タグ:高知県立(女子)大学 ( 20 ) タグの人気記事

平成28年度第2回がん高度実践看護師WG講演会

テーマ:がん患者の治療・療養・生活過程を支える高度な看護実践の展開
     ~在宅がん医療と高度な看護実践~

日 時:平成28年12月17日(土)13:00~17:00f0235535_10385996.jpg
場 所:岡山コンベンションセンター 3階 コンベンションホール
参加者:262名

講演
総 合 司 会:齊田 菜穂子(山口大学大学院)
講演会司会:藤田 佐和(高知県立大学大学院)f0235535_1027197.jpg
      宮下 美香(広島大学大学院)

「がん患者の在宅移行支援に活用できる社会資源や制度」
-医療ソーシャルワーカーに学ぶ-
岡山大学病院 総合患者支援センター 
医療ソーシャルワーカー 日髙 千陽 先生

「医療機関でのがん患者の在宅移行支援の実際」f0235535_10424536.jpg
-臨床看護実践を通して-
特定医療法人久会 図南病院  がん看護専門看護師 弘末 美佐 先生

「在宅で療養生活を送るがん患者の支援の実際」
-訪問看護実践を通して-
社会福祉法人広島YMCA福祉会 YMCA訪問看護ステーション・ピース
がん看護専門看護師 渡辺 友規 先生

中国・四国全域から262名の方に参加いただき、在宅がん医療における高度な看護実践への関心の高さを窺うことができた。専門職として、在宅がん患者・家族の支援に積極的に取り組まれている3人の講演を通して、その時、その一瞬を大切にしながら患者・家族と向き合う看護の大切さを学ぶことができた。
参加者からは、「がん患者の在宅医療・在宅看護が必須となってくる今後の社会の中において、病棟看護師としての役割を再認識することができた。実践に活用していきたい」「病棟看護師として患者に対する重要な情報を他職種と共有すべきだということが理解できた」「在宅移行を支えるためには、多職種の連携・情報共有、方向性のすり合わせが必要であると思った」「本人・家族のその時々の思い、意向をタイムリーに把握することが大切だと感じた」「全てが自分の中で学びとなった。病院・在宅でのそれぞれの抱える葛藤・苦悩を知ることができて良かった」など、多くのご意見を頂いた。

最終年度の講演会を盛会に終えることができた。この5年間、「がん患者の治療・療養・生活過程を支える高度な看護実践の展開」の講演会に多くの専門職の皆様に参加いただき、本当にありがとうございました。今後も中国・四国地方の看護の発展のため、様々な取り組みを進めていきたいと考えている。
[PR]
平成28年度第1回がん高度実践看護師WG講演会

テーマ:がん患者の治療・療養・生活過程を支える高度な看護実践の展開
     ~在宅がん医療と高度な看護実践~

日 時:平成28年7月10日(日)13:00~17:00f0235535_11104770.jpg
場 所:岡山コンベンションセンター 3階 
    コンベンションホール
参加者:330名

講演
総合司会:宮下 美香 (広島大学大学院)
講演会司会:藤田 佐和 (高知県立大学大学院)
      雄西 智恵美 (徳島大学大学院)

「在宅がん医療の現状と展望」f0235535_11204414.jpg
「在宅がん医療における在宅医の役割と活動の実際」
すえなが内科在宅診療所 院長 末永 和之 先生

