<   2010年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

がんプロ事務局では毎週月曜日に定例会議を開催しています。

日時:平成22年12月27日(月)8:30~
場所:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 管理棟2階 医学部会議室

議題
1.関東広域がんプロとの連携について
2.合同フォーラムについて
   (1/25松岡先生による事例報告、パネルディスカッション、ポスターセッション)
3.市民公開講座 (2/5予定)について
4.平成22年度予算の執行状況について
[PR]
by chushiganpro | 2010-12-27 08:30 | Comments(0)
がんプロ事務局では毎週月曜日に定例会議を開催しています。

日時:平成22年12月20日(月)8:30~
場所:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 管理棟2階 医学部会議室

議題
1.合同フォーラム (1/24-25) について
2.市民公開講座 (2/5予定)について
3.平成22年度予算の執行状況について
4.その他
   緩和公開講座(12/18香川)の報告
   在宅がん医療WGの報告
[PR]
by chushiganpro | 2010-12-20 08:30 | Comments(0)
第2回がん治療認定医(歯科口腔外科)養成インテンシブコース

日時:平成22年12月19日(日) 9:00-15:00
場所:ホテルグランヴィア岡山3階 パール       
参加者:65名

座長:
佐々木 朗先生
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 口腔顎顔面外科学分野)
宮本 洋二先生
(徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 統合医療創生科学部門 分子口腔医学講座 口腔外科学分野)
上山 吉哉先生
(山口大学大学院 医学系研究科 歯科口腔外科学講座)f0235535_1434716.jpg

特別講演
「口腔癌に対する頸部郭清術」
 下郷  和雄先生
 (愛知学院大学 歯学部 顎顔面外科学講座)
教育講演1
「口腔癌患者の栄養管理―NSTの立場から―」
 坂本 八千代先生
 (岡山大学病院 臨床栄養部)
ランチョンセミナー
「がん患者さんへの口腔ケア」
 杉浦 裕子先生
 (岡山大学病院 医療技術部 歯科衛生士室 腫瘍センター)
教育講演2
「口腔外科医のための臨床病理学」
 長塚 仁先生
 (岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 口腔病理病態学分野)
全体討論

今回は、特別講演が臨床に即した手術手技の内容で、ビデオを多用しているため多くの参加者から大好評を得ました。教育講演1とランチョンセミナーは、口腔癌患者に対する栄養管理と口腔ケアについての内容でもあり、がん拠点病院からの歯科衛生士の参加も数名ありました。教育講演2では、がん治療認定医試験に関係する臨床病理の内容で質疑応答も活発でした。講演内容は充実し有意義なセミナーになりました。     
[PR]
平成22年度第8回岡山大学医学物理士インテンシブコース地域連携セミナー(特別講演会)

日時:平成22年12月18日(土) 14:30-18:30
場所:岡山大学病院入院棟11Fカンファレンスルーム11C
参加者:57名
  
座長: 
広島大学病院診療支援部 中島健雄f0235535_13554638.jpg
倉敷中央病院放射線センター 山田誠一
「中国・四国広域がんプロフェッショナル養成プラン
(医学物理士・放射線治療品質管理士コース) の
現状と課題」
 岡山大学大学院保健学研究科 笈田将皇
「北海道がんプロフェッショナル養成プラン
(医学物理士・放射線治療品質管理士コース)の
現状と課題」
 札幌医科大学医学部放射線医学講座 舘岡邦彦
質疑応答
「高精度放射線治療(ExacTrackシステム)の臨床応用」
 札幌医科大学医学部放射線医学講座 舘岡邦彦
「高精度放射線治療(Novalis)の臨床応用」
 北腎会 脳神経・放射線科クリニック 鈴木淳司
「高精度放射線治療(SmartArc)の臨床応用」
 鳥取大学医学部附属病院放射線部 山田聖
「高精度放射線治療(Novalis Tx)の臨床応用」
 広島平和クリニック高精度がん放射線治療センター 小野薫
「IMRTガイドラインの概説」
 神奈川県立がんセンター放射線治療品質保証室 黒岡将彦
「高精度放射線治療向けQAツールの特徴」
 東洋メディック㈱技術三課 荒木教行
質疑応答

今回の地域連携セミナーでは多数の外部講師による最先端放射線治療に関する講義を集中的に行った。中四国各県から60名近くの参加者が集まったこともあり、盛大にセミナー開催を行うことができた。中四国各施設では今回のテーマである高精度放射線治療が今後普及していくことが予想されており、実際に装置が導入された時の対応や、個人のモチベーション向上に貢献したのではないかと思われる。今後もこのような企画を行い、拠点病院を中心とした各施設のレベルアップに貢献していきたいと考える。
[PR]
第6回緩和医療に関する集中セミナーin香川

日時:平成22年12月18日(土) 9:20-16:50
場所:サンメッセ香川1階小展示場
     (香川県高松市)
参加者:151名

「緩和ケアの現状と将来」
 松岡順治 
 (岡山大学大学院医歯薬学総合研究科緩和医療学講座教授)
「C型肝炎と肝細胞がんの診断と治療」f0235535_15242624.jpg
 正木勉 
 (香川大学医学部消化器・神経内科学教授)
「緩和医療における放射線治療の役割」
 木村智樹 
 (広島大学病院放射線治療科助教)
「在宅ホスピスを考える」
 山口龍彦 
 (高知厚生病院副院長)
「スピリチャルケア」
 佐藤泰子
 (京都大学大学院人間・環境学研究科)

