<   2015年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

平成27年度第5回インテンシブコース(在宅がん医療・緩和医療)集中セミナー

テーマ:がん在宅移行期・終末期における地域の抱える問題点

日 時:平成27年8月30日(日) 13:00~16:30f0235535_15561690.jpg
場 所:高知会館 2階 白鳳の間
参加者:49名

総合司会
高知大学医学部附属病院 がん治療センター 
部長 小林 道也

総合コーディネーター
高知大学医学部医療学(公衆衛生学) 
講師 宮野 伊知郎

13:00 開会挨拶
13:05 ワークショップ説明・アイスブレイク
13:25 多職種によるワークショップ:2症例(ワールド・カフェ方式)
     症例提示・ディスカッション・シェア
16:10 まとめ
16:25 閉会挨拶・アンケート回収

今回のセミナーは、東部会場で開催した第4回と同じく、自身が経験した”後悔の残る事例や困難さを感じた事例”についての症例での他職種によるワークショップをワールドカフェ方式で行いました。
参加者からは、「現在終末期の利用者を担当させて頂き、支援していく上での参考にさせて頂きます。ありがとうございました。」や「多職種の連携や家族との信頼関係が必要だと再認識しました。」などの感想がありました。
[PR]
がんプロ事務局では毎週水曜日に定例会議を開催しています。

日時:平成27年8月26日(水)8:30~
場所:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 管理棟2階 医学部会議室

議題
1.ミャンマー医療人研修について(8/17-8/28)
2.マギル大学からの招聘について(9/18-21)
3.その他
[PR]
by chushiganpro | 2015-08-26 08:30 | Comments(0)
平成27年度インテンシブ生涯教育コース 川崎医科大学附属病院がんセンター
第17回Cancer Seminar合同講演会
テーマ:「がん治療の最前線-大学病院の挑戦-」
日 時:平成27年8月22日(土)13:30~16:00
場 所:川崎医科大学校舎棟 7階M-702教室
参加者:60名
f0235535_8573698.jpg
講演
司会:川崎医科大学呼吸器外科学 
   教授 中田 昌男 先生

イントロダクション:
「がんをとりまく状況と私たちの取り組み」
川崎医科大学呼吸器外科学 教授 中田 昌男 先生

講演1:「メスの限界に挑む外科手術」
①StageⅣ胃がんへの胃切除と化学療法
 -当科での取り組み-
 川崎医科大学消化器外科学 准教授 松本 英男 先生
②局所進行肺がんに対する術前導入療法後の
 肺がん根治手術-集学的治療における外科手術の意義-f0235535_911045.jpg
 川崎医科大学呼吸器外科学 講師 最相 晋輔 先生

講演2:「悪性黒色腫治療の最前線
    -抗PD-1抗体(ニボルマブ)の使用経験-」
    川崎医科大学皮膚科学 講師 田中 了 先生

講演3:「再発がんへの挑戦
    -高精度治療が広げる可能性-」
    川崎医科大学放射線医学(治療)
    准教授 余田 栄作 先生

本セミナーは、がん医療関係者の生涯教育を目的として開催された。今回は、テーマを「がん治療の最前線-大学病院の挑戦-」とし、「がんをとりまく状況と私たちの取り組み」「メスの限界に挑む外科手術 」①StageⅣ胃がんへの胃切除と化学療法-当科での取り組み-②局所進行肺がんに対する術前導入療法後の肺がん根治手術 -集学的治療における外科手術の意義-「悪性黒色腫治療の最前線-抗PD-1抗体(ニボルマブ)の使用経験-」「再発がんへの挑戦-高精度治療が広げる可能性-」として、がん治療についての一般的知識、外科手術、化学療法、高精度治療等、当科でのがん治療の最新の取り組みが紹介された。
[PR]
平成27年度第11回岡山大学がん放射線科学コース(インテンシブコース)セミナー

日 時:平成27年8月19日(水) 19:00~20:30
場 所:岡山大学病院 総合診療棟5F 第5カンファレンスルーム
岡山市北区鹿田町2丁目5-1 Tel:086-235-6871
参加者:5名

講演
座長 岡山大学病院医療技術部 放射線部門 青山 英樹

19:00~20:00
「放射線治療品質管理基礎技術10(線量計算システムの実際)」
       岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

20:00~20:30 フリーディスカッション

本セミナーは、インテンシブコースとして市内の関連病院や院内スタッフ・大学院生等を対象に、海外の教科書(Physics of Radiation Therapy)を用いて系統立てたセミナーを企画している。今回のセミナーでは第11回目としてChapter10を中心に、線量計算パラメータ、MU計算の応用、深部線量計算の実用的な方法などについて解説がなされました。大学院生が参加者の大部分を占めたが、全員、熱心に英語を読み説く姿勢が見られました。
[PR]
がんプロ事務局では毎週水曜日に定例会議を開催しています。

日時:平成27年8月19日(水)8:30~
場所:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 管理棟2階 医学部会議室

