タグ:岡山大学 ( 289 ) タグの人気記事

平成29年度第1回岡山大学医学物理コース(インテンシブ)地域連携セミナー

日 時:平成29年8月1日(火) 19:00~21:00
場 所:岡山大学大学院保健学研究科 総合教育研究棟8F リフレッシュルーム
岡山市北区鹿田町2丁目5-1 Tel:086-235-6871
参加者:8名

講演
座長:岡山大学病院医療技術部 放射線部門 青山 英樹

19:00~20:00
「放射線治療品質管理基礎技術8(吸収線量の計測と評価)」
        岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

20:00~20:30
「当院の体幹部定位治療の紹介」
        川崎医科大学総合医療センター 放射線治療センター 山田 誠一

20:30~21:00 フリーディスカッション

本セミナーは、インテンシブコースとして市内の関連病院や院内スタッフ・大学院生等を対象に海外の教科書(Physics of Radiation Therapy)や臨床現場の課題解決に向けたセミナーを企画している。今回のセミナー前半では、Chapter8を中心に、吸収線量、計測量の定義、吸収線量の計算、計測理論などについて解説がなされました。セミナー後半は、川崎医科大学総合医療センターの山田誠一先生より、体幹部定位治療の紹介と題して、自施設での運用に関する話題提供をして頂きました。大学院生、社会人の参加者ともに活発な議論がなされていました。

・参加者から
今年度は、開始時期が少し遅れていましたが教科書を用いた系統立てられたセミナーだけでなく、臨床現場に応用されるテーマが企画されていました。現場の放射線治療に必要な物理計測や管理の知識は経験とともに覚えるものですが、日常では基礎や海外の情報などを得る機会が少なく、こうしたセミナーを通じて、系統立てて学べることは有意義だと考えます。ディスカッションで課題解決などに向けた考え方を学ぶことで、医学物理士試験など資格取得に向けた勉強と対策に有用ではないかと思いました。

[PR]
平成29年度Whole Person Careセミナー

日 時:平成29年7月29日(土) 18:00~20:00f0235535_17063329.jpg
場 所:岡山大学 マスカットキューブ1階 Sim3
参加者:26名

講演
「Whole Person Care:
  A New Perspective on Healthcare」
   Tom Hutchinson, MD.
   McGill University, CANADA



全人的ケア(Whole Person Care)は、患者を病気を持つ一人の人間として対応していくことであり、医療(キュア)と癒し(ケア)の双方に目を向けながら患者とともに進んでいくことを目指すものです。この視点は、緩和ケア領域のみならず、今後の医療全体の方向性の根幹をなすものです。
この度、全人的ケアを提唱したカナダのマギル大学で全人的ケアプログラムの責任者をされているトム・ハッチンソン先生を講師にお迎えし、がんプロのFD研修としてがんプロ教員を含め、医師、看護師、薬剤師、医療系学生を対象としたセミナーを開催しました。

昨年に続いてトム・ハッチンソン先生をお迎えしてセミナーを開催することができました。質問を投げかけながら熱のこもったお話を聞かせていただき、患者さんを一人の人として接し、その感情や苦しみを全人的に診ることの大切さ、そして我々も一人の人であることを気が付かせてくれる内容でした。来年もまた来ていただき、我々に多くのことを教えていただければと思います。 

[PR]
平成28年度第6回岡山大学がん放射線科学コースインテンシブコース地域連携セミナー

日 時:平成29年3月15日(水) 18:30~20:00
場 所:岡山大学病院 総合診療棟5F 第5カンファレンスルーム
岡山市北区鹿田町2丁目5-1 Tel:086-235-6871
参加者:12名f0235535_1074040.jpg

