第45回徳島大学薬学部卒後教育公開講座

第45回徳島大学薬学部卒後教育公開講座

日 時:平成29年12月3日(日) 15:30~17:00
f0235535_13274670.jpg場 所:徳島大学長井記念ホールおよび薬学部スタジオプラザ
参加者:212名

講演
「癌の痛みをいかにして緩和するか?」
 ―モデル患者を用いた疼痛緩和シミュレーション―
   千葉科学大学薬学部 非常勤講師
   真野 徹 先生

千葉科学大学薬学部非常勤講師の真野徹先生より「癌の痛みをいかにして緩和するか?」という内容について、1「患者さんが持つモルヒネへの不安」、2「モルヒネで鎮痛できる患者モデル」、3「モルヒネが効きにくい患者モデル」、等の項目に対し、具体的な事例、および治療法を挙げながら実践的内容の講演があった。
参加者からは「講師の知識・経験量とも膨大で、楽しんで聞くことができた」「実用的な講演だった」「非常にわかりやすくて面白い講演だった」という意見や「内容について実際に使えるもので、とても参考になった。プレゼンも素晴らしかった」という意見をいただいた。
[PR]
by chushiganpro | 2017-12-03 11:52 | 講演会 | Comments(0)