カテゴリ:合同演習( 4 )

第4回チーム医療合同演習
「“Oncologic emergency”
 f0235535_16302476.jpg~がんの救急-多職種チームとして何ができるか~」

日時・場所:
平成24年8月24日(金)21:00~21:30
 アークホテル岡山
平成24年8月25日(土)8:30~12:45
 ピュアリティまきび
参加者:71名(学生45名、教員26名)
f0235535_16565354.jpg

参加者はこれまでの合同演習の中で最多の71名でした。中四国の8大学(愛媛大学・岡山大学・香川大学・川崎医科大学・高知県立大学・徳島大学・広島大学・山口大学)に加え、近畿を拠点とする大阪大学・兵庫県立大学からの参加も合わせて、45名のがんプロ大学院生(医師、歯科医師、看護師、医学物理士、栄養士)と教員26名が岡山に集いました。
今回は“Oncologic Emergency”をテーマに掲げて、「脊髄圧迫」の症例と「腸閉塞」の症例について、それぞれワークショップ形式で熱い議論を交わしました。症例提示、ならびに緊急的対応のエビデンスを全員で確認した後、初期治療とADL・栄養など長期のマネージメントについて、医療チームとして何ができるかを議論、発表しました。
多職種がチームとなって議論することで、自分ひとりだけでは思いつかない重要なポイントを多く抽出して、それらを統合した結果、最善の医療をチームとして提供できる、という喜びを参加者全員で分かち合いました。また、がんプロ大学院生同士、更にはファシリテーターの教員との親睦も深まっただけでなく、がんプロ拠点間の交流も行うことができました。ワークショップ終了後には、谷本光音代表より各参加者に出席証明書が手渡されました。
本演習が、参加されたがんプロ大学院生の今後の診療において、より良い「チーム医療」を実践するきっかけになればと強く願っております。
[PR]
第3回チーム医療合同演習
「我々医療者が出来うることとその限界について(ある症例を通じて)」

日時・場所:f0235535_14413545.jpg
平成23年7月29日(金) 18:30-21:00
  ホテルサンルート松山
平成23年7月30日(土) 9:00-12:35
  松山全日空ホテル
参加者:58名(学生44名、ファシリテーター14名)

7月29日
開会挨拶
講演会
  山田 育子
  (NPO法人ささえあい医療人権センターCOML)
7月30日
症例呈示
  林 博美(愛媛大学医学部附属病院看護部 緩和ケア認定看護師)
疾患講義
  松元 隆(四国がんセンター がん治療開発室長)
ワークショップ(チームディスカッション)
閉会挨拶
f0235535_144145100.jpg
本演習では、ある症例を題材に、座学に加えワークショップ形式のディスカッションを行い、がん医療における専門職参加の意義や限界について討議しました。
また、今回は四国がんセンター松元隆先生、NPO法人ささえあい医療人権センターCOML山口育子先生を招き、講演いただきました。
がんプロに参加する8大学の学生相互の交流と、症例を多職種で検討する方法を実践・体験することが大きな目的の一つであり、各SGDにおいて活発な意見交換が行われ、参加者は討論の機会を持つことの必要性を感じました。
多職種でのチーム医療は演習のテーマとして定着してきていることからも分かるように、参加者の今後の施設でのきっかけとなる意義の高いワークショップとなることを切望しています。
[PR]
第2回チーム医療合同演習
「患者さんへより良い緩和医療を提供するために・・・多職種チームとして何ができるか」

日時:平成22年8月21日(土)  8:30-12:35
場所:ピュアリティまきび
対象:中四がんプロ大学院生【メディカル・コメディカル】

この度、中国・四国広域がんプロフェッショナル養成プラン事業の一環としまして、平成22年8月21日(土)、「第2回チーム医療合同演習「患者さんへより良い緩和医療を提供するために・・・多職種チームとして何ができるか」を開催しました。f0235535_14524290.jpg

本演習では、中国・四国地方の各地から岡山市に、がんプロ大学院生1・2・3年生の学生42名、および16名の教員、合計58名が集合しました。本演習はワークショップ形式とし、緩和ケアをテーマに、チーム医療に関する熱いディスカッションが行われました。なにより、がんプロ大学院生同士あるいは教員との交流が深まり一体感を養成するよい機会になったようです。これを通して、今後より良い「チーム医療演習」が行えることを強く願っております。
[PR]
第1回中四がんプロ・チーム医療合同演習f0235535_14402211.jpg

日時:平成21年8月21日(金) 13:30-18:25
場所:国民宿舎サンロード吉備路 コンベンションホール
    (岡山県総社市)

・ワークショップⅠ
 キャンサーボード 
  -自職種ががん患者の全人的医療に貢献できる
      strengthとweaknessについて
・ワークショップⅡ
 職種毎のスキル・知識を職種間でうまく共有し
   融合していけるボードカンファレンスを作っていくために


f0235535_14401388.jpgがんプロ大学院生(医師・看護師・薬剤師・栄養士・医学物理士)42名、教員11名の計53名が参加した。
ワークショップ形式で行われ、「キャンサーボード」をテーマに、チーム医療に関して熱い討議がなされた。
初対面で最初は緊張していたものの、グループ内で決定した司会者を中心に話し合いが進むと緊張がほぐれ、その後は活発に意見を交わしていた。ワークショップⅠでは10分、ワークショップⅡでは5分、グループごとに意見発表を行った。
ワークショップⅡ終了後には、谷本光音教授より各グループの代表者に出席証明書が手渡され、今回の合同演習は終了となった。

今回の演習を通して、今後より良い「チーム医療演習」が行えることを強く願っている。
[PR]