人気ブログランキング |
広島大学病院 がん医療従事者研修会

日 時:令和3年1月22日(金)18:30~20:00
場 所:広島大学病院 臨床管理棟3階 大会議室 および Zoom
参加者:39名

講演1
座長:広島大学病院 がん治療センター 准教授 岡本 渉 先生

「消化器がん診療におけるリキッドバイオプシーの有用性」
  国立がん研究センター東病院 トランスレーショナルリサーチ支援室/消化管内科 中村 能章 先生

講演2
座長:広島大学病院 がん化学療法科 教授 杉山 一彦 先生

「医師に求められる主治医力、患者に求められる患者力、そして両者をつなぐ医療学」
  福島県立医科大学 白河総合診療アカデミー准教授  
  白河厚生総合病院 総合診療科部長 東 光久 先生

 今回は、講演1で「消化器がん診療におけるリキッドバイオプシーの有用性」をテーマに国立がん研究センター東病院トランスレーショナルリサーチ支援室/消化管内科、中村能章先生にご講演いただき、講演2では、「医師に求められる主治医力、患者に求められる患者力、そして両者をつなぐ医療学」をテーマに福島県立医科大学白河総合診療アカデミー純教授であり白河厚生総合病院総合診療科部長の東光久先生にご講演いただきました。
 参加者からは、「最新のEBMの講演から医療の礎になる心温まるお話まで、とても有意義であった」などの感想がありました。今後の診療に役立つか、今回の講演の満足度に関するアンケートでも100%の満足度と役立つとの結果でした。
令和2年度第9回岡山大学医学物理コース(インテンシブ)地域連携セミナー

日 時:令和3年1月19日(火)18:30~20:00
場 所:Zoomによるオンライン授業
参加者:11名

司会 岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科 笈田 将皇

18:30~19:30
「BNCT(硼素中性子捕捉療法)の物理工学的基礎」
  京都大学複合原子力科学研究所 櫻井 良憲 先生

19:30~20:00 フリーディスカッション

 本セミナーでは、市内の関連病院や院内スタッフ・大学院生等を対象に、BNCT(硼素中性子捕捉療法)の物理工学的基礎と題し、京都大学複合原子力研究所の櫻井良憲先生より講義して頂きました。セミナー講義では医療現場で利用されているBNCTに関する内容を中心に、その歴史と現状に至るまで様々な視点から応用事例を講義して頂き、今後の中性子医療の動向とともに将来展望について解説がなされました。大学院相当の内容にもかかわらず、専門資格の取得に向けて大学院生、社会人らが熱心に話を聞く姿勢が見られました。
 参加者からは「今回のセミナーではオンライン講義(Zoom)により医療現場で利用されているBNCTを中心に、基礎から臨床応用事例まで詳しくお話しして頂きました。さらにディスカッションを通じて、臨床では今後加速器ベースの中性子源の利用が進むとのことで、実践的な内容や臨床的課題について説明して頂きました。このようなセミナーを通じて、放射線治療技術や医学物理の実践について学ぶことができることは有意義だと思います」などの感想があった。
がんゲノム医療セミナー

日 時:令和3年1月13日(水)18:00~19:00
場 所:徳島大学病院 5階 日亜ホール white
    Zoom同時配信
参加者:20名

司会:消化器内科学 教授 高山 哲治

「抗癌剤感受性を予測する機能的なプロファイリング(BH3プロファイリング)について」
  北海道医療大学 予防医療科学センター 准教授 河野 豊 先生

 胃がんなどの消化器がんを薬剤にて処理するとアポトーシスにより死滅するが、その機序としてBH3関連蛋白が関与することを分かりやすく説明して頂いた。つまり、Bax, Bad, Bid, Bik, Bimなどには、BH3デスドメインがあり、これらが活性化されてアポトーシスを促進する。また、これらのBH3プロファイリングを用いてBH3関連蛋白の活性を調べることにより、各薬剤、各細胞(個人)のアポトーシス誘導の機序が明らかとなることになり、がんの個別化を進める上で重要な戦略となることが説明された。BH3プロファイリング方法に関する質問があったが、詳しくアッセイ方法を説明してくれた。
 参加者からは「大変分かりやすい講演内容であった。今後のがんの個別化医療に重要な役割を果たすことがよく分かった」などの感想が聞かれた。

