平成29年度第9回中・四国放射線治療夏季セミナー
f0235535_10511344.jpg日 時:平成29年7月29日(土) 14:00~18:00
    平成29年7月30日(日)  9:00~12:00
場 所:神石高原ホテル
参加者:60名



【7月29日(土)】
開会挨拶:徳島大学 生島 仁史 先生
「頭頸部がん」
座長:徳島大学 古谷 俊介 先生/講師:香川大学 高橋 重雄 先生
「肺がん」
座長:香川大学 高橋 重雄 先生/講師:広島大学 土井 歓子 先生
「子宮頸がん」
座長:広島大学 土井 歓子 先生/講師:鳥取大学 田原 誉敏 先生
「前立腺がん」
座長:鳥取大学 田原 誉敏 先生/講師:川崎医科大学 神谷 伸彦 先生
「高精度放射線治療」
座長:川崎医科大学 神谷 伸彦 先生/講師:山口大学 花澤 豪樹 先生
「RI内用療法」
座長:山口大学 花澤 豪樹 先生/講師:愛媛大学 高田 紀子 先生
■特別講演「小線源治療」
座長:徳島大学 生島 仁史 先生/講師:大阪医科大学 吉田 謙 先生
【7月30日(日)】
■各施設の放射線治療部門の紹介
座長:徳島大学 古谷 俊介 先生、川中 崇 先生
愛媛大学 牧田 憲二 先生/岡山大学 片山 敬久 先生/香川大学 柴田 徹 先生/
川崎医科大学 河田 裕二郎 先生/高知大学 刈谷 真爾 先生/島根大学 玉置 幸久 先生/
徳島大学 久保 亜貴子 先生/鳥取大学 内田 伸恵 先生/広島大学 今野 伸樹 先生/
山口大学 澁谷 景子 先生

優秀講演表彰と閉会の挨拶:徳島大学 生島 仁史 先生

放射線腫瘍医、研修医、学生を対象として、2日間にわたる集中講義を行い、放射線治療に必要な基礎知識から最新の診療情報まで教示した。特別講演では大阪医科大学准教授の吉田謙先生を招聘して、密封小線源治療に関する基本的事項から最新技術まで含めた講義を行った。教育講演では、放射線治療の主な対象疾患の具体的治療法について解説した。教室紹介では、各大学の診療や教育の現況を報告いただき、医学教育について討議した。教育講演は学生や研修医にも理解しやすい内容であり、参加者全員が熱心に聴講していた。今後、中国・四国地区の放射線腫瘍医育成のため、同様のセミナーを継続して開催する予定である。

[PR]
平成29年度臨床腫瘍・緩和地域医療学コース(インテンシブ)第1回地域医療セミナー
テーマ:徳島市医師会とのがん診療連携 ~患者さんの安心のために~

日 時:平成29年7月20日(木)19:00~20:35
f0235535_09165026.jpg場 所:阿波観光ホテル 5階
参加者:89名

講演
総合司会:徳島大学病院 がん診療連携センター 
     センター長 滝沢 宏光 先生
開会挨拶:徳島大学病院 がん診療連携センター 
     がん診療連携・相談部門長 金山 博臣 先生
     徳島市医師会 会長 豊崎 纒 先生
ご挨拶:「徳島大学病院 がん診療連携センターについて」
    徳島大学病院 がん診療連携センター センター長 滝沢 宏光 先生

第1部
座長:徳島大学病院 がん診療連携センター がん診療連携・相談副部門長 鳥羽 博明 先生
「ここまできている肺がん薬物療法」 
   徳島大学病院 呼吸器・膠原病内科 准教授 後東 久嗣 先生
「徳島大学における大腸がん最新治療について」
   徳島大学病院 消化器・移植外科 助教 徳永 卓哉 先生
「泌尿器がんに対するロボット支援手術」
   徳島大学病院 泌尿器科 教授 金山 博臣 先生

