タグ:22年度 ( 124 ) タグの人気記事

平成22年度第2回岡山大学医学物理士インテンシブコース
放射線治療技術カンファレンス

日時:平成23年3月28日(月) 19:00~21:00
場所:岡山大学病院入院棟 11Fカンファレンスルーム
参加者:15名

座長 岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

1.「当院におけるMLCの精度管理について」
  岡山大学病院医療技術部 青山 英樹

2.フリーディスカッション

本セミナーは、市内の関連病院や院内スタッフ・大学院生を対象に開かれた。2回目であったが予想よりも参加者が多く、活発な議論が交わされた。徐々にではあるが、個人のモチベーションが向上するきっかけとなっているように見受けられ、しっかり取り組んで地域リーダーや若手の育成を行うことが重要である。市内、放射線治療施設間での情報の共有化を図りつつ、現場レベルにおいて、より良い放射線治療の実践が可能となるように活動したいと考える。

このようなセミナー活動を通じてモチベーションを高められることが期待されており、地域全体で問題意識を共有できる状況にある。今後は徐々に内容を深め、実務に沿った課題やテーマを設定し、実習型セミナーの取り入れを希望するとの意見があった。
[PR]
がんプロ事務局では毎週月曜日に定例会議を開催しています。

日時: 平成23年3月28日(月)8:30-
場所: 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 管理棟2階 医学部会議室

議題
1.被災地におけるがん化学療法対象患者に対する支援について
2.平成23年度スピリチュアルケア研修会について
3.鳥取大学との打ち合わせ(4/19予定)について
4.来年度のクォータリーレポートについて
5.がんプロ協議会(メール会議)について
6.外部評価委員会(12/16予定)の開催について
7.その他
[PR]
by chushiganpro | 2011-03-28 08:30 | Comments(0)
大学院臨床腫瘍学教育課程セミナー

日時:平成23年3月26日(土) 16:00-18:30 f0235535_1742913.jpg
場所:クレメントホテル徳島
参加者:56名

パネルデイスカッション   「緩和医療と病院連携」
司会:
 徳島県立中央病院 臨床腫瘍科 寺嶋吉保先生
 徳島大学がん診療連携センター緩和部門 丹黒章先生
パネリスト:
 岡山大学大学院医歯薬総合研究科 緩和医療学講座
 松岡順治先生
 香川大学医学部附属病院 総合診療部 合田文則先生
 徳島市医師会 在宅緩和ケアネットワーク 豊田健二先生
コメンテーター:
 埼玉医科大学精神腫瘍科 大西秀樹教授

「緩和医療と病院連携」についてパネルデイスカッションを行った。大学院生だけでなく、医師、薬剤師、心理療法士の多数の参加があり、がん緩和療法と病診連携、ソーシャルキャピタル育成について 学んだ。
東北、関東大震災の直後であり、また、土曜日の夕方であるため参加人数懸念されたが、大学院生だけでなく、多くの医師、看護師、心理療法士の参加があり、緩和療法に対する関心の深さが解った。
・参加者の声
緩和における病診連携について、香川、岡山、徳島県の取り組みが非常によく解った。患者だけでなく家族や遺族への緩和も大事だと痛感した。
[PR]
インテンシブ生涯教育コース
川崎医科大学附属病院がんセンター 第5回Oncology Seminar合同講演会
f0235535_1732310.jpg
日時:平成23年3月26日(土) 13:30-16:00
場所:川崎医科大学 校舎棟M702教室
参加者:42名

『がん患者の療養生活を支援する』
司会:
川崎医科大学附属病院 看護部 看護主任 渡辺 恵子
「がんのリハビリテーション」
 川崎医科大学 リハビリテーション医学 講師 関 聰介
「NST活動における看護師の役割」
 川崎医科大学附属病院看護部 看護師長・NST専門療法士 水畑 忍
「栄養管理とQOL」
 川崎医科大学 消化器外科学 教授 平井 敏弘

がん医療関係者(コメディカル)の生涯教育を目的として、がんセンターのセミナーと合同で開催された。
今回は、テーマを、「がん患者の療養生活を支援する」とし、「がんのリハビリテーション」「NST活動における看護師の役割」「栄養管理とQOL」について、日頃の医療活動につながる基本的な紹介があった。
いずれの講演も、コメディカルに必要な基本的な知識を改めて学べるものとして、有意義なものであり、日頃の医療活動に直接結びつくものであり、活発に意見交換後も行われ、意義深いものであったと考える。
[PR]
平成22年度 第2回がん薬物療法専門医コース WG会議

f0235535_12265655.jpg
日時:平成23年3月19日(土)13:00~15:00
場所:全日空ホテルクレメント高松

議事内容
1.各大学の臨床実習の状況について
2.JSMO試験について
3.ポートフォリオのその後の展開について
4.中国・四国広域がんプロフェッショナル養成コンソーシアム 第3回チーム医療合同演について(実施案)
5.その他の議題
6.今後の開催について
[PR]
医学物理士養成コース・放射線治療専門医コースセミナー
f0235535_1721012.jpg
日時:平成23年3月19日(土)13:00-16:00
場所:高知大学医学部看護学科棟1階 多目的室
参加者:19名