「在宅がん医療における看護師の役割」
「在宅がん看護の実際」
YMCA訪問看護ステーション・ピース 所長 
がん看護専門看護師(OCNS) 浜本 千春 先生

平成28年度は「在宅がん医療と高度な看護実践」をテーマに第1回講演会を開催し、在宅がん医療の現状と展望や在宅医の役割と活動の実際、在宅がん看護の実際や看護師の役割について、お二人の講師にご講演いただいた。
在宅がん医療に積極的に取り組まれているお二人の講演を通して、在宅で生活するがん患者・家族が安心して自宅で過ごせるよう生活者の視点に立った医療や生活環境の調整を行う必要性を理解することができた。また、看護師は在宅で療養生活を送るがん患者・家族にとって、安心できる療養の場を提供できるコーディネーターとしてチームで協働しながら患者を支える役割を発揮することが重要であると再認識することができた。
中四国全域から330名もの多くの方にご参加いただき、有意義な会となりました。参加者からは、「在宅での支援の大変さを知ることができた」「退院調整を行う過程では、思い込みで調整せず患者・家族の思いに寄り添う必要性が分かった」「在宅がん医療の中で、本人・家族の意思決定を行い、その上での橋渡しの仕方・方法を学ぶことができた」「病棟看護師として、今後どのように患者や家族と関わっていくのか考えていきたい」「患者が最期まで自身の役割を認識し、生き抜くことができるようにフォローや支援ができるよう考えていきたい」など、多くの意見を頂いた。
[PR]
平成27年度第2回がん高度実践看護師WG講演会

テーマ:がん患者の治療・療養・生活過程を支える高度な看護実践の展開
    ~がんリハビリテーションと高度な看護実践~
    予防・回復・維持・緩和的リハビリテーションの視座に立ってf0235535_14233556.jpg

日 時:平成27年12月19日(土)13:00~17:00
場 所:岡山コンベンションセンター 3階 コンベンションホール
参加者:250名

総合司会:齊田 菜穂子(山口大学大学院)
講演会司会:藤田 佐和(高知県立大学大学院)f0235535_14421978.jpg
      宮下 美香(広島大学大学院)

「リンパ浮腫ケアにおけるがんリハビリテーションと高度な看護実践」
京都大学医学部附属病院 がん看護専門看護師 井沢 知子 先生

「造血細胞移植におけるがんリハビリテーションと高度な看護実践」
国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院f0235535_14235329.jpg
がん看護専門看護師 森 文子 先生

「化学放射線治療におけるがんリハビリテーションと高度な看護実践」
地方独立行政法人 神奈川県立病院機構 神奈川県立がんセンター
がん看護専門看護師 シュワルツ 史子 先生


第2回講演会は、3人のがん看護専門看護師の方を講師としてお招きし、予防・回復・維持・緩和的リハビリテーションの視座に立って、リンパ浮腫ケアや造血細胞移植、化学放射線治療を受ける患者の生活を支えるリハビリテーションについてご講演いただいた。
がん看護専門看護師として、がんリハビリテーションに積極的に取り組まれている3人のご講演を通して、治療に伴う有害事象の予防から治療によって生じる機能障害に至るまで、どの段階においても看護支援が求められていることが理解できた。そして、症状や機能障害を抱えながらも患者が自分らしく生きるためのサポートを行うことが看護師の役割として重要であることをリハビリテーションの視点から学ぶことができた。また、看護師は患者の生活を援助する支援者として他職種と協働しながらチームで患者を支える役割を発揮していくことが必要であることを再認識することができた。
参加者からは、「“がん看護”と聞くと疼痛緩和や化学療法の有害事象をイメージするが、がんリハビリテーションを学んだことで、“より包括的ながん看護”の必要性を感じた」「がんリハビリテーションは生活者の患者にとって“大切なこと”だと思った」「時期に応じたリハビリの介入や関わり方を踏まえ、生活とQOLの視点から社会復帰を支援することの大切さについて学べ、今後の看護実践に役立つと思った」「具体的な実践内容について聞くことができ分かりやすくて良かった」「専門分野で活躍されているがん看護専門看護師の話が聞けて良かった」など、多くの意見をいただいた。
[PR]
平成27年度第1回がん高度実践看護師WG講演会

テーマ:がん患者の治療・療養・生活過程を支える高度な看護実践の展開
     ~がんリハビリテーションと高度な看護実践~

日 時:平成27年7月12日(日)13:00~17:00f0235535_1349781.jpg
場 所:岡山コンベンションセンター 3階 コンベンションホール
参加者:355名

講演
総合司会:秋元 典子(岡山大学大学院)
講演会司会:藤田 佐和(高知県立大学大学院)
      雄西 智恵美(徳島大学大学院)
f0235535_14544266.jpg
「がん医療におけるリハビリテーションの役割と実際」
慶應義塾大学医学部 リハビリテーション医学教室 准教授
慶應義塾大学病院 リハビリテーション科 診療副部長 辻 哲也 先生

