カテゴリ:インテンシブ( 509 )

平成30年度第2回愛媛大学がんプロフェッショナル養成インテンシブコース講習会
第38回愛媛大学腫瘍センター講演会
テーマ:がんゲノム医療の現状と進展~がんゲノム連携病院として知っておきたいこと~

f0235535_10533434.jpg日 時:平成30年7月13日(金) 17:30~19:00
場 所:愛媛大学医学部附属病院 臨床第2講義室
参加者:42 名

講演
講演①17:30~18:20
座長:愛媛大学大学院医学系研究科 小児科学 准教授
   江口 真理子

f0235535_10533408.jpg演題:「がんゲノム医療の現状と進展
    -クリニカルシークエンスの試みと課題-」

演者:国立がん研究センター中央病院
   先端医療科長/呼吸器内科医長/研究実施管理部長
   山本 昇 先生

講演②18:20~18:50
座長:愛媛大学医学部附属病院 総合診療サポートセンター
   /愛媛大学大学院医学系研究科 消化器・内分泌・代謝内科学 准教授
    廣岡 昌史

演題:「がんゲノム医療 ~国立がん研究センター中央病院 相談支援の実際~」

演者:国立がん研究センター中央病院 相談支援センターがん専門相談員
   諸井 夏子 先生

総合討論・質疑応答 18:50~19:00

閉会の辞:愛媛大学大学院医学系研究科 臨床腫瘍学講座 教授 薬師神 芳洋

国立がん研究センター中央病院 先端医療科長の山本昇先生、同病院 相談支援センターの諸井夏子先生をお迎えし、第38回愛媛大学腫瘍センター講演会を開催しました。「がんゲノム医療の現状と進展~がんゲノム連携病院として知っておきたいこと~」を副題とし、山本昇先生による「がんゲノム医療の現状と進展ークリニカルシークエンスの試みと課題ー」、諸井夏子先生による「がんゲノム医療~国立がん研究センター中央病院 相談支援の実際~」と題したご講演でした。本講演会では、NCCオンコパネル(腫瘍組織での遺伝子異常を検出する検査システム)の立ち上げから運用まで主要な役割を担っている山本昇先生から、この研究(現在高度先進医療Bとして全国展開中)が、なぜ国内で必要となったのか、また、どういったがん患者さんに恩恵があるのか、そして今後の本研究の展望をお話し頂きました。引き続き、国立がん研究センター中央病院で、患者さんやそのご家族に対する相談支援業務に携わる諸井夏子先生から、このプロジェクトでの相談支援業務のポイントや、心がける内容を丁寧にご指導頂きました。ゲノム医療は現在全国に展開しているがんプロジェクトであり、他職種による介入がより重要な事業でもあります。そのため、ゲノム医療に通じるこう言った講演会では、事務職も含めた幅広い内容を網羅する必要があります。今回、ゲノム医療の開発までの経緯や今後の進展、更に相談支援の内容を盛り込んだ内容は非常にタイムリーであったと考えます。本年度からこのNCCオンコパネルは愛媛大学でも稼働し、高度先進医療Bが開始されます。本講演会を通じ多くの有益な知識が得られたものと思われます。
[PR]
平成30年度第13回がんプロ国際セミナー

f0235535_09553186.jpgテーマ:地域医療について
日 時:平成30年7月6日(金)18:30~
場 所:高知大学医学部
    低侵襲手術教育・トレーニングセンター
   (レジデントハウス1階)
参加者:13名

内 容:
f0235535_09553028.jpgハワイ大学医学部学生とがんプロ学生・医学部学生が、ハワイと高知の地域医療・在宅医療について英語でプレゼンテーションおよびディスカッションします。

本セミナーでは、毎回ハワイと高知の地域医療・在宅医療について英語でプレゼンテーションおよびディスカッションをしています。参加者からは、「生きた英語に触れるよい機会であった。」「非常によい発表だった。」などの感想がありました。
[PR]
第4回山口大学がんプロCNS事例検討会

