平成28年度修了証書授与

平成29年3月吉日、各大学で「がんプロフェッショナルコース」修了証書が授与されました。

平成28年度「がんプロフェッショナルコース」修了者数
愛媛大学    5名       高知県立大学  2名
岡山大学   14名       徳島大学   31名
香川大学    6名       広島大学    15名
川崎医科大学  2名       山口大学    4名
高知大学    2名       
f0235535_9213142.jpg

新たな門出に際し、皆様の更なる飛躍と今後のご活躍をお祈り致します。
[PR]
# by chushiganpro | 2017-03-31 10:00 | Comments(0)
がんプロ事務局では毎週金曜日に定例会議を開催しています。

日時:平成29年3月31日(金)9:00~
場所:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 管理棟2階 ミーティングルーム

議題
1.次期がんプロ事業の申請について(文科省提出締切:4/11(火)16時)
2.平成29年度がんプロ新入生オリエンテーションについて(4/3(月)19時・大学院セミナー室)
3.その他
[PR]
# by chushiganpro | 2017-03-31 09:00 | Comments(0)
平成28年度第3回愛媛大学がんプロフェッショナル養成インテンシブコース講習会
愛媛緩和ケア学術講演会

日 時:平成29年3月30日(木) 17:30~19:00
場 所:愛媛大学医学部臨床第2講義室
参加者:68名

講演
総合司会:愛媛大学医学部附属病院 緩和ケアセンター専従医師 藤井 知美

講演1f0235535_11362088.jpg
座長:愛媛大学医学部附属病院 腫瘍センター長 薬師神 芳洋

「Psychosocial Aspects of Australian Palliative Care
    オーストラリアの緩和ケア~心理社会的アプローチ~」
 Dr. Margaret Ross MAPS
 Senior Clinician
 Psychosocial Cancer Care Unit/Palliative Care Unit/
 St Vincent's Hospital Melbourne

講演2f0235535_11363651.jpg
座長:愛媛大学医学部附属病院 総合診療サポートセンター
   副看護師長(がん看護専門看護師) 塩見 美幸

「看護師としての視点
    ~カリタス・クリスティ・ホスピスで働いて~」
 瀬戸 英俊
 Associate Nurse Unit Manager
 Palliatice Care Unit/St Vincent's Hospital Melbourne

オーストラリア、メルボルンのSt Vincent’s HospitalよりSenior ClinicianのDr. Margaret RossとAssociate Nurse Unit Managerの瀬戸英俊氏をお迎えし、講演会を開催しました。
Ross氏は緩和ケアにおける心理士のはたらきについて詳しく解説され、医療スタッフへのサポートという役割も重要であるという示唆に富む講演を行われました。瀬戸氏はオーストラリアの看護師の労働内容について、また、看護労働者の権利が守られている事がよりよいケアを生む、というオーストラリアの医療現場の考えについて解説されました。
国やシステムが違う中でも、日本と同様と感じられる内容もあれば、今日の日本にはない考え方や役割を示していただき、参加者それぞれが、自身の医療現場を振り返る一助になったのではないか考えられます。当院の看護師・医療スタッフのみならず、院外からも多くの方に参加いただき、有意義な時間が共有出来ました。
参加者からも「患者が抱える不安や苦悩について改めて考えるきっかけになりました」、「オーストラリアとの違いを知る事ができよかった。新しい視点で考えられているのがとても新鮮だった」等の感想があり高評価でした。
[PR]
平成28年度インテンシブ生涯教育コース講演会
テーマ:間質性肺炎を合併するがん患者の治療

日 時:平成29年3月24日(金)19:00~20:00f0235535_112018.jpg 
場 所:川崎医科大学総合医療センター 2階
    川﨑祐宣記念ホール
参加者:61名

講演
司会 :川崎医科大学 総合内科学4 教授 瀧川 奈義夫 先生

「間質性肺炎とがん治療」
 虎の門病院 呼吸器センター内科 部長 岸 一馬 先生

今回は、テーマを「間質性肺炎を合併するがん患者の治療」とし、「間質性肺炎とがん治療」について、間質性肺炎を合併している肺がん患者に対する肺がんの手術・化学療法・放射線療法等の様々な治療法についてのお話や、間質性肺炎合併進行肺がんに対しては、プラチナ製剤併用療法が広く行われているとのお話をされた。間質性肺炎合併肺がんの術後急性増悪は10日以内におこる確率が高いこと、死亡率も高いことなど臨床に沿ってお話された。また、間質性肺炎合併肺がんの治療前には間質性肺炎の精査が必要であるとのお話があった。
講演内容は来場者に分かりやすく、最新の情報を提供するものであった。参加者からも、「IP合併肺がんの手術、化学療法・放射線療法についてよく理解できた」、「肺がんと間質性肺炎のことについてまとめた話はあまりなかったので参考になった」、「ケモや、ラジエーションの患者さんと関わらせていただいているので、興味深い内容であった」、「もっと話を聞きたかった」等の意見が多くあり、来場者にとって興味深い内容だったと思われ、意義深いものだったと考える。
[PR]
がんプロ事務局では毎週金曜日に定例会議を開催しています。

日時:平成29年3月24日(金)9:00~
場所:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 管理棟2階 ミーティングルーム

議題
1.がんプロ最終評価の実施について(文科省提出締切:4/11(火)17時)
2.次期がんプロ事業の申請について(文科省提出締切:4/11(火)16時)
3.その他
[PR]
# by chushiganpro | 2017-03-24 09:00 | Comments(0)