がんゲノム医療セミナー_f0235535_13321037.jpg
がんゲノム医療セミナー_f0235535_13321077.jpg
がんゲノム医療セミナー_f0235535_13321031.jpg


令和2年度第8回岡山大学医学物理コース(インテンシブ)地域連携セミナー

日 時:令和3年1月5日(火)18:30~20:00
場 所:Zoomによるオンライン授業
参加者:9名

司会 岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科 笈田 将皇

18:30~19:30
「放射線治療品質管理基礎技術10(線量計算システム)」
「放射線治療品質管理基礎技術11(治療計画1:等線量曲線)」
  岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科 笈田 将皇

19:30~20:00 フリーディスカッション

 本セミナーはインテンシブコースとして市内の関連病院や院内スタッフ・大学院生等を対象に、海外の教科書(Physics of Radiation Therapy)を用いて、系統立てたセミナーを企画しています。今回のセミナーではChapter10、11を中心に、線量計算パラメータ、MU計算の応用、深部線量計算の実用的な方法、等線量曲線、等線量曲線の測定、等線量曲線のパラメータ、ウェッジフィルタ、照射野の組み合わせ、SAD法、ウェッジ照射、ICRUの定義などについて解説がなされました。大学院生が参加者の大部分を占めていますが、全員熱心に英語を読み説く姿勢が見られました。
 参加者からは、「3年前より海外の教科書を用いて系統立てられたセミナーが企画されていますが、放射線治療に必要とされる物理計測や管理の知識として、臨床で必要とされる内容を解説して頂きました」「日常臨床では、基礎や海外の情報などを得る機会が少なく、こうしたセミナーを通じて系統立てて学べることは有意義だと思います。ディスカッションでは問題演習などを行ったりすることで、医学物理士試験など資格取得に向けた勉強と対策に有用でした」などの感想がありました。
2020年度がん看護インテンシブコースⅡ がん高度実践看護師WG講演会 in Tokushima 

テーマ:がん患者のライフステージの様々なニーズに応える高度な看護実践の展開
    がん治療と妊孕性温存の課題とがん患者に対する高度な看護実践
日 時:令和2年12月19日(土)13:00~15:30
場 所:WEB開催
参加者:40名

13:10~14:10
「がん治療と妊孕性温存に関する現状と課題」
  徳島大学大学院医歯薬学研究部産婦人科学分野 教授 岩佐 武 先生

14:10~15:10
「AYA世代男性がん患者の妊孕性温存に関する看護支援~男性がん看護専門看護師の立場から~」
  岡山大学病院腫瘍センター がん看護専門看護師 太田 佳男 先生

 岩佐先生のご講演では、対象者をライフステージや疾患の観点から妊孕性を捉えることで、妊孕性の状況にも様々な背景があり、対象の状況よりアセスメントしていく必要性や差し迫る治療や病勢を考える判断などそのタイミングの難しさを講演頂いた。また、生殖医療においての倫理的観点も触れて頂き、事情の深みをかみしめるような時間になった。
 太田先生のご講演では、AYAに関する概念から丁寧に教授頂き、AYA世代の特徴を踏まえて看護する実践的な内容であった。特に、OCNSとしてのアセスメント内容を提示して頂いたことで、施行の可視化やOCNSの役割が理解しやすかったと考える。
 参加者のアンケート回答から、講演会のテーマが参加の決め手であると回答者全員が回答しており、関心を持っている方が参加している傾向が伺えた。また、内容は「よくわかった」「まあまあわかった」との回答や満足度も「大変満足している」「まあまあ満足している」という結果であり、がん看護の知識を増やす講演会の場になったと推察できた。