平成28年度第9回徳島がん医療に携わる医師のためのコミュニケーション技術研修会

平成28年度第9回徳島がん医療に携わる医師のためのコミュニケーション技術研修会
f0235535_16324989.jpg
日 時:平成29年1月14日(土) 10:00~18:00
    平成29年1月15日(日) 9:00~15:00 
場 所:徳島大学総合研究棟2階 スキルス・ラボ
参加者:10名

内 容:
難治がん、再発、抗がん治療の中止など
悪い知らせを患者(小児では親)に伝えるロールプレイ

募集定員20名で開催を計画した。例年受講者集めに苦労しており、今年度も実質8名2グループの予定で企画を進め、最終的に3名の申し込みを頂いた。参加された3名は1名が20代、2名が30代であった。若手の医師は経験が浅く、最初はアイコンタクトが取れない、SPさんの話を遮ったりするなど告知が難しいと考えられたが、他の医師の良いところを素直に取り入れ、驚くほどの成長を遂げられた。30代の2名は自身の告知スタイルを持たれていたり、ガイドラインに沿って淡々と進められるスタイルであったが、2日目には本来の木訥としたスタイルの良さを発揮され、自身の鎧を脱ぎ、情を含めたコミュニケーション・スタイルに変化された。いずれも自身の行動形態を変えられ、SPさんとの関係が変わるのを実感して頂いた。今後の活躍が大いに期待されるものとなった。
参加者からも「SPさんの実際の臨床現場を彷彿とさせる演技に驚きました。演技に没入出来ました」「これからの自分の自信に繋がります」と、いずれも高評価を頂いた。
[PR]
by chushiganpro | 2017-01-14 10:00 | 講演会 | Comments(0)