平成29年度第2回愛媛大学がんプロフェッショナル養成インテンシブコース講習会

平成29年度第2回愛媛大学がんプロフェッショナル養成インテンシブコース講習会f0235535_16223595.jpg
第37回愛媛大学腫瘍センター講演会

日 時:平成29年10月4日(水) 17:45~19:15
場 所:愛媛大学医学部 臨床第2講義室
参加者:46 名


講演
座長:愛媛大学医学部附属病院
   第二内科 特任講師 濱口 直彦
f0235535_16224474.jpg

演題:「免疫チェックポイント阻害剤を使いこなす
             ~肺癌治療における実践~」

演者:国立がん研究センター中央病院
   呼吸器内科 医長 堀之内 秀仁

閉会の辞:愛媛大学大学院医学系研究科
     臨床腫瘍学講座 教授 薬師神 芳洋


国立がん研究センター中央病院呼吸器内科医長の堀之内秀仁先生をお迎えし、「免疫チェックポイント阻害剤を使いこなす~肺癌治療における実践~」と題した講演会を開催しました。堀之内秀仁先生は、本邦でのニボルマブの治験に携わった先生です。この御経験から、この薬剤が持つ効果、また予期せぬ副作用や医療経済までの様々な問題を、一つ一つ解説され、本薬剤の方向性を説明されました。将来、免疫チェックポイント阻害剤は、多くの癌腫において抗がん剤との併用が試みられる事になります。これを前提に、副作用の出現を早期に見分けるポイント(倦怠感や頭痛など何気ない不定愁訴を見逃してはいけない事)を解説され、可逆的・不可逆的副作用の内容や種類を挙げ、その対処法も解説されました。
参加者は、多くの経験を持つ第一線の医療者の話を真剣に拝聴し、今後の診療に生かすことが出来たものと考えられます。
[PR]
by chushiganpro | 2017-10-04 16:14 | インテンシブ | Comments(0)