第2回緩和医療に関する集中セミナーf0235535_13554345.jpg

日時:平成20年6月7日(土) 9:30-16:40
場所:サンポート高松 かがわ国際会議場
参加者:384名

「事例から考える疼痛マネジメントの実際」
倉敷中央病院 がん性疼痛看護認定看護師
 原恵里加先生
「スピリチュアルペイン」
聖路加国際病院 緩和ケア科医長
 林章敏先生
「エドモントン報告」
香川大学医学部附属病院 腫瘍センター長
 合田文則先生他 (チームエドモントン 07)
「肺がんの標準化学療法」
徳島大学病院 呼吸器・膠原病内科講師
 埴淵昌毅先生
「鎮痛補助薬の使い方」
香川大学医学部附属病院 麻酔・ペインクリニック科講師
 野萱純子先生

交通の利便性の良い場所を開催場所に選び、多くの参加者を得て盛況であった。また、講師の先生方による分かりやすいセミナーとの評価を得た。1日を通して色々なアプローチの内容となっていたが、1コマが長すぎたとの意見もあり今後の検討としたい。
[PR]
平成20年度第1回愛媛大学インテンシブコース講習会
第5回愛媛大学腫瘍センター講演会

日時:平成20年5月23日(金) 17:30-19:00
場所:愛媛大学医学部臨床第2講義室

司会:
愛媛大学医学部附属病院腫瘍センター センター長 薬師神芳洋
座長:
愛媛大学大学院医学系研究科 脳とこころの医学分野
准教授 谷向 知 先生
「サイコオンコロジーの臨床実践」
国立がんセンター東病院 精神腫瘍学開発部 部長 
 内富 庸介 先生
[PR]
平成20年度第1回がんプロインテンシブコースセミナー
第5回山口大学腫瘍センターセミナー

日時:平成20年5月21日(水) 18:00-19:00
場所:山口大学医学部第三講義室
参加者:67名

『がんプロフェッショナル養成プランにおけるFD研修』
座長:山口大学医学部付属病院 腫瘍センター
   副センター長 吉野茂文(消化器・腫瘍外科学)
「Johns Hopkins Singapore International Medical Centre」におけるがん薬物療法の治療体制
 消化器・腫瘍外科学 鈴木伸明先生
「Johns Hopkins Singapore International Medical Centre」における看護体制、看護教育
 外来腫瘍治療室 正木晴美先生
「H. Lee Moffitt Cancer Center」におけるがん薬物療法の治療体制
 消化器病態内科学 瀬川誠先生

がん薬物療法に関して海外研修をされてきた3名の方に、その研修内容、最先端のがん薬物の治療体制や実情についてお話しいただいた。
研修先病院は特にがん薬物療法が進んでいる病院でもあり、報告は最先端の医療機器等を使用したがん薬物療法の実情・治療体制、さらにチーム医療を含んだものであった。
特に共通していたのは、チーム医療の重要性に関することであり、本院での今後の活用が期待されるものであった。
また、参加した他職種の医療人にとっても大変有意義であったとの感想であった。
[PR]
コンソーシアム全体会議
f0235535_11382054.jpg
日時:平成20年5月13日(火) 16:00-
場所:岡山コンベンションセンター 2階 展示ホール

議題
1.規則・規程について
2.平成20年度予算配分について
3.共同事業契約書について
4.その他
[PR]
事務用コンテンツ検討会議

日時:平成20年5月13日(火) 14:00-
場所:岡山コンベンションセンター 2F 展示ホール

議題
1.導入にあたっての目的
2.SNS・グループウェア・掲示板等の概要説明
3.各大学の現状について(ネットセキュリティー等)
4.SNS・グループウェア・掲示板等の比較検討
5.その他
[PR]
# by chushiganpro | 2008-05-13 14:00 | Comments(0)