議題
1.チーム医療合同演習について(8/21-22)
2.ミャンマー医療人研修について(8/17-8/28)
3.マギル大学からの招聘について(9/18-21)
4.その他
[PR]
by chushiganpro | 2015-08-19 08:30 | Comments(0)
平成27年度Cancer Meeting in Tokushima 2015 「International Symposium」

日 時:平成27年8月16日(日) 13:30~15:00
場 所:ホテルクレメント徳島
参加者:37名f0235535_109061.jpg

講演
総合司会: 丹黒 章 先生
徳島大学大学院医歯薬学研究部 
    胸部・内分泌・腫瘍外科学 教授

1. 「Colon Cancer Chemoprevention:
            A Japanese-US approach」
Basil Rigas, Vice President, Stony Brook University
司会:高山 哲治 先生
徳島大学大学院医歯薬学研究部 消化器内科学 教授
f0235535_1091241.jpg
2. 「Epidemiology of gastrointestinal
              tract cancer in Japan」
Hideo Tanaka, Division of Epidemiology and
Prevention, Aichi Cancer Center Research Institute
司会:松岡 順治 先生
岡山大学大学院保健学研究科 教授

閉会挨拶:高山 哲治 先生
徳島大学大学院医歯薬学研究部 消化器内科学 教授

今回のInternational Symposiumでは、2名の先生に英語でご講演いただいた。
初めに、アメリカのStony Brook UniversityのRigas先生に大腸がんの予防に関する最新の知見をご講演いただいた。とくに、アメリカにおけるケモプリベンションの最近の趨勢、新しい薬剤について日本の予防研究と比較して分かりやすく講演された。また、日本では内視鏡を用いた大腸の微小病変(Aberrant crypt foci; ACFなど)の観察がすぐれているため、それらを共同研究することが提案された。次に、愛知がんセンターの田中英夫先生に消化器がんの疫学についてご講演いただいた。食道がん、胃がん、大腸がんなどのリスクファクターについて、諸外国や本邦における最新のデータをご紹介いただいた。
質疑応答では、化学予防薬の作用機序、今後の計画に関することが質問された。また、ヘリコバクター・ピロリや種々の遺伝子型のリスクファクターになりうる機序に関することが多数質問された。質問に対する回答、続く討論も大変有意義なものであった。
[PR]
がんプロ事務局では毎週水曜日に定例会議を開催しています。

日時:平成27年8月12日(水)8:30~
場所:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 管理棟2階 医学部会議室

議題
1.チーム医療合同演習について(8/21-22)
2.ミャンマーからの招聘について(8/17-8/28)
3.その他
[PR]
by chushiganpro | 2015-08-12 08:30 | Comments(0)
平成27年度第15回緩和医療に関する集中セミナーin香川

日 時:平成27年8月8日(土) 9:30~16:30f0235535_9412471.jpg
場 所:高松国際ホテル 瀬戸の間
参加者:85名


講演
「がん治療医も困っています
 -疼痛治療から抗がん剤の「止め時」まで-」
 東北労災病院 腫瘍内科 部長 丹田 滋

「緩和ケア病棟の医療者の役割・連携f0235535_9413874.jpg
 -国立がん研究センター東病院緩和ケア病棟での取り組み-」
 国立がん研究センター東病院 緩和医療科 田上 恵太

「膵臓癌の治療」 
 香川大学医学部附属病院 消化器外科 須藤 広誠          

「がん化学療法 A to Z」
 香川大学医学部 臨床腫瘍学講座 教授 辻 晃仁


がん治療に携わる様々な医師から、緩和ケア病棟の取り組みから最新の膵臓癌治療まで、多様な講演をしていただいた。
[PR]
平成27年度第10回岡山大学がん放射線科学コース(インテンシブコース)セミナー

日 時:平成27年8月5日(水) 19:00~20:30
場 所:岡山大学病院 総合診療棟5F 第5カンファレンスルーム
岡山市北区鹿田町2丁目5-1 Tel:086-235-6871
参加者:6名

講演
座長 岡山大学病院医療技術部 放射線部門 青山 英樹

19:00~20:00
「放射線治療品質管理基礎技術9(散乱分布の特性と考慮)」
       岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

20:00~20:30 フリーディスカッション

本セミナーは、インテンシブコースとして市内の関連病院や院内スタッフ・大学院生等を対象に、海外の教科書(Physics of Radiation Therapy)を用いて系統立てたセミナーを企画している。今回のセミナーでは第10回目としてChapter9を中心に、ファントム、深部線量分布、PDD、TAR、SARの定義などについて解説がなされました。大学院生が参加者の大部分を占めたが、全員、熱心に英語を読み説く姿勢が見られました。
[PR]
がんプロ事務局では毎週水曜日に定例会議を開催しています。

日時:平成27年8月5日(水)8:30~
場所:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 管理棟2階 医学部会議室

議題
1.チーム医療合同演習について(8/21-22)
2.ミャンマーからの招聘について(8/17-8/28予定)
3.マギル大学からの招聘について(9/18-21)
4.その他
[PR]
by chushiganpro | 2015-08-05 08:30 | Comments(0)