<   2010年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

平成22年度第2回岡山大学医学物理士インテンシブコース地域連携セミナー

日時:平成22年7月29日(木) 18:30‐20:00
場所:公立学校共済組合中国中央病院f0235535_10385948.jpg
     放射線科放射線治療部門会議室
    (広島県福山市)
参加者:10名

座長:
中国中央病院放射線科主任診療放射線技師 藤井康志
「TG-142 各論解説」
 福山市民病院 放射線科 羽原弘士
 中国中央病院 放射線科 相良真吾、藤井康志
 尾道総合病院 放射線科 岩本一宏
 三原日赤病院 放射線科 米田晋司
「AAPM2010海外報告」
 岡山大学保健学研究科 笈田将皇
ディスカッション

今回のセミナーでは、海外のガイドラインを分担して邦訳し、発表しました。少人数による議論を重視した勉強は非常に効果的であります。今後も地域での開催を念頭に、より実務的なテーマで中国・四国地区全体のレベルアップを考えたセミナー活動を展開していき、地方各地で情報共有・人材育成に貢献できればと考えております。
[PR]
消化器がん内視鏡手術セミナー

日時:平成22年7月29日(木)18:30-
場所:高知大学医学部 低侵襲手術・教育トレーニングセンターf0235535_1542466.jpg 
    (基礎臨床研究棟2階)
参加者:37名

司会:小林道也(がん治療センター部長)
「食道癌に対する胸腔鏡下手術」
 外科(一)北川 博之
「胃癌に対する腹腔鏡手術」
 外科(一)並川 努
「大腸癌における単孔式腹腔鏡手術」
 外科(一)駄場中 研

近年、内視鏡外科手術は手術機器類の進歩や技術の革新により、めざましい発展を続け、多くの外科手術に取り入れられています。そこで今回、消化器がん内視鏡手術セミナーを高知大学医学部低侵襲手術・教育トレーニングセンターで開催いたしました。
 食道癌、胃癌、大腸癌に対する低侵襲を目指した現行の内視鏡手術の実際から、今後の展望についての講演があり、医師、看護師をはじめ様々なコメディカルの方々にも参加していただき、横断的な議論もなされ、大変有意義な時間を過ごすことができました。
[PR]
がんプロ事務局では毎週月曜日に定例会議を開催しています。

日時:平成22年7月26日(月)8:30~
場所:岡山大学大学院医歯薬総合研究科 管理棟2階 医学部会議室

議題
1.行政事業レビューについて
2.がんプロ合同演習(8/20-21)について
3.季刊誌について
4.海外FD研修について
5.その他
[PR]
by chushiganpro | 2010-07-26 08:30 | Comments(0)
平成22年度第1回がん看護専門看護師コースWG講演会

がん看護専門看護師のエキスパートネスf0235535_1056848.jpg
~治療過程を支える高度な看護実践~

日時:平成22年7月19日(月・祝) 13:00‐16:30
場所:岡山コンベンションセンター2階レセプションホール
参加者:193名

「がん手術療法の過程に焦点をあてた看護実践」
 松原 康美 氏(北里大学東病院)
「がん化学療法の過程に焦点をあてた看護実践」
 矢ケ崎 香 氏(慶応義塾大学)
「がん放射線治療の過程に焦点をあてた看護実践」
 大村 知美 氏(山口県立総合医療センター)

平成21年度の外部評価において「治療過程にあるがん患者の看護についてもう少し力を注ぐように」との指導をいただいたことを受け、平成22年度はがん治療過程と関連したサブテーマで講演会を開催することにいたしました。
第1回となる今回は3名のがん看護CNSを講師にお迎えし、上記のテーマで講演をいただきました。参加者はそれぞれの講演からがん看護専門看護師のイメージを具体的に広げ、治療過程における具体的な看護実践内容からその専門性・卓越性を理解することができ、また事例や質疑応答を通じて今実践現場で困難を感じている看護援助の方法についての助言を得ることができたのではないかと考えます。
[PR]
平成22年度第2回がんプロフェッショナルインテンシブコース講演会f0235535_14182252.jpg

日時:平成22年7月16日(金)17:30‐19:00
場所:愛媛大学医学部 臨床第2講義室

・基調講演
「最新の大腸がん化学療法と
      外来化学療法室チームの取り組み」
愛媛大学医学部附属病院 レジメン委員/薬剤部
 河添 仁 先生
・特別講演
座長:
愛媛大学医学部附属病院 腫瘍センター センター長
 薬師神 芳洋 先生
「抗悪性腫瘍薬治療法の安全管理対策」
大阪医科大学病院 化学療法センター センター長
 瀧内 比呂也 先生

