therapy)を用いて系統立てたセミナーを企画している。今回のセミナーでは第8回目としてChapter8前半を中心に、吸収線量、計測量の定義、吸収線量の計算、計測理論などについて解説がなされました。地域から参加した社会人、大学院生ともに全員、熱心に英語を読み説く姿勢が見られました。
[PR]
平成28年度第1回がん治療スキルアップコース(インテンシブ)セミナー
テーマ:放射線治療
f0235535_154081.jpg
日 時:平成28年6月21日(火) 18:00~19:00
場 所:山口大学医学部霜仁会館 3階 多目的室
参加者:42名

講演
司会:山口大学大学院医学系研究科 放射線腫瘍学講座
   助教 椎木 健裕 先生

演題:
「中学、高校の化学、物理から紐解く最新の放射線治療」   
   山口大学医学部附属病院 放射線部f0235535_15382219.jpg
   副診療放射線技師長 田辺 悦章 先生

この度、山口大学医学部附属病院 放射線部 副診療放射線技師長の田辺悦章先生によるがん治療スキルアップセミナーを開催した。演題は「中学、高校の化学、物理から紐解く最新の放射線治療」とし、放射線治療の基本や最新の治療、山口県での取り組みについてご講演いただいた。講演後は活発な質疑応答もあり、大変有意義なセミナーとなった。
[PR]
がんプロ事務局では毎週水曜日に定例会議を開催しています。

日時:平成28年6月15日(水)8:30~
場所:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 管理棟2階 ミーティングルーム

議題
1.平成28年度全国がんプロ成果報告市民公開シンポジウムについて(6/11・東京大学伊藤国際学
術研究センター 伊藤謝恩ホール)
2.平成28年度大学機能強化戦略経費について
3.その他
[PR]
by chushiganpro | 2016-06-15 08:30 | Comments(0)
平成28年度第7回岡山大学がん放射線科学コース(インテンシブコース)セミナー

日 時:平成28年6月14日(火) 19:00~20:30
場 所:岡山大学病院 総合診療棟5F 第4カンファレンスルーム
岡山市北区鹿田町2丁目5-1 Tel:086-235-6871
参加者:6名

講演
座長:岡山大学病院医療技術部 放射線部門 青山 英樹

19:00~20:00
「放射線治療品質管理基礎技術7(放射線の線質と管理)」
        岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

20:00~20:30 フリーディスカッション

本セミナーは、インテンシブコースとして市内の関連病院や院内スタッフ・大学院生等を対象に、海外の教科書(Physics of Radiation Therapy)を用いて系統立てたセミナーを企画している。今回のセミナーでは第7回目としてChapter7を中心に、半価層と濾過、放射線線質の決定法、エネルギースペクトル測定などについて解説がなされました。地域から参加した社会人、大学院生ともに全員、熱心に英語を読み説く姿勢が見られました。
[PR]
平成28年度第6回 Global Oncology Seminar

日 時:平成28年6月14日(火)18:30~19:30
場 所:岡山大学病院 総合診療棟2F 第3カンファレンスルーム
参加者:14名
f0235535_144977.jpg
講演
「Neoadjuvant therapy challenges
        for the multidisciplinary team」
Mehra Golshan
Dr. Abdul Mohsen and Sultana AI-Tuwaijri Distinguished
Chair in Surgical Oncology
Associate Professor of Surgery, Harvard Medical School
Medical Director of the International Oncology Programs
Dana Farber Cancer Institute and Brigham and Women's
Hospital USA

乳がんにおける術前補助化学療法ならびに治療に際しての画像評価の在り方について講演いただきました。主には乳がんの専門的な領域の講演であり、多数の乳腺外科医師、腫瘍内科医師ならびに学生が参加しました。講演中途での質問を受け入れていただいたため、難しい内容ながら理解しやすいレクチャーでした。アメリカと日本における治療や検査のスタンダードの違いについて討論がなされ、双方向的な有益な講演でした。参加者からも、「大変有益でした」との感想がありました。
[PR]