平成28年度第2回愛媛大学がんプロフェッショナル養成インテンシブコース講習会

平成28年度第2回愛媛大学がんプロフェッショナル養成インテンシブコース講習会
第36回愛媛大学医学部附属病院腫瘍センター講演会

日 時:平成28年10月3日(月) 16:30~18:00
場 所:愛媛大学医学部40周年記念講堂
参加者:87名
f0235535_16161336.jpg
講演
司会:愛媛大学大学院医学系研究科看護学専攻
   基盤・実践看護学講座 教授 乗松 貞子

座長:愛媛大学大学院医学系研究科看護学専攻 
   地域健康システム看護学講座 准教授 田中 久美子

「治療が難しくなった患者さん・家族への支援」
   めぐみ在宅クリニック 院長 小澤 竹俊 先生

めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生をお迎えして「治療が難しくなった患者さん・家族への支援」と題して講演会を開催しました。講演では、対象者の苦しみに気づくこと、その苦しみに寄り添うことが重要であることが説明されました。また、苦しみに寄り添うためには「対象者が援助者のことを理解者だと思う」ことができるように援助的コミュニケーションを学び、実践できることが重要であると強調して話されました。さらに、生きる支えとなる「人を支える3本の柱」についても説明され、「スピリチュアルな苦しみ」の中で生きる対象者を支えることの重要性が話されました。
参加者からは、「講義は理解しやすく、講演中に話された内容や映像を見て感動した」「今まで対象者が解決できない苦しみを訴えてきた時何もできなかったが、本日の講演を聞いて、聴くことが重要であることが理解できた」等の感想があり、高評価でした。
[PR]
by chushiganpro | 2016-10-03 16:30 | インテンシブ | Comments(0)