「がんリハビリテーションにおける看護師の役割とセルフケア支援」
がん研究会有明病院  がん看護専門看護師 花出 正美 先生

平成27年度は「がんリハビリテーションと高度な看護実践」をテーマに第1回講演会を開催し、がんリハビリテーションの基本的知識や患者支援とセルフケア支援の実際について、お二人の講師にご講演いただいた。
中四国全域から355名もの多くの方にご参加いただき、大変充実した会となった。講演中は参加者の熱心に聞き入る姿や学びを書き留める姿が多くみられ、看護職者の学ぶ姿勢とがんリハビリテーションにおける高度な看護実践への関心の高さを実感することができた。
がんリハビリテーションに積極的に取り組まれているお二人の講演を通して、がんと診断された早期から治療のどの段階においても、そして、患者の病状や状況、時期に関わらず、患者さんが自分らしく生きるためのサポートを行うことが看護師の役割として求められていることをリハビリテーションの視点から学ぶことができた。また、看護師は患者の生活を援助する支援者としてチームで協働しながら患者を支える役割を発揮していくことの重要性を再認識することができた。
参加者からは、「リハビリを狭義の意味でしか理解できていなかったので今後はケアに活かせると思う」「他職種との連携やリハビリができるような環境に整えていきたい」「チームでサポートする事の大切さを感じることができた」「セルフケアのいろいろな理論やモデルを教えていただいたので、臨床の場でアセスメントする時に役立てたい」など、多くの意見を頂いた。
[PR]
平成26年度第2回がん高度実践看護師WG講演会

テーマ:がん患者の治療・療養・生活過程を支える高度な看護実践の展開 緩和ケアと高度な看護実践

日 時:平成26年12月20日(土) 13:00~17:00
場 所:岡山コンベンションセンター3階 コンベンションホール
参加者:444名

講演
1.症状マネジメントモデルと呼吸困難への対応
  鳥取大学医学部附属病院 がん看護専門看護師
  奥野 梨沙 先生
2.倦怠感、食欲不振への対応とセルフケア支援
  岡山大学病院 がん看護専門看護師
  坂出 由美子 先生
3.精神症状のアセスメントと症状緩和
  大阪府立成人病センター がん看護専門看護師
  門田 麻里 先生  

第1回講演会に続き、中国・四国全域から多くの方々にご参加頂き、がん看護専門看護師の講演に興味深く耳を傾ける参加者の姿から、緩和ケアにおける高度な看護実践への関心やニーズの高さが伺えた。現場で日々困難感や悩みを抱えながら実践している看護師にとって、看護実践を支える知識や学びが得られる有意義な講演会となったと考えられ、がん医療における質の高いがん看護実践の推進を目的とする講演会としては成果を上げていると評価することができた。

アンケート回答者の96.1%が、メインテーマに関心を持って参加され、93.5%が講演内容に満足したと評価していた。89.0%の参加者が、がん看護の専門的な学習意識を高める動機づけに、75.2%の参加者が、がん看護のキャリア・アップをめざす動機づけになったと回答していた。自由回答から、「具体的な項目や事例紹介により、より深く理解することができた」、「実践につながりやすかった」、「症状マネジメントモデルを実際に現場で活用したことがなかったので改めて考えていくことが必要と感じた」など、多数のご意見を頂いた。 
[PR]
平成26年度がん看護インテンシブコースⅠ
~質の高いがん看護実践を創造していく在宅がん看護師の養成~

日 時:平成26年10月26日(月)~平成27年2月22日(日)の間のうち15日間
場 所:高知県立大学ほか
参加者:10名

■研修の目的
在宅移行支援の必要ながん患者や、在宅看取りを希望する家族に対する看護ケアの充実のため、がん患者の入院早期から退院後の生活を見通してケアを提供し、在宅療養の可能性と選択を広げることのできる看護師およびチーム医療を基盤とする在宅がん医療をコーディネートしていくことのできる専門的知識と技術を有する看護師の養成を図る。