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科緩和医療学講座教授 松岡順治先生より緩和ケアの現状と将来について、香川大学医学部消化器・神経内科学教授 正木勉先生、広島大学病院放射線治療科助教 木村智樹先生より治療の現状について講演をいただいた。引き続き、高知厚生病院副院長 山口龍彦先生より在宅ホスピスについて、京都大学大学院人間・環境学研究科 佐藤泰子先生よりスピリチュアルケアについて講演をいただいた。
講演は興味深く、勉強になったとの評価を得たが、スピリチュアルケアについてもう少し詳しく聞きたいとの意見もあった。
[PR]
平成22年度第6回インテンシブコースセミナー
山口大学腫瘍センターセミナー

日時:平成22年12月16日(木) 18:00-19:30 f0235535_11494055.jpg
場所:山口大学医学部霜仁会館3階 多目的室
参加者:59名

『NSTセミナー』
「がん患者におけるNSTのかかわり
         ~医師の立場から~ 」
 山口大学大学院医学系研究科 
  消化器・腫瘍外科学 武田茂先生
「がん患者におけるNSTのかかわり
        ~薬剤師の立場から~ 」
 山口大学医学部附属病院 薬剤部 大坪泰昭先生
「がん患者におけるNSTのかかわり
        ~栄養士の立場から~ 」
 山口大学医学部附属病院 栄養治療部 有冨早苗先生
「がん患者におけるNSTのかかわり
        ~看護師の立場から~ 」
 山口大学医学部附属病院 看護部 丸田順子先生
 山口大学医学部附属病院 看護部 中村由子先生

「がん患者におけるNSTのかかわり」について開催された。NSTでは定期的にカンファレンスやレクチャーを行っている。講演では、がん患者の栄養とのかかわりにおけるNSTの運営、役割、活動報告、今後の課題について各専門的立場の医師、看護師、薬剤師、栄養士らが発表した。中でも、栄養療法や薬剤の適正使用、栄養管理や栄養治療等について詳しく述べられた。 共通して、栄養管理はすべての治療法の基盤であり、栄養状態がいかに患者の症状に影響するかということを強調された。会場には多職種からの参加があり、NSTの活動も広く普及でき、広報にもつながる有意義なセミナーであった。
[PR]
がんプロ事務局では毎週月曜日に定例会議を開催しています。

日時:平成22年12月13日(月)8:30~
場所:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 管理棟2階 医学部会議室

議題
1.合同フォーラムについて
(1/25 事例報告、パネルディスカッション、ポスターセッション)
2.市民公開講座について
3.平成22年度予算の執行状況について
[PR]
by chushiganpro | 2010-12-13 08:30 | Comments(0)
がんプロ事務局では毎週月曜日に定例会議を開催しています。

日時:平成22年12月6日(月)8:30~
場所:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 管理棟2階 医学部会議室

議題
1.コンソーシアム協議会(12/1)について
2.市民公開講座(2/5予定)について
3.平成23年度シラバスについて
4.平成22年度予算の執行状況について
[PR]
by chushiganpro | 2010-12-06 08:30 | Comments(0)
第2回高知口腔ケアフォーラム

日時:平成22年12月5日(日)14:00-17:00f0235535_147161.jpg
場所:高新文化ホール(高知新聞放送会館 東館7階)
参加者:103名

講演「高知エリアの口腔ケアの取り組みについて」
 座長:高知大学医学部付属病院
     歯科口腔外科 教授 山本哲也先生
・演題1
「緩和ケア病棟における口腔ケアの実際
    ~アセスメントシートを使用して~」
 医療法人久会 図南病院緩和ケア病棟
   看護師 半田小百合先生
   看護師 安岡敬子先生
・演題2「癌治療において問題となる口腔状態・病変とその対策」
  高知大学医学部付属病院 歯科口腔外科 成川玄先生
特別講演
 座長:高知大学医学部付属病院
     がん治療センター部長 小林道也先生
「がん治療と口の管理について~口は災いの元?~」
 大阪府池田市立池田病院 歯科口腔外科 主任部長 大西徹郎先生

今回の第二回高知口腔ケアフォーラムでは、がん治療を支える口腔ケアについて講演を行いました。
2004年に院内有病者の口腔ケアセンターを立ちあげた大阪府池田市立池田病院歯科口腔外科の大西徹郎先生をお迎えし、がん治療における口腔ケアの実践や口腔ケアによる経済的効果などについてお話いただきました。
口腔の疾病予防・機能回復、健康の保持増進、QOLの保持増進を目指す口腔ケアの重要性はがん治療においてますます高まっており、高知県内の医療従事者のモチベーション向上に貢献したのではないかと思われます。
今後もこのような講演を行い、各施設のレベルアップに貢献していきたいと考えております。
[PR]
第3回徳島がん医療に携わる医師のためのコミュニケーション技術研修会
f0235535_11282663.jpg
日時:
1日目 平成22年12月4日(土) 10:00~18:00
2日目 平成22年12月5日(日) 9:00~16:00
場所:徳島大学医学部会議室及びスキルス・ラボ
参加資格:がん医療経験3年以上の医師

・研修内容
難治がん,再発,抗がん治療の中止など悪い知らせを
患者(小児では親)に伝えるロール・プレイ

3名の2つのグループに、ファシリテーターが各2名ついて1時間のロールプレイを8回実施した。3名グループでのロールプレイは、3人中2人が3回目のロールプレイが可能になり、より濃密な講習となった。

参加者の声
・普段気が付かない自分の癖のようなものも気が付いた。ここで学んだSHAREを臨床で使ってみたい。
・自分流に良いと思って行なっていたことが、理論的に振り返れて良かった。
[PR]