日 時:平成30年6月29日(金)17:00~19:00
場 所:山口大学医学部実習棟A 2階 テュートリアル室
参加者:6名

司会:山口大学大学院医学系研究科
   保健学専攻 教授 齊田 菜穂子 先生

演題:「専門看護師が経験する事例とその視点」

講師:久留米大学病院 医療連携センター
   がん看護専門看護師 原 美穂 先生

この度、久留米大学病院からがん看護専門看護師の原美穂先生をお招きし、第4回山口大学がんプロCNS事例検討会を開催した。院内・学内から6名の参加があった。事例検討会では、がん看護専門看護師の資格取得を目指している参加者から看護実践報告書の提示があり、その後、書き方や内容について原先生に助言・指導いただいた。参加者と講師の間では活発な質疑応答があり、大変盛会であった。

f0235535_17054546.jpg
f0235535_17054547.jpg
f0235535_17054311.jpg


[PR]
平成30年度第2回がん治療スキルアップセミナー
第15回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会

日 時:平成30年6月20日(水)17:30~18:30
場 所:山口大学医学部附属病院 新中央診療棟1階 多目的室1
参加者:31名

17:30~18:30 事例検討

「地域の緩和ケア病棟と在宅医の連携により希望する自宅での看取りが実現した舌がん事例」
  山口大学医学部附属病院 歯科口腔外科 堀永 大樹 先生
  山口大学医学部附属病院 看護部 今中 麻友美 先生
  下関市立市民病院 緩和ケア内科 牧野 一郎 先生

この度、第15回宇部・小野田圏域緩和ケア事例検討会が開催された。この事例検討会は、切れ目のない緩和ケアを実現するために、事例検討を通じて顔の見える緩和ケア連携体制の構築及び連携強化を図ることを目的としており、院内外の医師、看護師、MSW、臨床心理士など31名の参加があった。当院の腫瘍センター吉野茂文副センター長より開会の挨拶があり、当院の緩和ケアセンター山縣裕史医師を司会として、各施設より事例提示があった後、グループ形式で討議を行った。グループ討議では、様々な視点から活発に意見が出され、大変有意義な検討会となった。参加者の方からは、「事例の振り返りにより退院後の患者さんの様子や、どのように対応されていたかが分かり、とてもよい学びとなった。今後の看護に活かしていきたいと思います。」や「口腔外科では受け入れ先の選択に苦慮することが多いが、診療科の枠を超えて調整できる架け橋ができた気がします。今後のよりよい連携ができたらと思います。」などの意見が寄せられた。

f0235535_17181535.jpg
f0235535_17181584.jpg
f0235535_17181569.jpg


[PR]
自己免疫疾患関連副作用(irAE)マネジメント勉強会
テーマ:大腸炎
(平成30年度第1回愛媛大学がんプロフェッショナル養成インテンシブコース講習会)

f0235535_14322017.jpg日 時:平成30年6月13日(水) 18:00~19:00
場 所:愛媛大学医学部附属病院 地域医療支援センター 1F講義室
参加者:41 名

