平成27年度看護師といっしょに考える第5回がん市民公開講座

平成27年度看護師といっしょに考える第5回がん市民公開講座
テーマ:気になる「胃がん」のお話
f0235535_14421469.jpg
日 時:平成27年10月24日(土) 14:00~16:00
場 所:宇部市シルバーふれあいセンター
参加者:約100名

14:00~15:00
特別講演
「よくわかる胃がんの予防、検査から治療まで」
     山口大学医学部附属病院 腫瘍センター
            准教授 吉野 茂文 先生

15:00~16:00
「胃がんの化学療法について一緒に学びましょう!」
     山口大学医学部附属病院
       がん化学療法看護認定看護師 阿部 久美 先生

「もっと知ろう!!宇部市のがん対策
         ~市民アンケートの結果から~」
     宇部市健康推進課 成人保健係長 中村 裕子 先生

「がんになってもだいじょうぶ~診断時から始まる緩和ケア~」
     山口大学医学部附属病院
       がん性疼痛看護認定看護師 宮内 貴子 先生

「胃がん」をテーマに市民を対象とした市民公開講座を開催した。
特別講演では、山口大学医学部附属病院 腫瘍センターの吉野茂文先生が講師を務め、「よくわかる胃がんの予防、検査から治療まで」と題し講演を行った。
続いて、「胃がんの化学療法について一緒に学びましょう!」と題して山口大学医学部附属病院 がん化学療法看護認定看護師の阿部久美先生、「もっと知ろう!!宇部市のがん対策~市民アンケート結果から~」と題して宇部市健康推進課 成人保健係長の中村裕子先生、「がんになってもだいじょうぶ~診断時から始まる緩和ケア~」と題して山口大学医学部附属病院 がん性疼痛看護認定看護師の宮内貴子先生が公開講座の講師を務めた。
講演では、胃がんについての基礎的な知識や検診による早期発見について話され、約100名の参加者があった。
[PR]
by chushiganpro | 2015-10-24 14:00 | 市民公開講座 | Comments(0)