平成29年度臨床腫瘍外科学コース講演会

平成29年度臨床腫瘍外科学コース講演会f0235535_14531478.jpg
「Meet the expert~帯電性マイクロ・ナノバブルの研究~」

日 時:平成30年2月7日(水)17:00~18:30
場 所:徳島大学大塚講堂 2階 小ホール
    徳島市蔵本町2-50-1
参加者:29名

f0235535_14532401.jpg「帯電性マイクロ・ナノバブルの医療応用:
         不可能が可能となる医学領域とは」
   九州大学先端医療イノベーションセンター
   プロジェクト部門 
   特任教授 大平 猛 先生


 帯電させたマイクロバブル、ナノバブルを作成するとともに、それぞれの殺菌性、洗浄性の有効性を理論と動画を用いてわかりやすく説明し、効果を判定・証明する方法・装置を開発してエビデンスを示された。さらに今後の可能性として、感染や、癌治療の医療分野だけでなく、農業、工業、宇宙など様々な場面での有効性を示された。
参加者からは、「研究者として基本姿勢である、ゆるぎないエビデンスをしっかりと証明することが大変よく分かった」「医工連携の重要性がよく理解できた」「マイクロ・ナノバブルを帯電させることの意味が非常に理解できた」「今後のがん治療研究への可能性が十分感じられた」との声があった。

[PR]
by chushiganpro | 2018-02-07 14:51 | 講演会 | Comments(0)