講演
前回の勉強会の振り返り(間質性肺疾患)
愛媛大学医学部附属病院 腫瘍センター 朝井 洋晶 先生

f0235535_14322035.jpg総合司会:愛媛大学医学部附属病院 腫瘍センター 朝井 洋晶 先生

「炎症性腸疾患の診断と治療について」
愛媛大学医学部附属病院 地域消化器免疫医療学 竹下 英次 先生

質疑応答

非小細胞肺癌、悪性黒色腫、腎細胞癌、古典的ホジキンリンパ腫、頭頚部癌など様々ながん腫で免疫チェックポイント阻害剤の有効性が示されたが、今までの殺細胞性抗がん剤では見られなかった自己免疫疾患様の有害事象が起こり得ます。今回は、免疫チェックポイント阻害剤による自己免疫疾患関連有害事象の一つである大腸炎について、自己免疫性腸炎疾患である、潰瘍性大腸炎、クローン病について診察、診断に必要な検査、治療法について、最後に免疫チェックポイント阻害剤投与中の大腸炎について他施設での経験例を踏まえ、当院の消化器内科専門医である竹下医師にご講演いただきました。
今回のセミナーは、全体にわたって活発な質疑応答がされ知識を深めることに十分役立ったと考えられます。今回も、下痢、腹痛、下血など本病態を疑う場合には感染症の鑑別と同時にステロイドを含む治療を考慮すること、また、消化管内視鏡検査では消化管穿孔のリスクもあることから、CT評価が望ましいこと等を情報共有しました。今後他の有害事象についても継続的な勉強会を開催する予定です。
[PR]
平成30年度第11回岡山大学医学物理コース(インテンシブ)地域連携セミナー

日 時:平成30年5月31日(木)16:30~18:00
場 所:岡山大学大学院保健学研究科 総合教育研究棟8F リフレッシュルーム
参加者:5名

講演
座長:岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

16:30~17:30
「放射線治療品質管理基礎技術7(放射線の線質と管理)」
           岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

17:30~18:00 フリーディスカッション

本セミナー、インテンシブコースとして市内の関連病院や院内スタッフ・大学院生等を対象に、海外の教科書(Physics of Radiation Therapy)を用いて系統立てたセミナーを企画しています。今回のセミナーではChapter7を中心に、半価層と濾過、放射線線質の決定法、エネルギースペクトル測定などについて解説がなされました。大学院生が参加者の大部分を占めましたが、全員、熱心に英語を読み説く姿勢が見られました。
参加者からは「一昨年より海外の教科書を用いて系統立てられたセミナーが企画されていますが、放射線治療に必要とされる物理計測や管理の知識として、臨床で必要とされる内容を解説して頂きました。」「日常臨床では、基礎や海外の情報などを得る機会が少なく、こうしたセミナーを通じて、系統立てて学べることは有意義だと思います。」「ディスカッションでは問題演習などを行ったりすることで、医学物理士試験など資格取得に向けた勉強と対策に有用でした。」などの感想が聞かれました。
[PR]
平成30年度第10回岡山大学医学物理コース(インテンシブ)地域連携セミナー

日 時:平成30年5月29日(火)18:00~19:30
場 所:岡山大学大学院保健学研究科 総合教育研究棟8F リフレッシュルーム
参加者:5名

講演
座長:岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

18:00~19:00
「放射線治療品質管理基礎技術6B(線量計の特性)」
           岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

19:00~19:30 フリーディスカッション

本セミナー、インテンシブコースとして市内の関連病院や院内スタッフ・大学院生等を対象に、海外の教科書(Physics of Radiation Therapy)を用いて系統立てたセミナーを企画しています。今回のセミナーではChapter6を中心に、電離箱線量計を利用した電離放射線の計測法などについて解説がなされました。大学院生が参加者の大部分を占めましたが、全員、熱心に英語を読み説く姿勢が見られました。
参加者からは「一昨年より海外の教科書を用いて系統立てられたセミナーが企画されていますが、放射線治療に必要とされる物理計測や管理の知識として、臨床で必要とされる内容を解説して頂きました。」「日常臨床では、基礎や海外の情報などを得る機会が少なく、こうしたセミナーを通じて、系統立てて学べることは有意義だと思います。」「ディスカッションでは問題演習などを行ったりすることで、医学物理士試験など資格取得に向けた勉強と対策に有用でした。」などの感想が聞かれました。
[PR]
平成30年度第9回岡山大学医学物理コース(インテンシブ)地域連携セミナー

日 時:平成30年5月24日(木)16:30~18:00
場 所:岡山大学大学院保健学研究科 総合教育研究棟8F リフレッシュルーム
参加者:5名

講演
座長:岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

16:30~17:30
「放射線治療品質管理基礎技術6A(線量計の特性)」
           岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