講演
座長:岡山大学病院医療技術部 放射線部門 
大野 誠一郎

18:30~19:30
「MRIにおける画像解析ワークステーションの活用」
アミン株式会社 帆足 正勝 先生

19:30~20:00 フリーディスカッション

心臓MRIなどの画像解析は近年ニーズが高まっています。これらの処理に必要とされる専用ワークステーションが各病院で導入され始めており、各社の性能評価に関して注目されています。本セミナーでは、自社開発されている専用ワークステーションの病院での運用事例とその有用性についてわかりやすく説明して頂きました。
MR分野における3D画像処理の有用性と日常診療への応用技術として、基礎的な内容から臨床応用に至るまで幅広く講義をして頂きました。3D画像は、近年ますます臨床ニーズが増え、期待されているとのことであり、3T装置の導入などハードウェアの急速な進歩に伴い、ソフトウェア技術の発展も著しいことがわかりました。ディスカッションでは、実際に臨床に従事している参加者から質問や意見を交えて活発な議論が交わされました。
[PR]
平成28年度第25回岡山大学がん放射線科学コース(インテンシブコース)セミナー

日 時:平成29年2月21日(火) 19:00~20:30
場 所:岡山大学病院 総合診療棟5F 第4カンファレンスルーム
岡山市北区鹿田町2丁目5-1 Tel:086-235-6871
参加者:4名

講演
座長:岡山大学病院医療技術部 放射線部門 青山 英樹

19:00~20:00
「放射線治療品質管理基礎技術25(総合演習2)」
        岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

20:00~20:30 フリーディスカッション

本セミナーは、インテンシブコースとして市内の関連病院や院内スタッフ・大学院生等を対象に、海外の教科書(Physics of Radiation Therapy)を用いて系統立てたセミナーを企画している。今回のセミナーでは第25回目として総合演習2と題して、専門資格取得に向けた問題演習および解説がなされました。大学院生および社会人全員が熱心に英語を読み説く姿勢が見られました。
[PR]
平成28年度第24回岡山大学がん放射線科学コース(インテンシブコース)セミナー

日 時:平成29年2月7日(火) 19:00~20:30
場 所:岡山大学病院 総合診療棟5F 第5カンファレンスルーム
岡山市北区鹿田町2丁目5-1 Tel:086-235-6871
参加者:3名

講演
座長:岡山大学病院医療技術部 放射線部門 青山 英樹

19:00~20:00
「放射線治療品質管理基礎技術24(総合演習1)」
        岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

20:00~20:30 フリーディスカッション

本セミナーは、インテンシブコースとして市内の関連病院や院内スタッフ・大学院生等を対象に、海外の教科書(Physics of Radiation Therapy)を用いて系統立てたセミナーを企画している。今回のセミナーでは第24回目として総合演習1と題して、専門資格取得に向けた問題演習および解説がなされました。大学院生および社会人全員が熱心に英語を読み説く姿勢が見られました。
[PR]
平成28年度市民公開講座
テーマ:~きっと役立つがんの最新情報~がん診療最前線

日 時:平成29年1月29日(日)13:00~16:05f0235535_163305.jpg
場 所:岡山大学 Junko Fukutake Hall
参加者:324名

講演
開会挨拶 岡山大学病院 腫瘍センター長 (准教授) 田端 雅弘

「乳がんの基本知識と治療のいま」
岡山大学病院 乳腺・内分泌外科 助教 元木 崇之f0235535_1335459.jpg

「変わり続ける肺がん治療 その最前線」
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 
血液・腫瘍・呼吸器内科学 助教 市原 英基

「肝がんの予防と治療」
岡山大学病院 新医療研究開発センター 助教 桑木 健志

「胃がんの診断と治療」
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学 助教 神崎 洋光

閉会挨拶 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学 助教 神崎 洋光

広く市民にがん診療に関する適切な知識を持ってもらうため、罹患率が高く、近年話題の多い乳がん、肺がん、肝がん、胃がんについて、岡山大学病院の専門医を演者に迎え市民公開講座を開催しました。
300名を超す聴衆が来場され、講演後の質疑応答時には質問者も多くいらっしゃるなど、現在の医療の情勢について市民の方々が適切な情報を求めていることが伺えました。日常の臨床に即した講演内容であり、非常に有意義な会になったと考えます。
また、近年話題が多い免疫療法について、保険適用内で行う事ができる治療法と、十分なエビデンスが無いために保険外診療となる治療法が市民の間で混同されています。その点に関して注意喚起がなされたことは良かったと思われます。
[PR]
平成28年度第23回岡山大学がん放射線科学コース(インテンシブコース)セミナー