第2部f0235535_09163720.jpg
座長:徳島市医師会 常任理事 豊田 健二 様
「徳島大学病院とのがん診療連携における緩和ケアの現状」
   医療法人尽心会 亀井病院 副院長 濱尾 巧 先生
「がん診療連携における在宅医の役割」 
   かさまつ在宅クリニック 院長 笠松 哲司 先生
「緩和ケア病棟「ホスピス徳島」の役割」 
   近藤内科病院 緩和ケア病棟長 荒瀬 友子 先生
「緩和ケアに関する地域連携カンファレンスについて」 
   徳島大学病院 緩和ケアセンターGM 看護師長 三木 幸代 様

閉会挨拶:徳島市医師会 副会長 宇都宮 正登 様

今回のセミナーは、徳島大学病院主催、中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム、徳島市医師会の共催のもと、徳島大学病院と徳島市のがん診療連携をさらに発展させるために開催された。
徳島大学病院と徳島市の医師、看護師など医療従事者が参加し、がんの地域連携が深められた。次回は淡路市との連携セミナーを予定している。

[PR]
平成28年度修了証書授与

平成29年3月吉日、各大学で「がんプロフェッショナルコース」修了証書が授与されました。

平成28年度「がんプロフェッショナルコース」修了者数
愛媛大学    5名       高知県立大学  2名
岡山大学   14名       徳島大学   31名
香川大学    6名       広島大学    15名
川崎医科大学  2名       山口大学    4名
高知大学    2名       
f0235535_9213142.jpg

新たな門出に際し、皆様の更なる飛躍と今後のご活躍をお祈り致します。
[PR]
# by chushiganpro | 2017-03-31 10:00 | Comments(0)
がんプロ事務局では毎週金曜日に定例会議を開催しています。

日時:平成29年3月31日(金)9:00~
場所:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 管理棟2階 ミーティングルーム

議題
1.次期がんプロ事業の申請について(文科省提出締切:4/11(火)16時)
2.平成29年度がんプロ新入生オリエンテーションについて(4/3(月)19時・大学院セミナー室)
3.その他
[PR]
# by chushiganpro | 2017-03-31 09:00 | Comments(0)
平成28年度第3回愛媛大学がんプロフェッショナル養成インテンシブコース講習会
愛媛緩和ケア学術講演会

日 時:平成29年3月30日(木) 17:30~19:00
場 所:愛媛大学医学部臨床第2講義室
参加者:68名

講演
総合司会:愛媛大学医学部附属病院 緩和ケアセンター専従医師 藤井 知美

講演1f0235535_11362088.jpg
座長:愛媛大学医学部附属病院 腫瘍センター長 薬師神 芳洋

「Psychosocial Aspects of Australian Palliative Care
    オーストラリアの緩和ケア~心理社会的アプローチ~」
 Dr. Margaret Ross MAPS
 Senior Clinician
 Psychosocial Cancer Care Unit/Palliative Care Unit/
 St Vincent's Hospital Melbourne

講演2f0235535_11363651.jpg
座長:愛媛大学医学部附属病院 総合診療サポートセンター
   副看護師長(がん看護専門看護師) 塩見 美幸

「看護師としての視点
    ~カリタス・クリスティ・ホスピスで働いて~」
 瀬戸 英俊
 Associate Nurse Unit Manager
 Palliatice Care Unit/St Vincent's Hospital Melbourne

オーストラリア、メルボルンのSt Vincent’s HospitalよりSenior ClinicianのDr. Margaret RossとAssociate Nurse Unit Managerの瀬戸英俊氏をお迎えし、講演会を開催しました。
Ross氏は緩和ケアにおける心理士のはたらきについて詳しく解説され、医療スタッフへのサポートという役割も重要であるという示唆に富む講演を行われました。瀬戸氏はオーストラリアの看護師の労働内容について、また、看護労働者の権利が守られている事がよりよいケアを生む、というオーストラリアの医療現場の考えについて解説されました。
国やシステムが違う中でも、日本と同様と感じられる内容もあれば、今日の日本にはない考え方や役割を示していただき、参加者それぞれが、自身の医療現場を振り返る一助になったのではないか考えられます。当院の看護師・医療スタッフのみならず、院外からも多くの方に参加いただき、有意義な時間が共有出来ました。
参加者からも「患者が抱える不安や苦悩について改めて考えるきっかけになりました」、「オーストラリアとの違いを知る事ができよかった。新しい視点で考えられているのがとても新鮮だった」等の感想があり高評価でした。
[PR]