1.医学物理士コース履修生研究発表
2.講演
「IMRTおよびVMATのQA」
 小野 薫 先生(広島平和クリニック)
「PET-CTを利用した高精度放射線治療」
 廣川 裕 先生(広島平和クリニック)

今年度医学物理士養成コースを終了予定の2名の学生による研究発表を行った後、広島平和クリニックからお招きしたお二人の講師に講演を行っていただいた。
講演内容はいずれも最先端の放射線治療・放射線治療品質管理に関するものであり、非常に内容の濃い充実したものであった。参加者からも、日常の診療業務に直結した有益な内容だったと好評であった。
[PR]
医学物理士コースWG委員会

日時:平成23年3月19日(土) 11:45 - 12:55f0235535_1571238.jpg
場所:高知大学 医学部基礎・臨床研究棟5F
    放射線科医局

議事内容
1. 次年度計画について
1) 最終年度外部評価実施計画について
2) セミナー実施計画について
3) 海外研修実施計画について
2. FD研修セミナー報告会(コンソーシアム全体)について
3. 次回WG委員会開催予定
4. その他
[PR]
平成22年度第9回岡山大学医学物理士インテンシブコース地域連携セミナー

日時:平成23年3月15日(火)17:00-20:00
場所: 岡山大学大学院保健学研究科 教育総合研究棟8F
    岡山大学病院 入院棟 11Fカンファレンスルーム(11C)
参加者:42名

■教育セッション
(岡山大学大学院保健学研究科 教育総合研究棟8F) f0235535_14211235.jpg
座長:岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇
「放射線診療に求められるプロフェッショナル」
 熊本大学医学部附属病院医療技術部
 技師長 橋田 昌弘先生
「放射線治療部門に求められるプロフェッショナル」
 熊本大学医学部附属病院医療技術部
 中口 裕二先生
■臨床セッション
(岡山大学病院 入院棟 11Fカンファレンスルーム11C)
座長:岡山大学病院医療技術部放射線部門 宇野 弘文
   岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇
「放射線治療品質管理室の設置と活動状況について」
 熊本大学医学部附属病院医療技術部
 中口 裕二先生
座長:岡山大学病院医療技術部 技師長 稲村 圭司
「診療放射線技術部門の紹介と人材育成について」
 熊本大学医学部附属病院医療技術部
 技師長 橋田 昌弘先生

今回の地域連携セミナーは岡山大学にて開催され、外部講師による臨床教育に関する講義を集中的に行った。学内および大学病院から学生を含めて多数参加し、盛大にセミナー開催を行うことができた。
今回のテーマである臨床教育の講演では、保健学研究科と大学病院放射線部門の関係のあり方について議論され、密接に連携し合って人材育成が行えるようにすべきという意見を述べられ、病院スタッフと教員の意識共有を図ることができた。加えて、大学病院スタッフの地域で果たす役割についても意見を述べられ、臨床教育機関として地域での人材育成を積極的に展開できるように環境を整備していくことが望まれた。
[PR]
がんプロ事務局では毎週月曜日に定例会議を開催しています。

日時: 平成23年3月14日(月)8:30~
場所: 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 管理棟2階 医学部会議室

議題
1.鳥取大学との打合せ(4/19予定)について
2.来年度クォータリーレポートについて
3.平成22年度予算執行状況について
4.外部評価委員会(12月予定)の開催について
5.協議会(メール会議)の開催予定について
  議題案1)平成23年度予算配分について
  議題案2)役員(理事)の選任について
   
 上記承認後
  議題案3)平成23年度共同事業について
  議題案4)カリキュラム企画運営委員長の選任について
[PR]
by chushiganpro | 2011-03-14 08:30 | Comments(0)
インテンシブ生涯教育コース
川崎医科大学附属病院がんセンター 第8回Cancer Seminar合同講演会

日時:平成23年3月12日(土) 13:30-16:30
場所:川崎医科大学 校舎棟7階 M-702教室f0235535_15371532.jpg
参加者:62名

『がん治療~各領域のガイドラインと最近の話題~』
司会:
川崎医科大学 乳腺甲状腺外科学 教授 園尾 博司
「頭頸部がんの放射線療法」
 川崎医科大学 放射線医学(治療) 准教授 余田 栄作
「食道がん」
 川崎医科大学 消化器外科学 教授 平井 敏弘
「乳がんの薬物療法」
 川崎医科大学 乳腺甲状腺外科学 教授 園尾 博司
「がん治療の支持療法」
 川崎医科大学 臨床腫瘍学 講師 岡脇 誠

今回は、テーマを「がん治療~各領域のガイドラインと最近の話題~」とし、各分野の専門の先生方からガイドラインと最近のトピックスについて、「頭頸部がんの放射線療法」「食道がん」「乳がんの薬物療法」「がん治療の支持療法」の内容で講演を行った。
いずれの講演も最新の動向を伝えるもので、興味深いものであり、活発な質疑応答が行われていたことからも、意義深いものであったと考える。
[PR]