日 時:平成29年1月24日(火) 19:00~20:30
場 所:岡山大学病院 総合診療棟5F 第4カンファレンスルーム
岡山市北区鹿田町2丁目5-1 Tel:086-235-6871
参加者:4名

講演
座長:岡山大学病院医療技術部 放射線部門 青山 英樹

19:00~20:00
「放射線治療品質管理基礎技術23(粒子線治療技術の実際と管理)」
        岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

20:00~20:30 フリーディスカッション

本セミナーは、インテンシブコースとして市内の関連病院や院内スタッフ・大学院生等を対象に、海外の教科書(Physics of Radiation Therapy)を用いて系統立てたセミナーを企画している。今回のセミナーでは第23回目としてChapter26を中心に、粒子線治療技術、線量評価手法、品質管理手法などについて解説がなされました。大学院生および社会人全員が熱心に英語を読み説く姿勢が見られました。
[PR]
平成28年度第4回岡山がん医療に携わる医師のためのコミュニケーション技術研修会

日 時:平成29年1月21日(土) 10:00~18:00f0235535_1159166.jpg
    平成29年1月22日(日)  8:00~14:30 
場 所:岡山大学医歯薬融合型教育研究棟
参加者:12名

内 容:
難治がん、再発、抗がん治療の中止など
悪い知らせを患者(小児では親)に伝えるロールプレイ

2日間を通して、非常に凝集性高く、グループの雰囲気も和やかにいい研修ができました。ロールプレイそのものは緩やかで、より情緒的なところに気を配る変化がみられた点がすばらしかったです。参加者の順番を少し考慮して、評価の高い参加者をあえて最後に持ってくることで、まとまり感を得るように工夫しました。会場の使い勝手も大変良かったです。
中国・四国がんプロ養成コンソーシアムの主催で、岡山大学がんプロ大学院生が受講した場合、単位を付与することにして応募を開始したが該当者は1名でした。今後も何らかの付加価値があると受講のきっかけになると考えます。
[PR]
平成28年度第22回岡山大学がん放射線科学コース(インテンシブコース)セミナー

日 時:平成29年1月10日(火) 19:00~20:30
場 所:岡山大学病院 総合診療棟5F 第5カンファレンスルーム
岡山市北区鹿田町2丁目5-1 Tel:086-235-6871
参加者:4名

講演
座長:岡山大学病院医療技術部 放射線部門 青山 英樹

19:00~20:00
「放射線治療品質管理基礎技術22(IGBT治療技術の実際と管理)」
        岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

20:00~20:30 フリーディスカッション

本セミナーは、インテンシブコースとして市内の関連病院や院内スタッフ・大学院生等を対象に、海外の教科書(Physics of Radiation Therapy)を用いて系統立てたセミナーを企画している。今回のセミナーでは第22回目としてChapter24、25を中心に、血管小線源治療技術、IGBT、線量計算アルゴリズム、IGRT、品質管理手法などについて解説がなされました。大学院生および社会人全員が熱心に英語を読み説く姿勢が見られました。
[PR]
平成28年度第21回岡山大学がん放射線科学コース(インテンシブコース)セミナー

日 時:平成28年12月20日(火) 19:00~20:30
場 所:岡山大学病院 総合診療棟5F 第4カンファレンスルーム
岡山市北区鹿田町2丁目5-1 Tel:086-235-6871
参加者:4名

講演
座長:岡山大学病院医療技術部 放射線部門 青山 英樹

19:00~20:00
「放射線治療品質管理基礎技術21(HDR、LDR治療技術の実際と管理)」
        岡山大学大学院保健学研究科 笈田 将皇

20:00~20:30 フリーディスカッション

本セミナーは、インテンシブコースとして市内の関連病院や院内スタッフ・大学院生等を対象に、海外の教科書(Physics of Radiation Therapy)を用いて系統立てたセミナーを企画している。今回のセミナーでは第21回目としてChapter22、23を中心に、HDR、LDR治療計画技術、照射技術、線量計算アルゴリズム、品質管理手法などについて解説がなされました。大学院生および社会人全員が熱心に英語を読み説く姿勢が見られました。
[PR]