■終了報告
臨床現場での活用を目指して、講義‐演習‐実習をつなげた15日間の研修プログラムを実施した。多くの研修生が演習や実習を通して臨床とつなげて専門的知識や技術を学び、積極的に活用していたことが分かった。このことから、今回の研修により、研修生は行動変容につながる実践的な学びを得ることができたとと考えられた。また、参加者からは「これまでを振り返ることができ自信がついた」「目標や自分の力につながった」「実践につながった」などの多くの声が聞かれた。
[PR]
平成25年度がん看護インテンシブコースⅠ
~質の高いがん看護実践を創造していく在宅がん看護師の養成~

日時:平成25年11月4日(月・祝)~平成26年2月22日(土)の間のうち15日間
場所:高知県立大学ほか
参加者:8名

■研修の目的
在宅移行支援の必要ながん患者や、在宅看取りを希望する家族に対する看護ケアの充実のため、がん患者の入院早期から退院後の生活を見通してケアを提供し、在宅療養の可能性と選択を広げることのできる看護師およびチーム医療を基盤とする在宅がん医療をコーディネートしていくことのできる専門的知識と技術を有する看護師の養成を図る。

■終了報告
在宅移行支援の必要ながん患者や、在宅看取りを希望する家族に対する看護ケアの充実のため、がん患者の入院早期から退院後の生活を見通してケアを提供し、在宅療養の可能性と選択を広げることのできる看護職およびチーム医療を基盤とする在宅がん医療をコーディネートしていくことのできる専門的知識と技術を有する看護師の養成を図ることを目的に、15日間のプログラムで実施した。本研修では、がん看護コアカリキュラムのエンド・オブライフ・ケアや在宅療養支援を基盤に、研修終了後、実践現場ですぐに活用できるように演習を中心としてプログラムを構成した。
参加者からは、「8名という人数で連帯感をもって学習することができました。」「実際の訪問看護の実践に役立った」「新たな気づき、発見が多く、とても刺激された」「在宅緩和医療についての知識と技術を深めることができた」などの意見を得た。
[PR]
平成24年度第2回がん高度実践看護師WG講演会
f0235535_1724285.jpg
日 時:平成24年12月15日(土)13:00~16:30
場 所:岡山コンベンションセンター 3階コンベンションホール
参加者:523名(第1回からの継続参加者:308名)

講 演
がん患者の治療・療養・生活過程を支える高度な看護実践の展開として、
平成24年度は「がん薬物療法と高度な看護実践」をテーマに開催。
第2回は3名の講師に以下の講演をいただいた。
f0235535_1755871.jpg「悪心・嘔吐、皮膚毒性への対応とセルフケア支援」
 静岡県立静岡がんセンター がん看護専門看護師 遠藤 久美 先生
「血液毒性、末梢神経障害への対応とセルフケア支援」
 兵庫県立加古川医療センター がん看護専門看護師 成松 恵 先生
「治療選択と継続に関わる意思決定支援」
 高知医療センター がん看護専門看護師 池田 久乃 先生

シリーズ第2弾においても、中四国全域から523名と多くの参加があった。参加者のうち継続参加者は308名あり、高度な看護実践への関心の高さを感じる充実した会となった。3時間半という長い時間にも関わらず、参加者はがん看護専門看護師の話を熱心に聞かれており、そこからは明日の看護実践に活かそうという意気込みが伝わってきた。
アンケート結果より、テーマについて95%の参加者が興味がある、94%の参加者が具体的にわかったと答えており、役立つ内容として挙げられた項目は、「意思決定支援」「悪心・嘔吐に対する対応」「皮膚障害に対するセルフケア支援」「血液毒性・骨髄抑制に対するセルフケア支援」「末梢神経障害に対するセルフケア支援」などであった。また、今後の講演内容の希望として、放射線、手術、緩和ケアについても行ってほしいという意見をいただき、今後の講演会テーマの方向性が得られた。
今回の企画に対して、215名の新規参加者があったことや95%が興味のある内容と答えていることからも、代表的な有害事象への対応やセルフケア支援は、関心が高いテーマであり、参加者のニーズに応えられた講演会になったと考えられる。また、「意思決定について具体的に知りたい」「放射線、手術、緩和ケアについても聞きたい」「今回得た知識を今後の業務に活かしていけるよう頑張りたい」「治療は日々変化する。情報提示をしてもらうと変化に対応する力となる。情報発信をしてほしい」というご意見もあり、本講演会が情報発信の場となることへの期待がうかがえ、がん看護の学びを深める看護職を推進していく一翼を担えていると評価することができる。
[PR]
f0235535_10465413.jpg平成24年度第1回がん高度実践看護師WG講演会

