平成29年度第6回インテンシブコース(在宅がん医療・緩和医療)在宅がん医療講演会

平成29年度第6回インテンシブコース(在宅がん医療・緩和医療)在宅がん医療講演会

日 時:平成30年2月23日(金)18:30~20:30
場 所:ザクラウンパレス新阪急高知 4階 フローラ
参加者:36名
f0235535_11283784.jpg
司会・挨拶 高知大学医学部医療学(公衆衛生学)講座
      宮野 伊知郎

18:30 開会挨拶

18:35「退職に関する基礎知識」
講師:独立行政法人 労働者健康安全機構
   高知産業保健総合支援センター 副所長
f0235535_11290320.jpg   吉本 雄一 氏

18:55「治療と職業生活の両立支援とは?
    ~ガイドラインから支援事例まで~」
講師:医療法人精華園 海辺の杜ホスピタル 健康推進室長
   高知産業保健総合支援センター 両立支援促進員
   槇本 宏子 氏

20:25 閉会挨拶

 本講演会では、両立支援に焦点を当ててご講演いただきました。導入として高知産業保健総合支援センター副所長の吉本雄一氏に「退職に関する基礎知識」と題して、解雇と退職の違いや退職における自己都合退職と会社からの退職勧奨の違いについてお話しいただいた後、医療法人精華園海辺の杜ホスピタル健康推進室長であり、高知産業保健総合支援センター両立支援促進員でもある槇本宏子氏を講師としてお招きし、「治療と職業生活の両立支援とは?~ガイドラインから支援事例まで~」と題して、就労支援における課題をガイドラインや実際の事例を交えてご講演いただきました。
 参加者からは、「両立支援について話が聞けて、勉強になった」「現在の自分の立場で何ができるのかを考えた」など、それぞれの立場での学びがあったようです。
[PR]
by chushiganpro | 2018-02-23 11:28 | インテンシブ | Comments(0)