17:30~18:00 フリーディスカッション

本セミナー、インテンシブコースとして市内の関連病院や院内スタッフ・大学院生等を対象に、海外の教科書(Physics of Radiation Therapy)を用いて系統立てたセミナーを企画しています。今回のセミナーではChapter6を中心に、放射線量の単位、電離箱の構造、電位計の構造などについて解説がなされました。大学院生が参加者の大部分を占めましたが、全員、熱心に英語を読み説く姿勢が見られました。
参加者からは「一昨年より海外の教科書を用いて系統立てられたセミナーが企画されていますが、放射線治療に必要とされる物理計測や管理の知識として、臨床で必要とされる内容を解説して頂きました。」「日常臨床では、基礎や海外の情報などを得る機会が少なく、こうしたセミナーを通じて、系統立てて学べることは有意義だと思います。」「ディスカッションでは問題演習などを行ったりすることで、医学物理士試験など資格取得に向けた勉強と対策に有用でした。」などの感想が聞かれました。
[PR]
平成30年度第8回岡山大学医学物理コース(インテンシブ)地域連携セミナー

日 時:平成30年5月15日(火)18:00~19:30
場 所:岡山大学大学院保健学研究科 総合教育研究棟8F リフレッシュルーム
参加者:5名

講演
座長:岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

18:00~19:00
「放射線治療品質管理基礎技術5B(電離相互作用)」 
          岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

19:00~19:30 フリーディスカッション

本セミナー、インテンシブコースとして市内の関連病院や院内スタッフ・大学院生等を対象に、海外の教科書(Physics of Radiation Therapy)を用いて系統立てたセミナーを企画しています。今回のセミナーではChapter5を中心に、放射線の物理特性、光子・中性子の相互作用などについて解説がなされました。大学院生が参加者の大部分を占めましたが、全員、熱心に英語を読み説く姿勢が見られました。
参加者からは「一昨年より海外の教科書を用いて系統立てられたセミナーが企画されていますが、放射線治療に必要とされる物理計測や管理の知識として、臨床で必要とされる内容を解説して頂きました。」「日常臨床では、基礎や海外の情報などを得る機会が少なく、こうしたセミナーを通じて、系統立てて学べることは有意義だと思います。」「ディスカッションでは問題演習などを行ったりすることで、医学物理士試験など資格取得に向けた勉強と対策に有用でした。」などの感想が聞かれました。
[PR]

平成30年度第7回岡山大学医学物理コース(インテンシブ)地域連携セミナー
f0235535_11050005.jpg

日 時:平成30年5月11日(金)18:00~19:30
場 所:津山中央病院がん陽子線治療センター 治療計画室
参加者:8名

講演
座長:岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

18:00~19:00
「Intra-fraction setup errorにおける線量分布への影響」
           岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

19:00~19:30 フリーディスカッション

本セミナーはインテンシブコースとして、出前講義として津山市内の関連病院や院内スタッフ等を対象に、放射線治療技術に関するセミナーを開催致しました。今回のセミナー企画は今年度に入って第2回目であり、Intra-fraction setup errorにおける線量分布への影響と題して、陽子線治療における体内臓器の呼吸性移動による影響とその対策などについて概説しました。少人数でしたが、熱心に質疑応答をして頂きました。
参加者からは「今回のセミナーでは、陽子線治療の照射精度と呼吸性移動の技術的課題に関する講義であり、特に陽子線スキャン技術と呼吸性移動の関係性に関して、文献考察が必要な場合が多く、実際の臨床治療計画では、その計算特性を十分に理解した上で使う必要があることから、今後、当院でも対応していかなければならない技術的課題であると認識しています。」「講義の中では基本的なことから応用事例まで幅広く議論することができ、情報共有することができました。」「臨床現場では様々な課題がありますが、今後も継続的に県北での開催を企画して頂き、多くの人が参加できるような環境を目指して頂きたいです。」などの感想が聞かれました。
[PR]