日 時:平成24年7月22日(日)13:00~16:30
場 所:岡山コンベンションセンター 2階レセプションホール
参加者:445名

講演
f0235535_10471436.jpgテーマ:がん患者の治療・療養・生活過程を支える高度な看護実践の展開
    ~がん薬物療法と高度な看護実践~
総合司会:秋元 典子(岡山大学)
講演会司会:藤田 佐和(高知県立大学)
        雄西 智恵美(徳島大学)

「がん治療における薬物療法の意義と展望 」
f0235535_10475040.jpg「がん薬物療法についての基本的知識」
 辻 晃仁 氏
 (地方独立行政法人 神戸市立医療センター中央市民病院腫瘍内科部長)
「投与中ショック・血管トラブルへの対処とセルフケア支援」
 田墨 惠子 氏
 (大阪大学医学部附属病院 がん看護専門看護師)

平成24年度は、「がん患者の治療・療養・生活過程を支える高度な看護実践の展開」と題し、第1回は「がん薬物療法と高度な看護実践」をテーマに2名の講師をお迎えし開催した。講演では、がん化学療法の知識や実践についてわかりやすく説明いただき、それぞれがん化学療法にかかわる看護師への熱い期待、先見性をもち経験から効果的に学ぶことの重要性を述べられた。
中四国全域から445名と過去最多の参加者があり、看護職の皆さまの高度な看護実践への関心の高さを感じる充実した会となった。アンケート結果より、今回の企画に対して参加者の99%が興味ある内容であったと回答していることからも、関心の高いテーマであり、参加者のニーズに応えられた講演会となったと言える。また、「貴重な学習ができました」、「今回の内容を活かし実践につなげていきます」などのご意見もあり、実践の現場で役立つ学習の機会となったと評価することができる。本年度より、年2回の講演会に継続参加していただいた方にがんプロから修了証を発行することにしたことも、参加者の参加意欲を高めることにつながったのではないかと考えられる。
[PR]
平成23年度第2回がん看護専門看護師コースWG講演会

日時:平成23年12月18日(日) 13:00-16:30
場所:岡山コンベンションセンター 1階イベントホール

『がん看護専門看護師のエキスパートネス
  ~CNSと管理者との協働による質の高いがん看護実践の創造~』
「複雑で対応困難ながん患者への高度な看護実践をめざして」
 平田 佳子 氏
 倉敷中央病院 がん看護専門看護師
「チーム医療のなかで高度ながん看護実践をめざした取り組み」
 近藤 恵子 氏
 九州厚生年金病院 がん看護専門看護師
「スタッフのキャリアアップ支援と成長を支えるがん看護CNSの機能」
 小迫冨美恵 氏
 横浜市立市民病院 オンコロジー担当課長/がん看護専門看護師
「高度ながん看護実践をめざすスタッフへの看護管理者の支援」
 黒瀬 正子 氏
 倉敷中央病院 看護部長

3人のがん看護CNSと看護管理者を講師に迎え講演いただくととf0235535_15422718.jpg
もに、これまで主催してきた3大学院の教員が今後に向けての展望と情報提供を行いました。岡山、香川、高知、広島や島根等、幅広い地域から約160名の参加者があり、会場では皆様、熱心に講演を聴かれていました。
全体討論では、3名のCNSの高度な看護実践への道程とキャリア発達を支える看護管理者の取り組みについての意見交換やチーム、組織の中でのリーダシップについて討議がなされた。
専門性の高い人が増え、チームの中で様々なリーダシップの形が出てきている現在、チームをうまく運営していくために、看護職がどのようなところでリーダーシップを発揮していく必要があるのか、看護の強みは何なのかということを改めて考える機会となりました。
[PR]