本院の薬剤部河添仁先生より、最新の薬剤についての説明と本院の外来化学療法室の体制について基調報告がありました。薬師神芳洋腫瘍センター長の司会で講演が始まり、瀧内先生からは、海外での豊富なご経験と大阪医科大学病院における事例を踏まえ、大腸がん治療ガイドラインに基づいたスライドを用いて薬剤を引き起こす嘔吐などの副作用について説明がありました。
講演会に参加した学生を含む医療関係者は、皆さんメモを取りながら傾聴し、講演会終了後活発に質疑応答が繰り広げられるなど、安全な治療を行っていくためには、改めてチーム医療体制の大切さがうかがえる貴重な講演会となりました。
[PR]
がんプロ事務局では毎週月曜日に定例会議を開催しています。

日時:平成22年7月12日(月)8:30~
場所:岡山大学大学院医歯薬総合研究科 管理棟2階 医学部会議室

議題
1.がんプロ合同演習(8/20-21)について
2.eラーニングについて(他大学で収録されたコンテンツの視聴状況)
3.季刊誌について
4.海外FD研修について
5.その他
[PR]
by chushiganpro | 2010-07-12 08:30 | Comments(0)
平成22年度岡山大学医学物理士インテンシブコース 第1回医学物理士コースFDセミナー

日時:平成22年7月11日(日)14:15-16:20
場所:岡山大学大学院保健学研究科 保健学科棟4階401号室
参加者:62名(医師:2名、放射線技師(医学物理士有9名、無48名、学生3名)

特別講演   座長 徳島大学ヘルスバイオサイエンス研究部 富永正英
「九州がんセンターの放射線治療~160MLCの使用経験~」
演者:九州がんセンター放射線治療部 大浦弘樹

教育セミナー 司会 倉敷中央病院放射線センター 山田誠一
「平成21年度 海外特別研修報告」
報告者:岡山大学大学院保健学研究科 笈田将皇
    岡山大学病院医療技術部   大塚裕太
    倉敷中央病院放射線センター 園田泰章


今回のインテンシブコースは臨床の最新情報に重点を置いており、新鮮な内容となりました。
講師に対する満足度など、アンケート結果からみる講演会の評価も非常に良好でありました。例年通り、新人から経験者に至るまで幅広い層の参加者がいるため、受講生の水準を考慮しモチベーションアップにつながる、レベルにあった対応ができるようなセミナーを企画していきたいと思います。
[PR]
第5回 緩和医療に関する集中セミナーin香川f0235535_14502387.jpg

日時:平成22年7月10日(土) 9:20-17:00
場所:アルファあなぶきホール
    (香川県高松市)
参加者: 217名

「医療チームによる緩和ケア」
 東札幌病院 理事長 石谷邦彦先生
「スピリチュアルケアとチャプレンの役割」
 東札幌病院 チャプレン 小西達也先生
「こころと暮らしを支える緩和ケアの地域連携」
 東札幌病院 MSW 田村里子先生
「胃がんの化学療法 up to date」
 徳島大学大学院 消化器内科学教授 高山哲治先生
「緩和ケアとリハビリテーション」
 香川大学医学部附属病院 理学療法士 田仲勝一先生

緩和医療の先駆的取り組みで知られる東札幌病院より3名の講師をお招きし、東札幌病院における取組の現状について講演をいただきました。つづいて、徳島大学の高山先生、香川大学医学部付属病院の田仲先生より治療の現状についてお話しいただきました。アンケートでは、看護師の講演も加えてほしい、という意見もありましたが、おおむね好評で、総評価でも90%以上の方から良い評価をいただきました。
[PR]
大学院臨床腫瘍学教育課程セミナーf0235535_151425.jpg

日時:平成22年7月9日(金)17:00‐19:00
場所:徳島大学医学部講義棟2階 青藍講堂
参加者:60名

「がんの増殖・耐性と血管新生に関与する
     2つの標的分子」
 桑野信彦教授(九州大学薬学研究院)
「泌尿器がんの分子診断と分子標的治療」
 中川昌之教授(鹿児島大学泌尿器科)

桑野先生には、腫瘍の増殖と転移に関係した2つの蛋白質について、基礎から臨床までの豊富なデータを開示して説明いただきました。がん化の複雑な分子機構について理解を深めるとともに治療のための分子標的としての可能性を考察することができました。
中川先生には、泌尿器科領域の疾患、特に膀胱がんの診断に、ある種のマイクロRNAが有用であることを教えていただき、今後、診断・治療の両面で注目されると考えられるマイクロRNAについて理解を深めることができました。
各演者に対して多くの質問があり、活発な議論がなされ、参加者にも好評でありました。
[PR]
緩和療法医コース WG

日時:平成22年7月9日(金) 16:00-17:00
場所:アルファあなぶきホール 第一会議室
    (香川県高松市)

議事内容
1.平成21年度実績および特色のある取り組みについて
2.平成22年度の計画について
3.専門医取得について
4.海外FD研修への派遣
5.その他
[PR]